彼氏・彼女の作り方

彼と別れたくない!ギリギリで説得する方法はある?

更新日:

大好きな彼...でも最近上手くいっていない、もしかしたら破局が近い?
そんな風に不安な気持ちを抱えている方はいませんか?
もしかしたら、すでに彼に別れ話をされてしまった、そんな方もいるかもしれませんね。

今回は、彼と別れたくない!そんな女性の方に向けて「彼と別れたくない!ギリギリで説得する方法はある?」というテーマでお送りしたいと思います。

破局までカウントダウンの予感、でも別れたくない!

恋愛関係というのは始める時は二人一緒です。
でも別れる時は、どちらか一方の気持ちが冷めればそれで終わり...そう考えるとちょっと切ないですよね。
どんなに自分が相手の事を好きでも、相手が別れると決めれば従うしかありません。

もちろんその逆だってあり得るわけです。これは、絶対的な恋愛のルールと言えるかもしれません。
恋する女性は、恋の終わりにも敏感なもの。
どんなに頭で恋愛のルールをわかっていても、彼の事がまだ好きなうちはなかなか諦めきれませんよね。

その別れの予感、本物ですか?

まだ彼に決定的な別れを切り出されていない、でもあなたは「別れの予感」を感じている、そんな方は多いと思います。
でもその別れの予感があなたの思い違いである可能性を忘れてはいけません。

男性は本能的に「狩り」を好むイキモノです。
獲物を追いかけるまでは必死ですが、いったん自分のものになるとクールダウンするのです。
逆に女性は、恋人関係になる事で相手への気持ちがどんどん大きくなっていく傾向があります。
そして恋人からの愛情表現を求めるのも女性の方です。

でも男性は、関係が落ち着いてくるとつい連絡がおろそかになったり、彼女より男友達や仕事を優先してしまう事もあるのです。
ですから、最近彼が冷たくなったと感じていても、実は仕事が忙しかっただけ...なんていう可能性もゼロではありません。

まずは、恋愛観が男性と女性では違う事を理解しておきましょう!

男心は変わりやすいってホント?

ここでみなさんにまさに男女の恋愛観の違いと呼べる例え話をご紹介します。

過去の恋愛をファイルに例えると、男性は過去の恋愛にタイトルをつけて「保存」しますが、女性はどんどんそれを「上書き」していく

というものです。

男性と女性では、女性の方が感傷的と言われがちですが、恋愛、特に過去の恋愛においては、女性はドライなんですね。
何が言いたいかと言うと、男性は一度好きになった女性の事は、よほどの理由がない限りキライにはなりません。

むしろ「自分が望めばいつでも元に戻れる」くらいの気持ちでいるのです。
ですから、彼の気持ちがあなたから離れ、別れ話をしている最中であっても、あなたは好意を感じる対象である事には変わりません。
ちょっとしたことで、その好意が以前のような熱い恋愛感情になる可能性はあると言えるでしょう!

ですから、諦めるのはまだ早いのです!

彼と別れたくない!ギリギリで説得するための方法5選

 

 

「女心は移ろいやすい」なんて言いますが、それは女性に限ったことではありません。
むしろ、女性は一度愛が醒めると、それまでどんなに好きだった彼の事でもスパっと切り捨ててしまう事がありますよね。

一方男性は、一度でも愛した女性には気持ちを残すことが多いのです。
完全に彼にフラれたわけでないのであれば、まだまだチャンスはあります。
いえ、元カレとでさえやり方次第では復縁の可能性だってあるのです

ここでは、今回のテーマでもある「彼を説得する」ための方法を5つご紹介いていきたいと思います。

  • 冷静な話し合い
  • 彼の事を肯定する
  • 自分磨き
  • 思い出の場所に行く
  • 気持ちを伝えたあとは少し引く

1.冷静な話し合い

別れの予感を感じたり、彼に別れ話をされると女性はつい感情的になりがちです。
でも彼女が感情的になればなるほど男性は引いてしまいます。
彼の事を考えず一方的に自分の気持ちをぶつけるのは絶対にNGです。

・自分と彼の間にいったいどんな問題があるのか?

・彼が別れたいと言っている場合は、なぜそのように思っているのか

まずはこの2つを把握する必要があります。
それには冷静な話し合いが必須です。

いったん自分の気持ちは引っ込めて彼と向き合う、これが別れを回避するためのまず最初のステップです。

2.彼の事を肯定する

「アモーレ」(愛)で有名なイタリアでは男性の気持ちを惹きつけておくためにももっとも大切なのは相手を肯定する事だ、と言われています。情熱的な女性が多いイメージのあるイタリア人女性がこんな風に考えるなんて意外に思われた方もいらしゃるかもしれませんね。

彼に対してつい否定的な事を言ったり、彼の話を聞くより自分の話を聞くことが多かったという女性は少なくないのではないでしょうか?
男性は自尊心とプライドが高く、常に誰かに褒められたい、優位に立ちたいという深層心理があるそうです。
彼女というのは、男性がもっとも認めて欲しい他人ではないでしょうか?
なので、ちょっとしたことでもまずは彼を立ててあげましょう。

これだけで、ギクシャクしていた関係の軌道修正をする事が出来るはず!

そうすれば彼のあなたに対する気持ちもきっと少しずつ戻ってくるのではないでしょうか。

3.自分磨き

 

付き合い始めはメイクも体型管理もしっかりしてしてファッションに気を使っていたのに、付き合い期間が長くなるに従って手を抜いたりしていませんか?
幸せ太り」という言葉がありますが、男性の中にはこれを「怠慢」と受け止める人もいます。
付き合っている女性のレベル=自分のレベル、という風に考える男性も多いのです。
前項でお話しましたが、男性は過去の恋人に気持ちを残すイキモノです。
それは未練とも言い換えることが出来るかもしれません。

自分磨きというのは、決して外面だけのことではありません。

女性は恋をすると、どうしても生活の中心が彼になってしまう事がありますよね。

でも一人時間を楽しんだり、女友だちと出かけたりするのもとても大切な事です。

自分中心になったあなたを彼が重たく感じている可能性だってあるのですから。

恋愛体質で恋愛依存の傾向があると自覚している方は、特に注意が必要です。

ぜひ外面内面の自分磨きをしましょう!

破局寸前であっても「別れるのが惜しい」と彼に思わせる事が出来れば、別れを回避できる可能性はグンとアップします!

4.思い出の場所に行く

男性は女性が想像する何倍もナイーブで感傷的な一面があります。
彼の気持ちが冷めかけている!そんな場合は、ぜひ二人の思い出スポットを一緒にトレースしてみましょう。

それが難しい場合は、ラブラブだった頃に一緒に聴いた音楽を聴いたり、映画を観たりするだけでもOKです。
行動には感情が伴います。

楽しい思い出を再現する事で、当時の感情を呼び戻す可能性があるのです!
これは実際にアメリカで離婚の危機を迎えた夫婦が関係を再構築するためにセラピストが推奨する方法です。
ぜひ試してみてください。
彼だけでなく、あなた自身の気持ちを整理する事にもなるはずですよ!

5.気持ちを伝えた後は少し引く

ここまでご紹介した4つの方法をすべて試した...その後はちょっと引いてみましょう。
恋愛には駆け引きが必要と言いますが、それは決して相手の気持ちを操作する...と言うことではありません

確かに男性は押すと引く、引くと追ってくる傾向があります。これは男性の「狩猟」という本能によるものです。
駆け引きと考えるとちょっとあざとい気がしますが、気持ちを素直に伝えたあとあえて引くというのは、相手の立場にたって考えるという事です。

男性にだけ言える事ではありませんが、私たちは失ってから大切な何かに気づくことってありますよね?
恋愛についても同じことが言えます。

少し余韻を残して彼に考える時間を与える事で、あなたの大切さを再認識させるのです。
ただ、自分は何の努力もせずいきなり引くのはNGです。それでは、ただのあざとい駆け引きになってしまいます。しかも一か八かの...
そうならないためにも、まずは先の4つの方法を実践してからにしましょう!

以上がギリギリで彼を説得し別れを回避するための方法になります。
彼と絶対に別れたくない!という方は、ぜひ試してみてくださいね。

彼との別れが秒読み..このままじゃ破局は免れない、これは恋する女性にとってはとても苦しい状態ですよね。
でも彼が好きで別れたくない、そんな方はぜひ上記の5つを実践してみてください。
ギリギリで説得できる可能性は決して低くないのですから!

次の項では、実際に彼をギリギリで説得した女性たちの体験談をご紹介していきたいと思います!

ギリギリのオンナたちの体験談!私たち彼を引き留めるのに成功しました!

前項では、破局寸前の彼を説得する具体的な方法をご紹介させていただきました。
この項では、崖っぷちに立たされたもののギリギリで彼との別れを回避した女性たちの生の声をご紹介していきたいと思います!

付き合って3年、出会ったころのようなトキメキやドキドキはないものの、私的には落ち着いた関係を彼と築いている...そんな風に思っていました。
でもある日突然の彼からの別れ話。
まるで奈落の底に突き落とされたようでした。
でもそこで初めて、自分が安定した関係にアグラをかき、いつの間にか自分磨きをしていない事に気づいたのです。
そこからは頑張ってまず4キロのダイエットに成功、髪型を変えメイクにも気合いを入れてイメージチェンジをはかりました!
その上で、彼に大好きであるという事を伝えたら、彼は別れを撤回してくれたんです。
別人みたいに優しくなり、今では付き合った当初のようにラブラブです。(20代女性)

 

彼から告白され付き合っていました。
心のどこかで「彼は私にゾッコン」なんていう余裕があったのだと思います。
最初は毎日何回もあった電話やLINEが1回になり、さらに私からしないと彼からは連絡してこなくなりました。
そうなって始めて、自分がいつの間にか彼を大好きになっていたことに気づいたんです。
正直に彼に気持ちを伝え、改めて私と付き合ってくれる?と告白したところOK!
彼は彼で、付き合ってはいるものの本当に私が自分の事を好きか自信がなかったそうです。
ずっと彼と一緒にいれるよう、可愛い彼女でいたいです(20代女性)

 

自分の意見をきちんと言葉に出来るところが好きだ、なんて言ってくれたいた彼ですが、実は私のキツイ性格に嫌気がさしていたようです。
自覚はなかったのですが、彼のする事やる事に文句をつけていたみたいなのです。
なんとなく彼とギクシャクするな...と思っていたらとうとう彼から「少し距離を置きたい」と言われたのです。
理由を聞いたら、私は彼に意見を求められても「でもさ」とか「っていうか」という風に、否定ばかりするので自分に自信がなくなったと。
私はいつの間にか彼を傷つけていたようです。
もう一度だけチャンスが欲しいと伝えて、それからはまずは彼の話を聞く、全否定はしないという事をがんばりました。
そしたら「最近優しくなったね」と言われ、別れずに済む事が出来ました。
(30代女性)

 

彼にいきなり「お前の事が好きかわかんない。ちょっと距離を置かない?」と言われました。
付き合って1年、確かにラブラブの彼氏・彼女と言うよりは友達みたいな感じになっていました。
でも、彼のいない生活を想像したら寂しくて寂しくて。
そこで私は「二人の思い出スポット巡り」をしてみました。
初めてで出会った場所、初デートで行った場所、初めて一緒に食事をしたレストラン...
思い出をなぞるように二人で思い出スポットをまわりました。
最初は乗り気じゃなかった彼も、最後は「ごめんな」って謝ってくれて、好きだと言ってくれました。
男性の方がロマンチストだというは本当かもしれませんね。(30代女性)

どうですか?
土壇場からギリギリで彼の説得に成功した!こんな女性は少なくないのです。

男性が別れたいと言った時、感情的になって泣き喚いたり、しつこくするのは逆効果です。
別れたいという気持ちに拍車をかけてしまうだけです。

そうではなく、ご紹介した女性たちのように、冷静に、そして真摯に彼と向き合うようにしたいですね。

Sponsored Link

彼と別れなくない!だったら絶対にあきらめないで!

いかがでしたか?

今回は「彼と別れたくない!ギリギリで説得する方法はある?」というテーマでお送りさせていただきました。
本文中でもお話しましたが、女性は一度恋人から気持ちが離れると、そこからはどんどん恋愛感情がなくなっていきます。

過去は過去、今は今、そして未来は未来、というように割り切って考える人が多いのです。
しかし男性は違います。本来女性よりロマンチストですし、過去を美化する人が多く、一度好きになった女性のコトは一生忘れない、そんな人も多いのです。

ですから、必ず起死回生のチャンスはあります
彼と別れたくない、そんな方は決してあきらめないでください。
ギリギリで説得して別れを回避した女性はたくさんいるのですから。

そして、カップルは一度「危機」を乗り越えると、二人の関係はより強固なものになり絆がより深まります。

明けない夜はありません。
彼との別れの予感を悲観するのではなく、その危機の向うにある二人の幸せな姿を想像してみてくださいね!

登録するだけで恋人が出来た!

【2018年版】おすすめの出会いアプリ・サイト【出会い系ランキング】

マッチングアプリ、出会いサイトって男女とも登録無料でお試し利用が出来るの知ってますか?

登録も超簡単!

アプリをダウンロードするだけですぐに使えます。

恋愛・婚活・遊びなど様々なアプリがあるので、自分に合ったアプリを探してみましょう!

-彼氏・彼女の作り方

Copyright© 出会いの定石 , 2018 All Rights Reserved.