彼氏・彼女の作り方

「男が怖い」男性恐怖症の女性の心を掴む方法

更新日:

男性と接するのが怖いという女性に出会ったことはありますか?!話すことはもちろん目を合わせられなかったり同じ空間にいることができなかったり、症状は人それぞれですが、もしも好きになった女性が男性を怖がる人だったら、あなたは諦めることができますか?!今回は男性が怖いと思っている女性の心を掴む方法について考えていきます。

男が怖い?!

人と接することに抵抗がない人からすると同じ人間なのになぜ男が怖いのだろうと思われかもしれませんが、これは一種の病気、男性恐怖症です。「好きな人は男性が怖いのではないか」と感じておられる場合はこういった症状について理解することから始めなくてはなりません。症状を一部ご紹介します。

  • 男性に嫌悪感がある
  • 男性がそばにいると不安になる
  • 男性と話せない
  • 男性を前にすると赤面する
  • 男性を前にすると汗がたくさん出る
  • 狭い空間で男性と一緒になると気分が悪くなる
  • 下ネタで吐き気がする
  • 男性と同じ空間に居るだけで過呼吸を起こす

これは一部の症状ですが多くは若い女性に見られます。症状が酷い人はパニックになるケースもあるそうです。重症化すると生活するうえで必要となる男性駅員やスーパーなどの男性店員と接するのも無理になりひきこもる女性もいるくらいです。

原因は?!

  • トラウマ
  • 強迫神経症(とらわれ)

トラウマ

トラウマは漫画やドラマのシチュエーションで見かけます。幼い頃に父親や親せきなどから性的暴力を受けたり男の子に酷くいじめられたりした経験がある女性は男性を怖いと思います。また、両親の仲が悪く母親から「男性は怖い生き物」と言われ続けた女性も男性に関わろうとしません。さらに痴漢や強姦、酷い恋愛経験(DVなど)からトラウマとなり「男性が怖い」と思うようになる人もいます。

強迫神経症

強迫神経症(とらわれ)も男性が怖いと思う理由のひとつです。私の友だちについて少しご紹介します。

大学で出会った友だちはとても可愛い子なのですが口臭を気にして男性に近づけない人でした。周りは「臭くないよ」と言っているのにマスクをして外しません。もちろん合コンには行けないしアルバイトは接客業ができずビル清掃の仕事をずっとしていました。

何かひとつのことに執着し貫かないと気が済まなくなる心の病気です。軽い症状は誰にでもありますよね。例えば私は「横断歩道の白線を踏まずに渡り切ったら彼氏と良いことある」などと勝手にルールを決めていた時期がありました。私の友だちは物事を始めるとき「必ず左足から」でないと嫌と言います。

男性が怖いと感じる女性は強迫神経症を併発していることがあるそうです。よく考えると私自身ルールを決めていた時期は精神的にまいっていました。友だちは経験からいまでも「左足発信」を貫かないと良くないことが起こると信じきっています。強迫神経症は精神状態と大きく関わることがわかります。

劣等感から男性を避ける

自分の劣等感から男性と関わるのが怖いと感じる女性もいます。これも強迫神経症の一種です。

  • 話すのが苦手
  • ルックスへの劣等感

話すのが苦手

口下手な人はたくさんいますよね。話をして「つまらない女」と思われたらどうしようという不安が「私なんかと話してもつまらないよね、だったら関わりを絶てばいいよね」と思うようになる、男性と学生時代に話さない状態が続くと社会人になっていきなり仕事で話すべきことがあっても上手く伝えられません。共学でそのような状況に陥る人もいれば、長年女子校(中高大)に通い必然的に男性と関わる機会を失っていた人もいます。特に同年代の異性と話すのは緊張するし言葉が足りないから誤解を受け失敗を招く、悪循環を起こしさらに「男性が怖い、関わらない方がいい」と思うようになるのです。

劣等感

「ブスな私なんか相手にされない」「バカな私が関わってはいけない」など、劣等感から男性と関わるのを避け続け現在に至る人もいます。

好きな人が男性を怖いと感じているのがわかる行動

まずは好きな女性の行動を観察しましょう。あの子いいなと思ってアプローチしようとしてもなかなか接するきっかけが掴めない場合がありますよね。女性側が意識して男性と接しないようにしている可能性があります。好意を寄せる女性を見ていて下記のような特徴はありませんか?!

  • 急におとなしくなる
  • 落ち着きをなくす
  • 距離を置く
  • 目を合わせない
  • 話をすぐに済ませ去ろうとする
  • 飲み会などに参加しない

女子のみのときは楽しそうに話しているのに、会話に男性が加わると急に存在を消す人がいます。ソワソワし出しそっと会話から抜けることもあります。男性に呼び止められたり関わったりするとき必要以上に距離をとっている場合はいつでもその場を去る準備をしているということです。もちろん目を合わすことはせず用件を終えたら必要以上に関わろうとはしません。もちろん遊びの飲み会に参加するようなことはしません。

外見的な特徴

特徴としては目立たないように心がけているので、露出を抑えたファッションが多いです。ジャンルはパックリと別れます。例えば、1つのタイプはブラウスとふんわりとしたスカートにパンプスを合わせる、もう1つのタイプはパーカーとジーパンにスニーカーを合わせ身体のラインを見せないようにします。場合によっては男性が嫌うフランス人形のような格好をする女性もいます。共通するのは男性に意識されたくないということ、恋愛対象にならない格好や目立たない格好を好むのです。

Sponsored Link

どうやって心を掴む?!

男性を怖いと思う女性だって普通に恋愛がしたいし結婚もしたいと思っている人が多いです。ここからは好きな女性に心を開いてもらうための手順をご提案します。

挨拶から始める

こちらが「おはようございます」「お疲れさまです」と言っても、はじめは頭を下げる程度でしょうが、挨拶は社会人として当たり前、また挨拶を交わすだけなら距離を取って言葉を交わすだけだし彼女の安全圏は守れるので無視をするようなことはしません。何度も挨拶をしていくうちに、あなたが必ず挨拶してくれる人だと確信したら女性も言葉を発するようになります。

ここでいきなり距離を縮めるようなことはしません。毎日当たり前のように挨拶をする男性がある日見かけないとなると、気になりますよね。そんな出会わない日を数日続け、その後に変わりなく挨拶をします。彼女は挨拶をしてくれる人の存在にホッとし、あなたを少し意識するようになります。

とりとめのない会話を少し入れる

挨拶ができるようになって自分という存在に慣れ相手の表情がこわばっていないと感じたらとりとめのない会話を足します。気候や共通するネタを少し振る程度です。

LINEやメールでやりとりを始める

女性がちょっとした会話に応じてくれるようになったらLINEなどのアドレスを紙に書いて「良かったらLINE(メール)友だちになってください」と言って渡し去ります。男性と面と向かって会話をすることに抵抗を感じる女性も文字の世界なら大丈夫という人は多いです。また、顔を合わせなくて良いぶん考えを自由に表現してくれます。

ただ、男性が怖いという女性の多くは文字の世界でも少し距離をとりはじめは敬語でやりとりをします。こちらもいきなりフランクな態度をとらず丁寧な言葉や対応を心がけるようにしましょう

共通の「好き」を発掘する

LINEなどでやりとりを始めると好きなことについての話題になります。面と向かってコミュニケーションが取れないぶん謎が多いので手探り状態、バチッと趣味が合えばラッキーですが、なんとなく似ているかなということもあります。そんなときは女性の「好き」のなかで自分が寄せられるものを見つけましょう。

友だちというポジションを獲得する

特に共通の趣味があると心を開きやすいです。共通の話題を振ったり画像を送ったり、特別用事がなりときでもLINEなどを通して関わり距離を縮めていきましょう。まずは異性ではなく友人というポジションを確立させます。

理解していることをそれとなく話す

言葉の世界で仲良くなったら生身で会ったときも少しは親近感を抱いてくれるようになります。ただ、ここでもいきなり遊びに誘ったり告白をしたりするのはNGですよ。時間をかけて生身で話す機会を増やし女性の緊張をほぐしていきます。

仲良くなってから「男性って怖いよね、僕も高圧的な男性と接するときは近況するしわかるよ」など共感し、自分は怖い男性でないことをそれとなくアピールします。これ文字の世界や生身でのやりとりを通して優しい人柄だというのは女性もわかってきているし、そのうえ共感してくれたのですから、女性にとってあなたは友だちからわかってくれる人というポジションに昇格します。

共通の女友だちとのお茶に入れてもらう

男性が怖い女性は女友だちとは普通に話せます。共通の女友だちとのランチやお茶に混ぜてもらいましょう。心を許す女友だちが一緒なら安心します。ポイントは夜を選ばないことです。こちらに他意はなくても、夜はその後の展開を予想し断られる可能性が高いからです。明るい時間で共通の女友だちと一緒、しかも早い時間にお開きにするとより信頼を得られます。こういった会を何度も設け「この人は怖くない」ということを意識付けしてもらいましょう。

相手が異性を意識してくれたら好意を示す

女性のほうから「この人好きかも」と思うようになると当然いつも一緒にお茶などをする女友だちに相談します。その友だちもこちらを良く思ってくれているはずなので彼女の背中を押してくれるはずですよ。

女性のほうからランチやお茶の誘いが来るようになったら脈アリのサイン、アプローチを開始しましょう。アプローチするうえでの注意点を上げます。

  • 時間をかける
  • 彼女の反応をチェックする
  • 触れない

ふたりだけで出かける約束をしていても急に「今日はダメになった」と連絡が入ることがあります。そんなときは残念そうな言動をしたり強引に次の約束を取り付けたりせず「わかった」などソフトな返信をしてこれまでと変わらない接し方を心がけましょう。デートで連れていってあげたいところはあるけれど「○○へ行ってみない?!」とソフトに誘うようにしましょう。

告白をしてOKをもらってもすぐに触れません。まずはカップルとしての信頼関係を築き彼女の表情をよく見て手をつないでも大丈夫なタイミングを読み取りましょう。交際していたら彼女のそういった態度はわかるものですよ。

一緒に居るときにしてほしくない言動

交際が始まり、一緒に過ごしているときに軽率に取った行動がきっかけで彼女を怯えさせ連絡を絶たれる、これまでしてきた努力が台無しになることがあります。

  • 舌打ち
  • 強引な引っ張り
  • 店員に傲慢な態度
  • 弱い立場の人を見下す言動

物事が上手くいかないときに癖で舌打ちをしてしまう人がいますが、舌打ちは闇の部分を見てしまったような嫌な気分になります。また、テンションが上がっているときや少し苛立っているとき彼女を強引に引っぱってしまうことがあります。一般的な女性なら「なにイラついてんの?!」と言えますが彼女はあなたが怖くなって言葉を発することができなくなります。さらに店員さんに文句を言ったり弱い立場の人を見下すような言動をしたりすると培ってきた信頼を一気に失うことにつながりかねません。目的があって出かけている場合、早く行動したいし時にはイライラすることもあるけれど、彼女にとって居心地が良い男性になるにはゆっくりとした時間を演出しなくてはなりません。

時間をかける

一般的な恋愛では何度かデートをすると肉体関係を迫りますが男性が怖いと思っている彼女に関してはそう上手くはいかず、彼女の気持ちを考え手をつなぐタイミングから考えなくてはなりません。気に入らないことがあったら感情をぶつけ言いたいことを言い合えば良いです。しかし男性が怖いと思っている女性にとってケンカは怖いもの、不満があっても上手く伝えることができません。そのことにイライラすると関係はこじれせっかく交際を始めたのにすぐに終わってしまいます。彼女の気持ちを理解して時間をかけた恋愛をすることが大切です。

登録するだけで恋人が出来た!

【2018年版】おすすめの出会いアプリ・サイト【出会い系ランキング】

マッチングアプリ、出会いサイトって男女とも登録無料でお試し利用が出来るの知ってますか?

登録も超簡単!

アプリをダウンロードするだけですぐに使えます。

恋愛・婚活・遊びなど様々なアプリがあるので、自分に合ったアプリを探してみましょう!

Sponsored Link

-彼氏・彼女の作り方

Copyright© 出会いの定石 , 2018 All Rights Reserved.