出会いの場所 彼女の作り方

【婚活費用】どれがいいの?!運命の人に出会う費用を比較してみた

更新日:

職場関係の女性頭打ち、友だちの紹介頭打ち、合コンネタ尽きた、もはやナンパをする年齢じゃない・・・「誰か紹介してくれないかなぁ」と受け身な婚活をしていませんか?!昔と違って私たちの恋愛はとても自由になりました。出会おうと思えばいくらでも方法はありますよね。しかし、何も知らずに飛び込むのは正直怖いです。今回のテーマは【出会いの場】婚活をするための方法や費用をご紹介します。あなたの価値観に照らして比較してみてください。

街コン

晩婚化対策や少子化対策のひとつとして地方自治体や市民団体などが開催母体になり独身男女の出会いのきっかけ作りをサポートすることが目的の合コンです。商店街や地域のテーマパーク(水族館や牧場など)を会場とし地域振興にも活用されています。プランによっては年齢制限があります。

どんなことをする?!

例えば商店街で行う場合、集合地点(1店舗目)で席を指定され、前に座った女性と会話をします。席替えもあります。その後、フリータイムになると自由に共済店舗を食べ歩き・飲み歩きしながら女性と気軽に話をすることができます。指定されたバッジ(参加証)をつけるのが決まりなので街コンに参加している女性であることは一目でがわかります。

メリット

  • 生活圏が同じ人と出会いたい場合は最大のメリットになる
  • 互いにパートナー探しが目的
  • 一気に出会える
  • 自由に移動できる
  • 堅苦しくない

わざわざ遠方から街コン目的でやってくる女性は少ないので、地元や生活圏が同じ女性と出会いたいなら街コンはおススメです。ナンパではないので警戒されずに話しかけることができます。また、多くの女性に一気に出会えて自由に移動できるのもメリット、婚活パーティーでは気に入った女性がいても一定の時間が来るとシャッフルされ十分に話すことができませんよね。さらに、婚活パーティと違って堅苦しい雰囲気はありません。スーツなどで来る人もいますが街コン自体の雰囲気はカジュアル、女性のファッションセンスをチェックすることができますよ。そして、友だちを誘って参加することで女性グループに声をかけやすいというメリットもあります。

デメリット

  • 婚活目的ではあるけれど本気度は低め
  • 友だち連れがアダとなることもある
  • 積極的に行動しないと収穫を得られない

女性ももちろん婚活目的ですが「出会えればいいなぁ」と意識は低め、だから大人数のグループで参加する女性もいて、ひとりだけを引っ張っていくことができません。個人的な意見ですが正直、ふたり連れならまだしも女性グループ(4~5人)って鬱陶しいですよね。しかし街コンにひとりで参加できる女性は少数派です。また、自ら女性と積極的に話をしないとただ商店街を飲み歩いて終わることになります。主催者側は大まかには仕切りますが場を提供するだけであることが多いので自分で動かなければ収穫はありません。

費用

男性の場合、地方自治体が主催する街コンの場合3千円から6千円程度ですが、イベント運営会社が主催の場合は約7千円からが相場、支払いはネット決済や銀行振り込みが主流です。

婚活パーティー

独身男女が集まって将来の結婚相手を見つける場です。会員登録制のものもあればないものもあり内容も運営会社によって大きく異なりますが、本気で婚活をするなら【身分証明・収入証明・学歴証明】の提出が義務付けられている運営会社に登録することをおススメします。

どんなことをする?!

パーティ型・屋外型(日帰り観光やバーベキューなど)・不定期勤務型・年の差婚希望など、たくさんあり気に入ったプランに予め予約し支払い(振り込みやネット決済が多い)を済ませ、当日は会場へ行き番号札とプロフィールカードを受け取ります。婚活パーティーが始まるまでにプロフィールカードに記入しておきます。決められた席に着いたらあとは司会者が進行してくれるので流れにそって行動します。

メリット

  • 婚活目的であることが明白
  • 一気に出会える
  • 自分に合った企画を選べる
  • 流れにそって行動すればいい
  • 本人確認必須の誠実なパーティを選ぶと安心

街コンよりも婚活に本気度が高くひとりで参加する女性も多いです。街コンと同様に一気に多くの女性と出会えます。たくさんのプランの中から自分の希望にそった企画を選ぶことができます。さらに、女性に積極的になれないタイプでも司会者の誘導にそって行動すればいいので「声をかけられない」など特別緊張することはありません。本人確認などが徹底されている運営会社が主催するパーティーではサクラによる失敗はありません。

デメリット

  • 気に入った女性とずっと話せない
  • 参加したからといってカップルになれるわけではない

合コンと違って仕切る必要がないのは有り難いですが、司会者の進行に従い行動しなくてはならないので、気に入った女性と盛り上がっていても席を移動しなくてはなりません。また参加したからといって収穫があるわけではありません。

費用

カジュアルなパーティーで5千円くらいから、ハイグレードなパーティーになると1万円を超えます。なかには驚くほど低価格な婚活パーティーもありますがサクラの存在を疑ったほうが良いです。参加するなら1万円前後出す気で臨みましょう。支払いはネット決済や銀行振り込みが主流です。

結婚相談所

目的は結婚、入会すると担当がつき希望どおりの女性に出会い結婚できるようサポートしてくれます。最近はデータマッチングサービスといって自分で登録した結婚相談所のサイトに入り女性を検索し気に入った女性にメッセージを送ることができます。昔ながらの、お見合い写真をドーンと見せられる結婚相談所もありますが、結婚相談所に登録される多くの方はこのマッチングサービスのある会社を選んでいます。結婚相談所はたくさんありますが、経済産業省が作成したガイドラインに基づきJLCL(第三者機関)が審査し認証を受けた【マル適マークCMS】のある結婚相談所を選びましょう

どんなことをする?!

前述したとおり担当者から希望に合った女性のお見合い写真を見せられるか、またはサイトを検索し気に入った女性にアプローチします。相手の合意を得られるとお見合いの成立です。場所はホテルやレストランなどもありますが、最近はカフェなどのカジュアルな場を希望する女性もいます。

メリット

  • 女性の身元がしっかりとしている
  • 希望にそった女性を紹介してくれる
  • ひとりの女性とじっくりと話ができる
  • 気が合えばスピード婚
  • 担当スタッフのサポートが手厚い

結婚相談所に登録する女性です。結婚の意思が固く結婚に投資できる人(親もしくは本人)、それだけでしっかりとした身元のお嬢さんであることがわかります。また希望にそった女性を紹介してくれる(検索できる)ので無駄な動きは必要ありません。お見合いをし気が合えば真剣交際に発展します。早ければ3ヶ月から6ヶ月くらいで結婚が決まります。担当スタッフのフォローが手厚いです。例えばより気に入ってもらえるようお見合い当日のファッションや会話の仕方など丁寧にレクチャーしてくれます。

デメリット

  • お金がかかる
  • 相手が気に入らないと会えない
  • お見合いをしたからといって交際に発展するわけではない

スピード婚が見込めますが、婚活をするうえでいちばん自分に投資しなくてはならない方法です。また月会費を払っていてもマッチングが上手くいかないとなかなかお見合いに発展しません。さらにお見合いができたとしても相手が気に入ってくれないと交際に発展しません。

費用

入会金(登録費)などの初期費用は成婚率の高い相談所の場合10万円超(面談料やプロフィールカード作成や検索用のID発行料など)です。月会費は1万円から、月会費が不要な場合お見合い料として1回につき5千円から1万円を請求されることもあります。もちろん月会費もお見合い料もどちらも必要な相談所もあります。さらに成婚料として数十万円請求されることもあります。ちなみに、成婚料を請求しない代わりに月会費が高く設定されている相談所もあります。このように、あったりなかったり、料金も相談所によって異なる、やはり前述した【マル適マークCMS】を取得している結婚相談所に登録することが望ましいでしょう。

出会い系サイト

最後に出会い系サイト、インターネット上で自分の情報を掲載し異性と交流する方法です。スマートフォンが普及し簡単に登録できるようになったことから利用する人が増えています。有料サイトもあれば無料サイトもありますが、おススメは有料サイトです。安心して利用できるようシステムやセキュリティが強化されているため女性登録者が多いからです。無料サイトということはお金をかけていない、自分の情報が悪徳業者に奪われるという可能性を考えると、利用するなら有料サイトですよ。

どんなことをする?!

サイトに登録し(アプリが便利)メッセージのやりとりを通して気が合う女性を探します。

メリット

  • プチプラ
  • 手軽
  • 個人でやりとり

料金固定制の出会い系サイトならどんなにメッセージのやりとりをしても定額制なので必要以上にお金がかからない、また個人でメッセージを送り合えます。忙しくて婚活パーティーなどに参加できない人でもスマートフォンを使って気軽にやりとりが可能です。

デメリット

  • 連絡を取り合うのが苦手な人には向かない
  • 相手の顔が見えない

メッセージアプリなどでいつもラリーをしている人には向いていますが、相手のメッセージに対してスタンプだけ返したり「了解」など短文で終わらせたしている人はやりとりの時点でフラれるので不向きです。また相手の顔が見えないので会ってみると想像していた女性と違うということもあります。

費用

定額制でない場合メッセージを送るごとに数百円必要、だから定額制のサイトをおすすめします。相場は1か月2千円から4千円です。

きれいごと抜きで考える

いかがですか?!婚活にはいろいろな方法がありますが女性と出会うには会費が必要、結婚相談所も初期費用や月会費が必要です。本気の出会い系だって数千円必要、そう考えると自然に出会う以外の婚活はお金がかかるということです。正直自分にどれだけの投資ができますか?!月2回婚活パーティーに参加したとして、かかる費用は約2万円(交通費なども含む)どこから捻出します?!そう考えると自然な出会いを待つしかないのでしょうか?!しかし、それを待って今日に至るのです。やはり結婚したいなら動くべき、その一歩としてプチプラな出会いから始める、出会い系サイト(アプリ)を利用してみてはいかがでしょう。

-出会いの場所, 彼女の作り方

Copyright© 出会いの定石 , 2018 AllRights Reserved.