彼氏・彼女の作り方

晩婚化の原因とは?問題や原因、対策など晩婚化が与える影響について

投稿日:

最近話題になっている晩婚化ですが、そもそも晩婚化の基準はどのようなところにあるのかご存知でしょうか?そして晩婚化が騒がれている理由も、なかなか考える機会ってありませんよね。ここでは晩婚化とはどのようなことなのか、晩婚化になることのメリットやデメリットについて解説していきます。

「私、晩婚になる年齢だけど大丈夫かな?」と思っているあなた必見の内容になっていますよ。最後までぜひご覧くださいね。

そもそも晩婚化とは?

まずは晩婚化とはどのようなことをさしているのかを学んでいきましょう。晩婚といっても、特定の年齢が決められているわけではなく、平成の初めの頃は20代で結婚する人が多かったのですが、最近は30代や40代で結婚する人が増えてきている状態のことをさしています。

晩婚化になると負け組と言われていた時代もありましたが、最近では結婚する年齢が30代、40代になることも珍しくなくなってきています。結婚はタイミングなので、無理にする必要はもちろんありませんが、晩婚化が騒がれているのには理由があります。もちろんメリットとデメリットがありますので、どちらもしっかり把握しておくことが大切です。

晩婚化の原因はこんなところに!

晩婚化になっている原因を探っていきましょう。晩婚化になっているのは本人たちの問題だけではなく、社会情勢が影響していることもあります。晩婚化になっているのは知っていたけれど、原因はどうしてなんだろう?と思いませんか?どのようなところに晩婚化の原因があるのかを、一緒に探っていきましょう。

経済的に余裕がない

バブル経済から約30年、ずっと景気が悪くどんどん下降線をたどってきました。その中で、結婚するとお金がかかる、今までの生活基準を保てなくなったことで、夫婦喧嘩になったり、子供の進学先で価値観の差が出てしまって、最終的に離婚してしまう夫婦も増えています。友達や知り合いにそのようなケースで離婚してしまった人はいませんか?

確かに結婚は幸せなことではありますが、喧嘩したり家庭を作っていくことでもめてしまうと、一緒にいることが苦痛になってしまって、1人でいた方が楽と思うこともあります。結婚ってするもんじゃないよという話を聞いてしまうと、経済的に余裕がないと思っている人は、結婚したことで出費を増やしたくない!と思って、結婚に踏み切れない人もいます。

若い時は遊んでいたい

結婚=縛られると思っていると、もう少し1人でいたい、遊んでいたいと思うことから、結婚しない人が増えています。こちらも経済的な理由が絡むこともありますが、自由が取られることを嫌う人は、特に結婚を嫌がってしまう傾向があります。結婚すると遊べなくなるわけではありませんが、パートナーに行き先を聞かれたり、いつ帰ってくるのかを聞かれることになるので、その窮屈感を感じる人もいるようです。

結婚は共同生活になるので、

  • どこに誰と行くのか
  • いつ帰ってくるか
  • ご飯をどうするのか

など、伝えていかないと怒ってしまう人もいるんです。1人の時は何をしても自由ですから、縛られることが嫌で結婚まで踏み切らない人もいます。

結婚にメリットを感じない

縛られることも、経済的なことも含めて、結婚自体にメリットを感じない人が増えていることも晩婚化の原因です。若い時は1人で楽しくしていることが楽しくて、結婚にメリットを感じることってほとんどないんですよね。ところが、ある程度年齢を重ねて周りが結婚してくると、1人になってしまった悲しさから結婚を考える人もいます。

ですが、やはり結婚してしまうと親戚付き合いなど面倒なことが増えて、稼いだお金を家族に取られてしまうような感覚は、結婚へのデメリットを強調してしまいます。結婚にメリットを感じないのは、待機児童が多い・不景気など社会情勢もありますが、いろいろな原因が複雑に重なっていることが原因になっていることが多いようです。

自立する・したい女性が増えた

昭和の時代の大きく変わったのは、女性の活躍ではないでしょうか?女性が管理職でバリバリ仕事をするようになったのは、実はここ最近で、それまでは結婚したら会社を辞める、いわゆる寿退社をする女性が圧倒的に多かったのです。ところが最近では経済的に家庭を助けるだけでなく、仕事にやりがいを感じてずっと頑張りたいと思う女性が増えています。

そして仕事をたくさんして自立する女性が増えたので、「男の人に助けてもらわなくてもいいや」と感じる女性が多くなっています。自立したいと思って頑張っている女性も多く、結婚しなくてもやっていける状態になっているのも、晩婚化の理由です。これは男性が悪い、女性が悪いというのではなく、現代のライフスタイルの変化が大きく影響している結果なのかもしれません。

価値観が多様化している

結婚したら男は外で仕事をして、女は家で家事をするといった価値観が昔は定着していましたが、今では女性も外で仕事を頑張りますし、男性も育児休暇をとって子育てをサポートする時代に変化していますよね。結婚してからの選択肢もたくさんあって、

  • 共働きで頑張る
  • どちらかが家で家事をして、どちらかが仕事を頑張る
  • 独立して家で仕事をする

などなど、いろいろな形があります。結婚しないことも同じように選択肢が多く、

  • もう少し仕事を頑張ってから結婚する
  • まだ遊んでいたい
  • 目標を達成してから結婚したい

など、価値観が多様化しています。価値観が多様化しているということは、その人が持っている価値観を受け入れられる人でないと、カップルとしてマッチングしにくいこともあります。つまり価値観の多様化が、晩婚化の原因になっていることもあるのです。

趣味が楽しくて仕方がないから

1人でいることに繋がりますが、趣味が楽しくて結婚はまだ考えられない人もいます。この場合は、結婚を嫌がっているのではなく、まずは今楽しい趣味を楽しんでから結婚を考えようと思っているパターンなので、結婚に対しては前向きなことが多いです。ですので、すでにパートナーがいて、結婚を待たせていることもあります。

その場合、待たされている相手がしびれを切らして他の人に行ってしまう可能性があるので、タイミングが合わないと結婚しようと思ったときに振られてしまっているなんてことも…。

どうして晩婚化は問題視されているの?

晩婚化の理由がこんなにたくさんあると、驚いてしまいますよね。ですが、どうして晩婚化は問題視されているのでしょうか?場晩婚化になることで起こりやすい、またはすでに起こっている問題について触れていきましょう。

少子化に歯止めがかからないから

今社会問題になっている少子化。2018年5月現在、1人の女性が生涯に出産する子供の数が1.4人と言われています。2.0を下回ると少子化が始まるので、1.4人は深刻な数字であることをさしています。ですが、これも誰が悪いというわけではなく、ライフスタイルや価値観の多様化が大きく影響していることもあります。

少子化が進むと、どのような問題が起こるのかというと、

  • 日本人が減って外国人に頼る状態になる
  • 跡継ぎがいなくなって、伝統工芸が衰退していく
  • 老後の負担が増える

などなど、たくさんの問題が出てきます。特に老後の問題に関しては、人口が少なくなっていることで、1人当たりの介護の負担も増えることが予想されていて、ますます暗い状況になっていきます。

このような状態では経済的に安定するまで時間がかかりますし、結婚しても安定しないならメリットを感じないと思う人も多くいます。

老後を考えると1人は不安だから

今は元気で物事を1人で進められるとしても、おじいちゃんやおばあちゃんになってときに同じことができるのか考えてみましょう。足が弱くなったり、病気がちになったりして、なかなか同じようなパフォーマンスをすることが難しくなってくるのではないでしょうか?

そう考えると、パートナーがそばにいて、面倒を見てくれる子供がいる方が、安心して暮らせると思いませんか?少子化になると親の面倒を見る人もいなくなってしまったり、あるいは面倒を見てくれる人がいなくなってしまって、孤独死を迎えてしまう状況が起こりつつあります。

支え合っていくことが大切な暮らしの中で、1人でいることはデメリットが大きくなるということなのです。

Sponsored Link

晩婚化はどれくらい進んでいるのか

晩婚化は今どれくらい進んでいるのかを見てみましょう。下のグラフがおおよそのデータになっています。

ちょっと昔の全国平均のデータですが、だんだんと年齢が上がっているのがわかりますね。なぜ昔のデータをあえて出したのかというと、晩婚化が最近になって起こっているわけではないということを、みなさんに分かっていただきたいからなのです。平成に入ったばかりで20代半ばから後半立った初婚年齢が、平成20年にはすでに30歳を超えています。

晩婚化は最近問題視されているので、つい最近起こっていることなのかと思いますが、実は問題視される前から予兆はあったということになります。

そして、初婚年齢が上がっているのは、バブル崩壊後であることもこのグラフからわかりますね。経済が初婚年齢にこんなに大きく影響しているのはとても驚きではないでしょうか?

初めての出産年齢も上がっている

初婚年齢が上がっているということは、初めての出産の年齢も上がっていることになります。こちらのグラフを見てみましょう。やはりどんどん年齢はあがっていて、下降する様子は見えませんよね。もちろん初出産が遅くなることは悪いことではありませんが、女性の身体のことを考えると軽視できない問題です。

高齢出産になると、女性の身体にかかる負担が増えてしまって、流産や早産など悲しい思いをする可能性も高くなってしまいます。無事に生まれてくる裏で、悲しい思いをしている女性もいて、晩婚化の影響がないとは言い切れません。

初婚年齢が上がっている原因

初婚年齢が上がっている原因も晩婚化につながるところがあるかもしれません。初婚年齢が上がっている原因に目を向けると、初婚年齢が上がっている原因が見えてくるかもしれませんよ。

収入が安定しない

若い時は役職がつくこともなく、とにかくがむしゃらに仕事をしている時期でもありますよね。そうすると、収入も安定せずに1人で生活することが精いっぱいなことも…。そのため、本当は結婚したい気持ちがあって、養っていくことができない、幸せにできるか分からないなどの理由で、結婚を見送っているケースもあります。

この場合は結婚をしたくてもできない状況になっているだけなので、収入が安定することで結婚に一気に動き出すことができます。ですが、不景気のときはあおりを食らってしまうので、何とも言えない残念な気持ちになります…。

1人でも生活できるから

若くして出世して役職についたり、やりたいことが見つかって一生懸命夢に向かって頑張っているなど、1人でいても生活できると思っている人もいます。1人で生活できればあえて結婚して大変な思いをする必要はないと考えませんか?これが初婚年齢を遅くしている原因でもあります。

中には親がお金を出してくれているから、結婚して支援をもらえなくなるから結婚しない人もいます。今は支援をもらえているかもしれませんが、親はいつまでも元気でいるわけではありませんので、将来のことをしっかり考える必要がありますよ。

そもそも出会いがない

生活をしていくために仕事をして家に帰るのは夜遅く、そして次の日の朝はまた早く出勤する。この生活が続いていると、出会いを求めることもできません。そして出会いがないのは理由があります。

  • 出会いを求める時間がない
  • どこで出会いを求めていいのか分からない
  • 仕事が忙しくなって、恋愛をする気持ちになれない

このように、仕事が原因で出会いを求められないこともあるので、一概に初婚年齢が高い人を責めるのは違うんですよね。中には、「結婚しないから悪いんだ」という人がいますが、結婚に向けて動き出すための環境が整っていないことも、晩婚化の原因になっているのです。

晩婚化が与える影響とは?

晩婚化が与える影響とはどのような影響があるのでしょうか?社会に与える影響よりも、実は晩婚になっている人に影響があることが多く、無視できない状態になっています。知っているようで知らない晩婚化が与える影響を確認してみましょう。

少子化が進む

少子化が進むことで、自分が高齢になったときにもらえるはずの年金に影響が出始めていることをご存知でしょうか?すでに支給年齢が60歳から65歳に引き上げられていることをきっかけに、これからどんどん支給年齢が高齢になるといわれています。これは少子化が進んで年金を納付してくれる人が減ったことに原因があります。

少子化は子供がいなくなって日本の人口が減るだけでなく、私たちの生活に関するお金に大きな影響を与えてしまうのです。少子化が進むとニュースでしきりに取り上げられているのは、このようなことが原因だったのですね。

1人でいることになれてしまう

1人でいることに慣れてしまうと、相手を求めることもなくなってしまいます。誰かを好きになっていつも一緒にいたいと思っているときは、「この人と結婚したい」と思うことがありますが、1人でいることになれてしまうと、結婚願望が薄くなってしまいます。これは晩婚化が与える影響の大きな問題です。

  • 誰かと一緒にいたい
  • 幸せな家庭を好きな人と築きたい
  • 好きな人と同じ苗字になりたい

このように、結婚して環境が変わることを望むことが少なくなるのは、とても残念なことです。

経済的な不安を1人でかかえてしまう

結婚したいけれど出会いがない人がいることを先ほどお伝えしましたが、このパターンの人は、経済的な不安を1人で抱えてしまう傾向があります。2人いれば頼ることができますが、1人ではすべてを自分で背負わないといけません。年齢を重ねると体調を崩したり入院したりすることがありますので、1人では不安なことがたくさん出てきます。

経済的な問題は特に不安を抱えやすいですし、その不安が鬱になってしまう原因になって体調を崩してしまう人もいます。不安を1人で抱えないためにも、晩婚化を少しでも解消していく環境を整えてほしいものですね…。

Sponsored Link

晩婚化のメリットとは?

晩婚化のメリットをみてみましょう。メリットが分かると晩婚化もこんなにいいことがあるんだ!と思えるようになるので、ぜ日参考にしてくださいね。

若いときに思いっきり遊べる

若い時に思いっきり遊べるのは、晩婚化ならではのメリットなのかもしれません。

  • オールで遊ぶ
  • わいわいにぎやかに楽しむ
  • 海などアクティブに動く

などは若い時に楽しむにはぴったりのことですよね。結婚すると家庭優先になるので、どうしても遊ぶ時間が制限されてしまうことになるので、若い時に遊んでおけるのは大きなメリットです。

遊び足りない状態で結婚しない

遊び足りない状態で結婚してしまうと、結婚生活で不満があるときに「もう少し遊んでから結婚すれば良かった」と思ってしまいます。結婚してから後悔しないために若いうちにたくさん遊んでおくと、結婚生活で嫌なことがあっても耐えやすい心を作ることもできるんです。

しっかり遊んで、お腹いっぱいになったら結婚できるのは、大きなメリットでもあります。

経済的に安定していることが多い

ある程度の年齢を重ねてから結婚すると、経済的に安定しているときに結婚することになるので、お金で困ったり、喧嘩になるリスクを少なくすることができます。生活していくにはお金が必要ですもんね…。

役職についてから結婚すると経済的に安定はしますが、仕事では大きな責任を背負っているので、急な呼び出しなどがかかることもあります。その点に関してはちょっと気になるところではありますが、生活していくうえでのメリットの方が大きいと感じる人も多いようです。

晩婚化のデメリットは?

晩婚化にもデメリットがあります。どのようなデメリットがあるのかを確認しておくことで、メリットと比較しやすくなりますので、ぜひご覧くださいね。

妊娠や出産の負担が大きくなる可能性がある

女性の身体のことを考えると、妊娠や出産の負担が大きくなるのはとても大きなデメリットになります。もちろん高齢になっても元気な赤ちゃんを出産することはできますが、中には無事に生まれてこないなんてこともあって、心に傷を負ってしまう人もいます。

女性が結婚を焦ってしまうのには、この「妊娠・出産」のことが頭にあるからで、そのことを男性がしっかり理解してくれるのかというと、なかなか難しいところでもあります。男性には、ぜひ女性の気持ちの焦りも理解してもらいつつ、女性は男性の経済的な不安や結婚に対するプレッシャーを理解してあげることも大切です。

両親に結婚式を見せられない

晩婚化ということは、自分だけでなくご両親も年齢を重ねています。中には亡くなってしまうこともあって、そうすると結婚式を見せられないことも出てきます。両親に結婚式を見せることができなかったと後悔する人もいるんですよ。

「もっと早く結婚しておけばよかったな…」と思っても、後悔した時にはすでに遅い…とならないように、晩婚化のデメリットを考えておくことも必要です。

一緒にいられる時間が少ない可能性がある

高齢になってから一緒になると、一緒にいられる時間が少ない可能性があります。日本は平均寿命が長くなっていますので、心配する人はほとんどいませんが、高齢になればなるほど病気になったり、寿命を迎えてしまう可能性が高くなります。

好きな人とずっと一緒にいたいと思うのはごく自然なことで、晩婚でも長くいたいと思いますよね。長くいられる場合とそうでない場合があることをしっかり認識しておきましょう。

結婚することのメリットを確認してみよう

最後に結婚することのメリットを確認してみましょう。晩婚になっている人の中には、結婚に対してメリットを感じない人もいますが、結婚のメリットを知ると、思わず結婚したくなる、そんな内容をご紹介します。

病気などのときに助けてもらうことができる

風邪を引いたとき、家のことを誰かにやってもらったり、お見舞いに来てもらえると助かるときはありませんか?結婚するとパートナーがそばにいてくれるので、助けてもらうことができます。それだけでなく、交通事故などでけがをして入院なんてことになったら、1人では対処できないことも出てきて、不安になってしまいます。

結婚して特定のパートナーがいることで、助け合いながら生活していくことができるので、不安を解消していくことができます。今は1人で元気でも、いつ倒れるのか分からないので、2人でいるメリットは大きいですよ。

好きな人と家庭を築くことができる

好きな人と一緒にいることで、幸せな家庭を築くことができます。これは結婚する最大のメリットで、この幸せが分かると晩婚化になりにくくなるとも言われています。経済的に余裕があると、喧嘩にもなりにくくなるので、より結婚生活を楽しむこともできるようになります。

晩婚になっているわけは、結婚生活に希望が持てないからという意見がありますが、結婚生活のメリットとして、好きな人と幸せな生活をすることができることを知ると、見方が変わりますよ。

晩婚化の原因と影響は結婚のイメージに左右される

晩婚化の原因は、結婚生活へ希望が持てないことや社会情勢が影響していることが多いことがわかりますね。もちろん晩婚化でも幸せになれますが、せっかく幸せを感じられるなら早い方がいいなと感じませんか?ぜひ結婚へのイメージを変えて、幸せな空間に身を置けるように動いてみてはいかがでしょうか?

登録するだけで恋人が出来た!

【2018年版】おすすめの出会いアプリ・サイト【出会い系ランキング】

マッチングアプリ、出会いサイトって男女とも登録無料でお試し利用が出来るの知ってますか?

登録も超簡単!

アプリをダウンロードするだけですぐに使えます。

恋愛・婚活・遊びなど様々なアプリがあるので、自分に合ったアプリを探してみましょう!

Sponsored Link

-彼氏・彼女の作り方

Copyright© 出会いの定石 , 2018 All Rights Reserved.