彼氏・彼女の作り方

結婚を後悔する「結婚後悔症候群」とは?解決方法を徹底分析!

更新日:

周りが結婚したし、自分も置いていかれないようにしないと!と思って結婚したけれど、現実はそう甘くはなかった…。結婚なんてしなければよかったと思う人が増えています。結婚したことを後悔している状態を、結婚後悔症候群と言っていて、老若男女問わず後悔している人は多いのです。

何がきっかけで結婚後悔症候群になるのか、解決方法はないのか、結婚後悔症候群を根本から考えて解決する方向に向かっていきましょう。ここでは解決方法など気持ちが楽になる方法を伝授します。

結婚後悔症候群とは?

そもそも結婚後悔症候群とはどんな状態のことなのか見てみましょう。

  • パートナーと結婚しなければよかったと思っている
  • 独身の方が楽で戻りたいと思う
  • 一緒にいることが苦痛
  • いっそ離婚して1人になりたいと思う

などなど、結婚したことに後悔していることはもちろんのこと、離婚まで考えている状態のこと。結婚は幸せになれると信じて結婚したからこそ、現実とのギャップにショックを受けてしまうケースも少なくありません。

親族関係が面倒で結婚を後悔…

実際に結婚を後悔している人はどんなことが原因なのでしょうか?

「家事負担も多くて、相手との性格の不一致で一緒にいるのが苦痛。同居している親も嫌」(女性/34歳)

「親戚との付き合いが面倒。相手の実家に行くときは、体調が悪いフリをしていかない」(男性/44歳)

このように、親戚付き合いが面倒で結婚を後悔していることもあります。同居しているならなおさらです。結婚前は相手の親によくしてもらっていたのに、結婚したら急に意地悪をされたり人間不信になった人も…。結婚する前はあくまで他人の子ですから、よくするのは当たり前なんですよね…。

結婚して親族関係になると、ちょっとしたことが気に入らなくなって、結婚を後悔してしまうことが多いようです。

小さいことにいちいちうるさくなった

結婚する前は優しかった相手が、結婚したら急にうるさくなるケースもあります。

「掃除の回数や洗濯物の干し方など、細かいことを指定されて苦痛」(女性/30歳)

「お義母さんから料理の味付けに対して文句を言われる。自分で作ればいいのに」(女性/20代)

「休みの日にゴロゴロしていると、家族サービスを要求してくる。俺だって休みが欲しい」(男性/30代)

結婚したらそう簡単に別れることがないからと思って、相手に要求することが多くなってしまうと、結婚したことを後悔してしまいます。いちいちうるさく言われたら、一緒の空間から逃げることで文句を言われる可能性を下げたいですもんね。

様子がおかしいと思ったら浮気されていた

「トイレにもスマホを持っていくようになったと思ったら、浮気相手と連絡を取り合っていた」(女性/40代)

「休日出勤が増えたと思ったら、浮気相手と遊びに行っていた」(女性/30代)

「仕事を始めたら急に帰りが遅くなったと思ったら、上司と浮気していた」(男性/50代)

結婚生活に大きなダメージを与えるのは、パートナーが他の異性と仲良くしていることですよね。浮気は離婚に繋がる原因でもあるので、軽視できない問題です。浮気をされた瞬間に、「こんな人と結婚しなければよかった」と思ってしまって、どうにかして離婚して自由になりたいと考える人もいます。

結婚後悔症候群になりやすい人の特徴

そもそも結婚後悔症候群になりやすい人がいることをご存知でしょうか?結婚後悔症候群になる人とならない人の違いを知ることで、これから結婚後悔症候群になるかもしれな予備軍の人が分かります。まだ結婚後悔症候群になっていないからと安心せずに、しっかりチェックしましょう。

結婚後悔症候群になっている人は、自分が当てはまっていないかをチェックして、この後の改善方法に役立ててみましょう。

焦って結婚してしまった人

結婚後悔症候群になりやすい人の特徴で最も多いのは、焦って結婚をしてしまった人。結婚を焦ってしまうのは実は理由が一緒のケースが多いのです。

  • 友達が結婚して焦ったから
  • 負け組になりたくなくて、妥協して結婚してしまった
  • 結婚する年齢のリミットを自分で決めて、その年齢までに結婚しないといけないと追い込んだ

などなど、どのような理由であれ結婚を焦ってしまって、今結婚を後悔している人が多い!今結婚していて後悔をしている人は、まずはこのまま結婚を続けたいのか、別々の道を歩みはじめたいのかをじっくり考える必要があるかもしれません。

このままおパートナーと一緒にいても、幸せな気持ちになることができないと、辛いのはあなたなのです…。

パートナーを尊敬できなくなることがある人

一緒にいて、パートナーを尊敬できない瞬間が少しでもある人は、結婚後悔症候群になりやすいです。結婚した時は、相手のいいところがたくさん見つけられて、頼りがいがあるところについていきたい、家庭的なところについていきたいと思っていませんでしたか?

ですが結婚生活が続いて相手のだらしないところや、うるさく言われる環境に身を置いていると、ダメなところばかり見えてしまって、尊敬していた部分なんて忘れてしまうのです。だめなところばかり見えてしまうと、他の異性が急に魅力的に見えてしまうこともあるんです。

これが浮気のきっかけになって、結婚生活が泥沼になっていくこともあるんですよ。

常に新しいことに触れていたい人

常に新しいことに触れていたい人は、結婚後悔症候群になりやすい傾向があります。常に新しいことに触れていたい人は、刺激的な体験が好きなことが多く、いつも同じ生活スタイルになってしまう結婚生活に飽きてしまうことも…。そうなると、家庭に身を置くべき状態にあるにも関わらず、遊び歩いて刺激を求めてしまったり、離婚して他の人と一緒になりたいと思うこともあります。

結婚後悔症候群になりやすい人の特徴の中では、最もパートナーともめやすいですので、当てはまる人は喧嘩が大きくなって、離婚や別居にならないように気を付けてくださいね。

早く結婚したことを後悔している理由

結婚できたことはよかったけれど、こんなに早く結婚しなくてもよかったな…と思っていませんか?そもそもどうして早く結婚したことを後悔してしまったのでしょうか?結婚の時期を間違えたと感じる人にも、似ている理由があります。どんなことが理由で早く結婚したことを後悔しているのか見ていきましょう。

自由な時間がなくなった

結婚すると自由な時間が無くなって、家庭と仕事を両立しなければいけなくなります。若い時に結婚して周りがまだ遊んでる姿を見てしまうと、こんなに早く結婚しなければよかったと思ってしまいます。結婚した瞬間に束縛する人もいますから、こればかりは結婚してみないと分かりませんよね。

結婚は自由な時間がなくなってしまうものです。もじ自由な時間が欲しいと思ったら、パートナーと話し合って、お互いに趣味の時間を作る方向で調整してみると、結婚が辛いものと感じにくくなる人もいます。

お金に対する価値観が違うことが分かった

結婚してからお金に関する価値観が違うことを知る人もいます。結婚前に同棲をしてみると、お金に対する考え方を知ることができますが、同棲をしないで結婚生活になると、価値観の違いに苦痛を感じやすくなります。お金に関しては、とにかく徹底的に話すことが解決の方法です。

どちらかが我慢してしまうと、生活に直結するお金のことですから、結婚生活にヒビが入ったり、貯金ができなくて家族が入院した時などにお金がなくて困るなど、頭を抱えてしまいます。お金は結婚を後悔する大きな原因ですので、もし価値観が合わないようであれば、今後を考える必要も出てきますよ。

モラハラなどのハラスメントを受けている

女性がハラスメントを受けることが多いですが、最近では男性もハラスメントを受けていることも!具体的にはどのようなことがハラスメントになるのでしょうか?

  • 奥さんから「あなたの安い給料でどうにかしてるんだから」と頻繁に言われる
  • 女は家で家事をしていればいいと価値観を押し付けられる
  • 明らかに生活できない生活費でどうにかしろと言われる
  • お小遣いが不当に少ない

これは、ハラスメント行為の一例で、他にもいろいろはハラスメントがあります。各都道府県にはハラスメント相談の窓口があるので、どうしても我慢できないときは、匿名で相談に乗ってもらえますので、活用してみるのも1つの手段です。

Sponsored Link

結婚後悔症候群から卒業するための方法とは?

最後に結婚後悔症候群から卒業するための方法をご紹介します。今、結婚後悔症候群になっているかもと思ったら、ぜひこれから紹介する方法を試してみましょう。それでも改善がなかったときは、関係を解消するなど、身を守ることを考えなくてはなりませんが、まずは試してみることがいくつかありますよ。

相手に多くを望まない

相手に多くを望んでしまうと、理想に達しなかったことに対して文句を言ってしまうようになります。文句を言う方もエネルギーを使いますが、文句を言われている方もストレスが溜まって、「結婚なんてしなければよかった」と思ってしまうのです。まさにこれが結婚後悔症候群の入り口になっています。

100パーセント完璧な人間はいません。これくらいしてくれたからいいかと思うようにしないと、相手をどんどん追い込んでいってしまいます。そして多くを望まれている人は、完璧にすべてをこなす必要がありません。自分を追い込んで精神的にボロボロにならないように、お互いが思いやりを持つことが大切です。

いいところはないか書き出してみる

結婚生活が長くなると、ついつい相手の嫌なところばかりが目についてしまいます。そんなときは、相手のいいところを紙に書きだしてみましょう。「どうして書き出さないといけないの?」と思っていませんか?実は人間の脳は頭で考えているより書き出した方が、情報を整理することができるのです。

つまり、紙にいいところを書き出すことで、相手にどんなことを思っているのかを整理することができます。紙にいいところを書き出してみると、意外と相手を尊敬してる内容を書き出していたり、心のどこかで感謝している内容が書き出されていることがあって、その紙を見て「結婚してよかったかも」と思い直すことができるのです。

友達などにひたすら愚痴る

面倒なことはしたくない!とにかく友達に愚痴を聞いてもらってすっきりしたい人は、ひたすら愚痴るのも1つの方法です。愚痴ることでどんなメリットがあるのかというと。

  • 気持ちがすっきりして、家で楽な気持ちで振る舞うことができる
  • 悩みを共有できて、1人じゃないと思える

このように、愚痴るだけでも心が軽くなるんですよね。しかも同じ悩みを持っている人が近くにいると分かっただけで、安心感もあって心が落ち着くこともあります。「もう限界だ!」と思ったら、友達に愚痴って、悩みを共有してみませんか?

結婚を後悔しているのは、ちょっとしたすれ違いが原因…

結婚後悔症候群になっているのは、ちょっと下すれ違いが原因で起こっていることがほとんどです。まずは考えや行動のズレをなくしていくようにお互いが歩み寄ることで、結婚を後悔しないようになっていきます。今結婚を後悔しているのであれば、何が原因で後悔するようになったのか、今後どうしていきたいのかをはっきりさせて、パートナーと話をしてみることをおすすめします。

縁あって一緒になれた人と、幸せな毎日がやってきますように…。

登録するだけで恋人が出来た!

【2018年版】おすすめの出会いアプリ・サイト【出会い系ランキング】

マッチングアプリ、出会いサイトって男女とも登録無料でお試し利用が出来るの知ってますか?

登録も超簡単!

アプリをダウンロードするだけですぐに使えます。

恋愛・婚活・遊びなど様々なアプリがあるので、自分に合ったアプリを探してみましょう!

Sponsored Link

-彼氏・彼女の作り方

Copyright© 出会いの定石 , 2018 All Rights Reserved.