彼氏・彼女の作り方

ひとりが好きだけど結婚したい!どうなる?気になる結婚生活に迫る!

更新日:

ひとりで買い物に出かけたり、食事をしたり、旅行をしたり、ひとりが楽だし好きという人は多いですよね。「ひとりが好きだし、自分のペースを乱されたくない!でも結婚したい…。」自分の自由か、人と過ごす安らぎか悩んだことがある人もいるはずです。「ひとりが好きすぎて、結婚してもうまくいかないのでは?」という悩みも聞きますが、実際はどうなのでしょうか?

ひとりが好きだけど結婚した人の理由

自分に合うパートナーを見つけたから

ひとりが好きだけど結婚した人の中で、もっとも多い理由が、自分に合うパートナーを見つけたからです。ひとりが好きで、自分の時間を大切にしてきたけど、素敵なパートナーと出会ったことで、「誰かと一緒に過ごすのも悪くないかも…。」と感じて結婚したというパターンです。ひとりで過ごすことも自由で気楽ですが、誰かと一緒だからこそ感じられる安心や安らぎもあります。ひとりが好きな人の中には、"自分には誰かと一緒に生活するなんて向いていない"と思っている人も多いと思います。それは、今まで自分に合ったパートナーに出会えていないだけかもしれません。相手に合わせたり、無理をしなければいけない相手なら、あなたがそう思っても無理はないのかもしれませんね。

誰かにそばにいてほしいと思ったから

今まではひとりが好きだし、平気だった人でも、友達が次々と家庭を持ったり、子供ができたりして家族優先になると、いきなり自分がひとりであることに、寂しさを感じることはよくあることです。ひとりは気楽で自由です。しかし、これから先もずっとひとり…と考えると寂しいと感じるようになり、彼女を作って結婚して幸せになる人は多いです。ひとりも好きだけど、寂しいと感じる気持ちもあるのであれば、自分に合った相手を探してみることをおすすめします。

支えてくれるパートナーに出会えたから

ひとりが好きで、ひとりですべてやってきたけど、健康を気遣ってくれたり、具合が悪いときに看病してくれたり、誰かに支えてもらったときに、結婚もいいかな…と考えこともあるようです。ひとりの時には感じられない、"誰かのために"とか"誰かがいてくれるから"という気持ちが自分にプラスになることもありますよね。人生は、楽しいことやいいことばかりではありません。仕事がうまくいかないときやつらいとき、頑張らなければいけないときに、近くで支え守ってくれる、励ましてくれるパートナーがいたらどれだけ心強いことでしょう。

 

ひとりが好きな人たちの様々な結婚のかたち

ひとりが好きだけど結婚した人はどう感じているのか

「妻の帰宅が遅いため、平日は家に帰ってから妻が帰ってくるまで自分の時間です。土日は、早起きしたりして生活時間をずらしています。妻の帰りが早くなる日は、平日も早起きしています。」

「結婚していますが、自分の部屋があるため、基本的に自分の部屋に閉じこもっています。相手もそういう自分を理解してくれているため、お互い空気のような関係です。」

「相手がお盆と正月以外休みがないため、結婚したけれど、一人暮らしの延長のような結婚生活を送っています。普段ほとんどひとりのため、一緒にいるときは、新鮮な気持ちで楽しく過ごせています。寂しいとか文句を言ったりすることもないので、相手も仕事に集中できるようです。」

「在宅の仕事のため、人との関わりがなく社会と孤立しがちでしたが、結婚したことで"誰かと話したい"とか"誰かと関わり合いたい"という欲求が満たされました。」

「結婚する前は、義務や責任が増えるだけでメリットはないし、うまく結婚生活を送る自信がなかったですが、実際に結婚してみると、二人でご飯を食べるほうがおいしくて幸せに感じました。」

「パートナーにイライラしたり、喧嘩することもあるが、話し合っていく中で、自分の視野の狭さに気づいたり、パートナーをより理解することができた。」

相手が理解してくれるのなら、自分の部屋を持ったり、早起きするなど、自分の時間は、作ろうと思えば工夫次第で作ることができるようです。一緒に生活することで、ストレスを感じることもあるようですが、育った環境も性別も違う二人が一緒に生活するので、考え方の違いや些細なことが原因で、喧嘩することは当然かもしれません。しかし、そういうやり取りの中で、自分の未熟さに気づいたり、新しい価値観を知ることができ、自分自身を成長させてくれます。また、結婚する前は、結婚してうまくやっていけるのか自信がなくても、案外結婚してみると楽しいものなのかもしれませんね。

夫婦のかたちは色々ある

  • 結婚しているけど、寝室は別
  • 週末だけ一緒に過ごす週末婚
  • 籍を入れないけど、一緒に生活する事実婚
  • お互いがしたいことをしたり、ライフスタイルの違いからあえて距離を置く通い婚

筆者自身は、今の旦那さんと寝室は別にしています。お互いすごく好きで結婚したけど、平日は実家で、週末だけ一緒に過ごす週末婚をしている友人もいます。近所のおばあちゃんは、籍は入れずにおじいちゃんと二人で住んでいて、とても仲が良さそうです。お互いがしたいことをするために、別々の家を持っているなんて芸能人にはよく聞く話ですよね。アメリカ人夫婦にも、増えてきていて、近くにいるよりも精神的な結びつきは強いという意見もあります。

結婚のかたちは、二人が良ければどんなかたちでも良いんだと思います。誰かと一緒に暮らすことがストレスならば、お互いのプライバシーを保てるかたちにするなど、二人が気持ち良く生活できるかたちを探せばいいのではないでしょうか?

 

ひとりが好きな人が、幸せな結婚生活を送るためのカギは"パートナー選び"

忙しい人

ひとりが好きな人は、パートナーといることで、自由にできないことを苦痛に感じます。しかし、忙しい人と結婚すると多くを求めたり、干渉してくることは少なく、自分の時間を十分に楽しむことができるため、たまに一緒に過ごす時間は幸せを感じるようです。また、相手も仕事が忙しくて、なかなか一緒にいる時間を作れなくても、あなたがひとりの時間を楽しんでいるのであれば、申し訳ない気持ちにならずに済みます。ひとりが寂しくて浮気されたり、喧嘩になる心配もないので、それだけ仕事に集中することができ、お互いにとって良い関係と言えるでしょう。

生活リズムが反対の人

生活リズムが反対の人も、忙しい人と同じで、ひとりが好きな人にとっては、自分の時間を確保できるパートナーとなります。なかなか会えないからこそ、お互いの状況や都合を考えて、思いやりを持って接することができ、たまに会える時は、濃い時間を過ごすことができます。生活リズムが同じだと、毎日顔を合わせることになり、お互いに気を遣ったりしてストレスを感じることもあります。いつも一緒に過ごすことだけが、二人の絆を深くするわけではありません。仕事や趣味、価値観などお互いを理解し合い、お互いの世界を尊重することで絆は深まるのです。

価値観が似ている人

価値観を共有しあえるパートナーに出会うことで、これまでひとりが好きだった人も、結婚に前向きになれるかもしれません。"パートナーとずっと一緒にいたい"と考えている相手と結婚してしまうと、どちらかが相手に合わさなければいけないため、我慢しながら結婚生活を送ることになります。同じ空間にいても別々のことをしたり、一緒にいても空気のような存在であったり、あなたと同じように"自分の時間は大切にしたいけど、いつもひとりは寂しい"と感じている人なら、ひとりの時間を作りつつ、二人の時間も作ることができるので、いい距離感を保ちながらメリハリのある楽しい結婚生活を続けることができます。

気を遣わなくていい人

ひとりが好きな人の中に、人一倍気を遣うため、自分のことを何もできなくなってしまう人がいます。そのため、ひとりでいる時にしか、自分がしたいように行動できないため、結婚に躊躇してしまうのです。

筆者もひとりの時間が好きで、自分の時間を大切にしたいタイプですが結婚しています。昔から、まわりの反応や意見を気にしすぎるところがあり、友達と一緒にいることでさえ、家に帰る頃には疲れ切ってしまいます。楽しいのですが疲れてしまうため、友達とはたまに会う程度にして、自分の時間とのバランスを保ってきました。結婚は、一緒に生活していかなければいけないので、最初は不安も多かったですが、毎週出張でいない日があるため、週2,3日はひとりの時間です。そのため、そこまで窮屈な思いはしたことはないですが、人並みに喧嘩したり、意見が食い違うこともあります。しかし、喧嘩したり話し合ったりしながら一緒に暮らしていくうちに、"この人にならしたいことはしたい!嫌なことは嫌!"と言ってもいいんだと思えるようになりました。

今では、友達や両親には気を遣いますが、彼には素で接することができるようになりました。彼といる時間が、私にとっては一番穏やかで安らげる時間に感じています。

 

あなたにはあなたに合う結婚のかたちがある

メディアやまわりの人たちが言う"幸せな結婚"とは、誰にとっても幸せな結婚なのでしょうか?

昔は、男性が働き、女性が家庭を守る。そんな結婚のかたちが一般的であり、多かったですが、今は女性の社会進出が進み、共働きの夫婦も多くなってきています。子供をあえて持たない選択をする夫婦や、仕事の都合で離れて暮らす夫婦。いろんなかたちの夫婦がありますが、子供がいないから、離れて暮らしているから、なかなか会えないから幸せな結婚ではないのでしょうか?

その答えはノーです。幸せな結婚のかたちとは、人それぞれ違います。

自分のことを良く知り、どんな生活習慣が理想なのか?その理想を共有することができるパートナーはどんな人なのか?結婚した後のことをよく考え、"自分が求める幸せな結婚とはどんなものなのか"をはっきりさせることが大切なのです。そして、あなたが考える幸せな結婚のかたちに、共感できる相手との結婚ならうまくいくのではないでしょうか?

ひとりはまわりに気を遣わずに、誰にも縛られることなく好きなことができて幸せです。ですが、好きな人と結婚することも、ひとりとは違う温かさや安らぎを感じる幸せがあります。一緒に生活していく中で、すれ違ったり、たまには喧嘩することもあるでしょう。ともに長い時間を過ごしていく中で、お互いを信頼し、尊重し合い、二人にとってちょうどよい関係が築けるといいですね。

登録するだけで恋人が出来た!

【2018年版】おすすめの出会いアプリ・サイト【出会い系ランキング】

マッチングアプリ、出会いサイトって男女とも登録無料でお試し利用が出来るの知ってますか?

登録も超簡単!

アプリをダウンロードするだけですぐに使えます。

恋愛・婚活・遊びなど様々なアプリがあるので、自分に合ったアプリを探してみましょう!

-彼氏・彼女の作り方

Copyright© 出会いの定石 , 2018 All Rights Reserved.