彼氏・彼女の作り方

女性が気軽にOKしてしまう食事の誘い方

更新日:

女性を食事に誘うとき、いつもどのような声掛けをしていますか?!誘っても誘っても乗ってくれないとメンタルがやられてしまい自信を失いますよね。女性との食事はかけ引きの入り口ですが、あなたがその時点で恋愛対象でなくてもOKををもらえる誘い方があるなら試してみたいですよね。今回は女性が気軽にOKしてくれる誘い方についてご提案します。

いきなり食事に誘うのは違う

美味しい物を食べると親密になれるのは誰しもわかっていることですが、男性としては食事だけでなくその後に何か良いことがあるかもしれないと期待しますよね。もちろん段階を経てそのような関係になるべきですが、女性がまんざらでない感じならあらゆる段階をスキップして行為に及びたいと考えます。もちろんそれが普通だと思います。美味しい物をご馳走したのですから「お返し」ではないけれど誠意を見せてくれたら嬉しいです。

ただ、食事に誘われ慣れている女性は「ご飯行かない?!」と言われても好意を寄せている人以外に簡単に「いいよ」とは言いません。ご飯へ行くということはかけ引きの始まり、下手に期待を持たしては後々面倒になることをよく知っているのです。

私自身も社会人になりたての頃は「美味しい物を食べさせてくれる」と聞いて何度かOKした経験があります。女性側の考えとして私の経験を少しご紹介します。

「仕事を手伝ってくれたお礼がてら食事に行かないか」などと誘ってもらうことがありました。無知だったので単純に食事をして楽しい時間を過ごす間柄という感覚でしたが、相手の男性たちはそうではなく「ご飯をおごってやったのだから次のステップに進むでしょう」という感覚、ご飯へ行った直後から告白もされていないのに彼女扱いに変わりました。

馴れ馴れしく接し特別扱いを強要、人によっては知らないうちに周りに恋人と伝えられていたこともありました。そんなつもりで食事に行ったのではないとオブラートに包み、その後の誘いを断り続ける行為に労力を費やし「ご馳走にならなかったほうが楽だった」と後悔した経験が何度かます。

好意の裏には必ず下心があるという感覚がない、おごってもらってラッキーという非常識な私も悪かったのですが、食事に誘われるという意味の受け止め方は人それぞれ、ズレがあることは理解された方が良いと思います。

私は特別モテたほうではありませんが、男性から食事に誘われるような女性は事例と同じような経験をしている人が多いはずなので、いきなり誘っても「OK」は出しません。好意を寄せる女性がいるなら計画を立てて順序良く落とさなくてはなりませんよ。もちろん食事の誘い方にもコツがあります。

まずは信頼を得る

信用と信頼の違いをご存知ですか?!信用はその商品や団体の業績に寄せるもの、信頼はその人の立ち振る舞いを見て個人として「信じられる」と評価することです。例えば仕事で絡む女性とは企業として信用する間柄かもしれませんが、これがプライベートになると信頼されているかどうかは付き合い方によって異なります。他のシチュエーションで考えても同じ、組織ありきの信用なのであなた自身を信頼しているわけではありません

信頼される人の特徴

食事の誘い方として、まずは信頼を得ること、OKを得る前の段階を固めることが大事です。ひとりの人間として信頼される人の特徴を挙げます。

  • 考えにブレがない
  • 意見が言える
  • 約束を守る
  • 口が堅い
  • 悪口を言わない
  • 公私を分ける

考えにブレがない

相手によって考えを変える人がいますよね。良く言えば柔軟な人で世渡り上手なのですが、自分の考えをすぐに曲げる人は結果として信頼されません。決めたことを貫く格好良さは魅力的だし信頼できます。

意見が言える

他人がどのように考えているかや自分への評価を気にして本心を言わない人がいます。なかにはグレーゾーンな言い回しでどちらにも転べるよう保険をかけている人もいますよね。良く言えば合わせることができる人でしょうが、意見がない人に魅力はないし信頼できません。たとえ周りと意見が異なっても考えをきちんと伝えることができる人は、そのときに言い争いになったとしても結果として信頼を得ることに繋がります。

約束を守る

はじめに言っていた内容と事態が変わることはよくあって、場合によっては立場が悪くなることもありますが、自分が都合の良いように解釈し理由をつけて約束を破ったり裏切ったりする人は信頼されません。「こうします」と決めたら最後までその約束を守ってくれる人は信頼できます。

口が堅い

自分だけが知っていて周りにとっても有益だったり面白い情報だったりすると秘密厳守と言われていても「ここだけの話」と言って話してしまうことがありますが「ここだけの話」は連鎖するので、知らないうちに噂が広まります。誰が広めたかは友だちをたどっていくとすぐにわかりますね。「内緒にして」と言われたらその話題になって詳しく知っていても聞き役に徹している人は信頼に値します。

悪口を言わない

居ない人の悪口を言ったり、失敗を他人のせいにしたりするのは最低な行為です。誰しも不満はあるし誰かに対して不快に思うこともあるけれど、それを口にしない人は信頼されます。

公私を分ける

仕事中に私語が多かったり他社の前で親し気にしたり、仕事とプライベートの公私混同している人をよく見かけますが、切り替えができる人は信頼されます。

ルックスを寄せるのは大前提

好意を寄せる女性の好みをリサーチして理想の男性像に寄せるのは大前提の話です。特別イケメンである必要はありませんが、女性の好きなファッションのテイストや色を押さえましょう。清潔感があるのはもちろん、好きなテイストのファッションや色は自然と目に入ってくるもの、あなたが恋愛対象外であっても意識し始めます。

Sponsored Link

共通の趣味を見つける

誘い方として、相手について何も知らずにいきなり声をかけることこそ撃沈の原因だと思いませんか?!こちらは好意を寄せていても相手はこちらを知らないし何とも思っていないから「食事に行っても面白くないかもしれない」と思います。誘いに乗ってもいいなと感じるポイントのひとつとして「共感」が挙げられます。

  • 趣味
  • 食べ物
  • 好きな物
  • 動物

まずは好意を寄せる女性を徹底的にリサーチしましょう。学生時代に部活などスポーツをしていたら社会人になってもサークルなどを通して活動しているかもしれません。またスポーツに限らず映画や漫画や食べ物はもちろん、好きなキャラクターや動物など相手と自分の共通する「好き」を考えてみて、そのなかで自分が極められるものについて勉強しましょう。別の切り口として「教えて」から入ることも考えられますが、趣味によっては頼りないと思われるので注意が必要です。

【誘い方1】まずは趣味のことで共感しあう

共通の趣味を極めて好意を寄せる女性に接触しましょう。例えば、女性はカフェが好きだし、動物好きならネコカフェなどを話題に出すと興味を持ち始めます。食事に誘うには趣味の話題と一緒に好きな食べ物や話題になっている食べ物についても一緒に話しておくと食事に誘うときのネタになります。

【誘い方2】まずは趣味と友だちを絡めて

共通の好きを話題に好意を寄せる女性と頻繁に話をするようになったら共通の友だちを誘って趣味のおでかけに誘いましょう。友だちを絡めても断られることはありますが、いきなり「ふたりで出かけよう」と言ったら断られる可能性があり、せっかくの努力が台無し、心が折れてしまうかもしれません。断られても気まずい関係にならないために、はじめは友だちを絡めることをおススメします。

ポイント

グループで出かけるとき、話さないと目立てないと思いますが、実は聞き役の方が好感が高いです。挙がる話題にリアクションし基本は聞き役に徹して「この人は話を聞いてくれる」「一緒にいて楽しい」を引き出しましょう。もちろん好意を寄せる女性だけでなくグループ全体を気遣うことを忘れません。

Sponsored Link

【誘い方3】趣味を絡めてランチから

グループで何度か出かけ、個人的に好意を寄せる女性と気兼ねなく話せるようになったら、今度は趣味を絡めてランチに誘ってみましょう。好みのテイストの男性で趣味が合って一緒にいて楽しい相手であることを知ると、断る理由はなくなります。女性によってはこのタイミングで夕食に誘ってOKしてくれることもありますが「ふたりきりはちょっと」と壁を作る女性もいます。

ランチくらいなら誘い方としてはソフトなのでOKしてもらいやすいです。ムードのあるお店は引けるけれど、明るい場所なら男性とふたりでも警戒する必要はないし、早い時間に帰ろうと思えば帰ることができるので女性としては安心なのです。ランチからという紳士的な心遣いは「信頼してもいいかな」と女性の心を緩めることができます。

ランチデートが楽しいと夕飯もOKしてもらえる

共通の趣味で楽しい時間を過ごしてランチして、話を聞いてくれる、もっと一緒に居たいという雰囲気を感じたら夕飯も誘ってみましょう。誘い方としては理由を作ること、例えば「この前〇〇のお店に行ってみたいって言っていたよね」と女性が興味を持っている食べ物で理由を付けて誘うと「あ、行きたい」となります。

【誘い方4】労いやお祝いを絡める

親しくもないのにいきなり「お祝いしよう」と言われたら引くけれど、一緒に趣味の時間を過ごすことで連帯感が生まれますよね。例えば試合の打ち上げや趣味の資格合格祝いなどを理由に夕飯に誘ってみましょう。

ポイント

女性に警戒されないようにするにはこのときも紳士的な対応を見せることが大切、場所と時間を予め伝えることで女性も男性と過ごす時間や帰宅時間を予測しやすくなります。あまりにも帰宅が遅くなると女性は不安になるし、ひとりで帰宅するにもタクシー代などお金の心配もあります。この日は伝えたお店に行くだけ、2軒目に誘うようなことはしません。

話が弾み、女性が2軒目も行けるような雰囲気を出してきてもここは我慢、もっと一緒に過ごしたいという気持ちは次に繋がります。

OKしてしまう誘い方

最近はLINEなどを使ってのやりとりがメインになりつつありますが、OKをもらう誘い方の王道は直接会って目を見て伝えることです。「どうかな」と思っていても相手を前すると断りにくい、すぐ返事をしなくてはとついOKしてしまいます。LINEなどは返信するまでに考える時間を与えてしまうので、一見ソフトで誘いやすそうに思えますが、実は断る理由を考える時間を与えてしまうことに繋がります。

たとえ断られても、脈アリの場合はその日に行けない理由を言ってくれたり「〇曜日なら空いています」と代替えの日を提案してきたりしますよ。

最後におさらいをしましょう。好意を寄せる女性を食事に誘う方法は、まずは彼女好みのテイストを押さえる、共有できる何かを探し彼女よりも詳しくなる、共通の趣味を絡めて出かける仲になりまずはランチに絡めることです。

登録するだけで恋人が出来た!

【2018年版】おすすめの出会いアプリ・サイト【出会い系ランキング】

マッチングアプリ、出会いサイトって男女とも登録無料でお試し利用が出来るの知ってますか?

登録も超簡単!

アプリをダウンロードするだけですぐに使えます。

恋愛・婚活・遊びなど様々なアプリがあるので、自分に合ったアプリを探してみましょう!

-彼氏・彼女の作り方

Copyright© 出会いの定石 , 2018 All Rights Reserved.