大人の恋愛

オナ禁をするとモテるようになるってほんと?完全版オナ禁効果ガイド

更新日:

「オナ禁をするとモテるようになる」男性の方なら一度は聞いた事があるのではないでしょうか?
でもこれって本当なのか嘘なのか気になりますよね!

オナ禁でモテるようになるならすぐにでも実践したい!という方もいると思いますので、今回は「オナ禁をするとモテるようになるってほんと?完全版オナ禁ガイド」というタイトルでお送りしたいと思います!

オナ禁であなたの人生が変わる...かも?!

まずはオナ禁について正しく知ろう!

男性であれば(きっと女性もですが)オナニーをした事がない人、まったくしない人というのはいないのではないでしょうか?
性欲は人間の3大欲の1つですから、オナニーするという行為自体は決して悪い事ではありません。
オナニーをする事で、ストレスから解放されたり、性欲を発散して気分爽快になったりする事だってありますよね。
そもそもセックスをする機会がなければ、オナニーで射精するというのはごくごく自然な事です。

しかし!オナ禁によって人生が変わった、女性にモテるようになった!という男性がたくさんいるのです。
そこでこの項では、そんなオナ禁についての知識を一緒に深めていきましょう。

オナ禁とは?

オナ禁を知らない方はいないと思いますが、念のためオナ禁について簡単におさらいしておきましょう。

オナ禁というのは読んで字のごとく「オナニーを禁ずる」事です。
そう、オナニーをやめる事を「オナ禁」と言います。
「なんでやめる必要があるの?!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、オナ禁には驚きの効果があるのです。

次の項では、オナ禁によって得られる効果、そしてメリットとデメリットについて詳しくお話していこうと思います!

オナ禁は本当に効果がある?驚きのメリットとは?

先ほども少し触れましたが、オナ禁には様々な効果があります。
よく考えてみてください。
もしオナ禁に何の効果もメリットもなかったら、誰がやめようなんて思うでしょうか?
手軽に性欲を解放でき、なおかつ気持ちいいのですから...つまり、オナ禁には快感と引き換えにする価値があるほどのメリットがあるという事です。

ここではオナ禁を実践して得られるメリットをご紹介していきます。

  • 肌荒れ改善
  • 薄毛予防
  • 筋肉アップ
  • 容姿の変化
  • 集中力アップ
  • 精神の鍛錬
  • 時間有効利用
  • モテ度アップ

①肌荒れ改善

肌が綺麗というだけで女性って美しく見えますよね。でもそれは女性に限った事ではないんです。
男性だって、吹き出もののないツルンとした肌は魅力的です。
女性によっては、肌荒れしている男性は清潔感がなくてNGという人もいるくらいです。

②薄毛予防

男性の中には若くても薄毛に悩む方は少なくありません。
薄毛に関しては遺伝による部分も大きいのですが、オナ禁をする事で薄毛予防につながるのです。
これはかなり大きなメリットだと思いませんか?

③筋肉量アップ

男性と女性の身体の違いの中でももっとも顕著なのが筋肉量です。
筋肉量が少ないと、どうしてもナヨっとした女性的な身体つきに見えますね。
オナ禁をすると、身体全体の筋肉量がアップしますので、男らしい魅力的な身体つきになります。

④容姿の変化

オナ禁をすると体型だけでなく「顔つきが変わる」と言われています。
これは後程詳しくご説明しますが、体内の男性ホルモン「テストステロン」量を一定量キープする事で、浮腫みの原因となる「ジヒドロテストステロン」の分泌が抑えられるからです。
浮腫みが取れる事で、目のまわりがスッキリして、二重になったり顎のラインがスッキリしてシャープな顔立ちになったりと嬉しい容姿の変化が期待できるのです。

⑤集中力アップ

オナ禁をすると得られるメリットの中に「集中力アップ」というものがあります。オナ禁をすると頭の中の前頭葉という部分が鍛えられます。
前頭葉というのは、まさに集中力をつかさどるパーツ。
前頭葉を鍛える事で、集中力がアップし、仕事の効率もよくなると言われているのです。

⑥精神の鍛錬

オナ禁をすると精神が鍛えられます。なぜなら、オナ禁を課すというのは、自分の欲求を押さえる、つまり自我との闘いだからです。
自我を抑制する事で精神の鍛錬になり、それは自分の滞在能力をアップさせる事にもつながると言われています。

⑦時間の有効利用

あなたは一回のオナニーにどれくらいの時間を使いますか?10分?20分もっとでしょうか?

仮に一度のオナニー所要時間を20分とします。毎日1日1回のオナニーを一か月続けたら、20分×30回(平均)でなんと600分!

そう、10時間です。

つまりオナ禁をすれば、10時間別の事に使う事が出来るのです。

勉強したり、仕事の準備をしたり、セカンドワークをしたり...時は金なりという言葉がありますがその通りですね!

⑧モテ期到来

女性にモテるようになる、というのは恐らくオナ禁をするメリットの上でもっとも興味深いものではないでしょうか?
これは、今回のメインテーマでもありますので別項で詳しくご紹介させていただきますね!

このように、オナ禁で得られるメリットは実に多様です。

しかもこれらのメリットは医学的根拠に裏付けされたものなのです。
オナ禁の鍵は「テストステロン」という男性ホルモンにあります。

これも後程別項で、詳しくご説明していきたいと思います。

オナ禁にはデメリットもあるって本当?

さてここまでは、オナ禁をする事で得られるメリットをご紹介してきました。
しかしオナ禁に限らず、物事にはメリットがあればデメリットもあるものです。
コインに裏表があるように...。
そこでこの項では、オナ禁のデメリットについてもお話しておこうと思います。

オナ禁のデメリットとして考えらえる事を簡単にまとめてみました。

  • ストレス
  • 前立腺がんの罹患率
  • 薄毛進行ペニスの退化
  • 精子の質低下

 

①ストレス

 

オナニーを中毒レベルでしている男性にとって、いきなりオナニーを禁じる行為であるオナ禁は過度のストレスを引き起こす可能性があります。
どこからがオナニー中毒かと言われると難しいところですが、毎日2回以上のオナニーを欠かさないという人は、中毒レベルと言っても過言ではないのではないでしょうか。
そんな方がいきなりオナ禁をすると、セックスする相手がいる場合を除いて、ストレス過多になる可能性が高いのです。

②前立腺癌の罹患率アップ

近年罹患者が増えている「前立腺癌
アメリカの医療専門家たちの研究によると、頻回オナニーが前立腺ガンの成長を遅らせるというのです。
詳しい研究結果を要約すると以下のようになります。

・ 20歳~29歳の男性が毎月21回以上射精したグループ、毎月4回~7回射精した同年齢の男性グループと比較して前立腺癌発症のリスクが19%低くなる
・ 40歳~49歳の男性が毎月21回以上射精したグループ、毎月4回~7回射精した同年齢の男性グループと比較して前立腺癌発症のリスクが22%低くなる

(引用:https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/198487)※英文

つまり週5日程度オナニーをする男性は、週1,2回の男性に比べ前立腺癌罹患率がダウンするという事です。
ただし、これはあくまで「統計」です。

射精回数がポイントだと思われますので、オナニーでなくてもセックスによって射精の機会があれば問題ない、という事になりますね。

③長期間のオナ禁による薄毛

オナ禁のメリットをご紹介した項で「オナ禁には薄毛予防効果がある」とお話ししたばかりです。
なので「え?逆じゃないの?」と思われた方もいらしゃるでしょう。
しかし、薄毛リスクは長期のオナ禁によるものです。
すべては、男性ホルモン「テストステロン」が理由です。

このテストステロンと対で考えるべき存在である「ジヒドロテストステロン
この二つは常に体内でバランスを取り合っています。
そのバランスが崩れジヒドロテストステロン過多になると、薄毛が進行し、体毛が薄くなるのです。
オナ禁は、長期であればあるほど効果がある!と断言しているサイトもありますが、実はそれは正しくない可能性が高いのです

④ペニスの退化

男性にとってプライドの象徴とも言われているほど大切なペニス。
オナ禁をすると、朝勃ちだけではなく、ふとした瞬間に勝手にペニスが勃つという経験をされる方も多いかと思います。
それはペニスが本来の機能を失わない為の「本能」だというのです。その本能を根本的に否定してしまう行為が「長期間のオナ禁」です。

なんでも長期間をペニスが使わないと、脳がペニスを必要のないものだと認識しどんどん退化してしまうのです。
わかりやすく言うとペニスが小さくなる!という事なんですね。

ただこれも、オナニーはしなくてもセックスしていれば問題がないわけですので、そこまで深刻に捉える問題ではないと思いますが、セックスする機会がないからオナニーをしている...そんな男性にとっては大問題かもしれません。

⑤精子のクオリティ低下

近年、不妊症で悩む女性が増えてきている事はご存じですか?
しかしこれは女性サイドのみの問題ではないのです。
最近の若い男性の精子の質、つまりクオリティの低下が深刻視されているからです。
これには、添加物の摂取、ストレス過多、不規則な生活、電磁波、いろいろな原因が考えれますが、長期オナ禁もその理由になり得るのです。
ペニスの退化と同じように、長期間射精をしないと脳は「精子は作る必要がないモノ」と認識してしまい、精子の量自体が減少します。
さらに精子を溜め込む事で、その質、つまりクオリティも低下すると言われているのです!

どうですか?

オナ禁はメリットばかりが語られる事が多いですが、このようなデメリットも存在するんですね。
しかし、これらのデメリットはいずれも「長期オナ禁」によって起こり得るものです。
ですから、正しい方法で適正期間のオナ禁を行う分には問題ありませんので、その点は安心してくださいね!

また、精子を溜め込みすぎると精子の質(運動率)が低下してしまう。

オナ禁の理想的な期間は?3日?1週間?それとも一か月?

さて、オナ禁は長期に渡って行うとデメリットがある事がおわかりいただけたかと思います。
つまり、オナ禁は適正期間内で行うべきなんですね。

しかし、オナ禁の理想的な期間というのはどれくらいなのでしょうか?

もちろん個人差はあるかと思いますが、一般的に理想的なオナ禁期間は「7日」つまり一週間と言われています。

さきほどから何度も登場している「テストステロン」この男性ホルモンはオナ禁を語る上で欠かせないものです。
なぜなら、オナ禁によるメリット、デメリットはすべてこのテストテロンの分泌量によって決まるからです。
テストステロンについては、後に詳しくご紹介させていただきますが、テストステロンの量を最適に保つ事が出来る期間が1週間なのです。

男性ホルモンの研究家がある実験を行いました。

それは、7日ごとにオナニーをするグループとオナニーをしないグループに分けてそれぞれのテストステロンの平均値をグラフ化する、というものです。
その研究結果を簡単にまとめると以下のようになります。

•7日ごとにオナニーをしているグループは、7日後に再びテストステロンの数値が上昇した。
•ずっとオナニーをしないグループは、7日後に一度はテストステロン値が上昇するもののその後はび上昇することはなく低数値をキープし続けた。

つまりオナニーを7日ごとにすればテストステロンの分泌が促進されオナ禁の効果を最も感じる事が出来る、という事なんですね!

ですから、オナ禁の理想的な期間は「1週間」なのです!

オナ禁中に夢精!これはリセット?

「オナ禁をリセット?何それ?」と思われた方もいると思いますが、リセットというのはその名の通り、オナ禁中にオナニーをしてしまい、オナ禁期間のカウントがゼロに戻る事です。

オナ禁の理想的期間は1週間ですが、オナニー中毒レベルの方にとって(セックスなし)でオナ禁1週間というのは、かなりキツイかもしれません。

「夢精」というと、まるで思春期の少年の特権?のようですが、成人男性でも夢精する事はもちろんあります。
意図して行わなくても射精は射精、夢精をしてしまうとオナ禁はリセットされてしまうのでしょうか?
答えはNoです。

意志が関わっていない=制御不可能、という事で、オナ禁中に夢精してしまってもそれはノーカウントです。

リセットにはならないので安心してくださいね!

この項では、オナ禁のメリット、デメリット、そして適正期間などオナ禁の基本的知識と呼べるのを詳しくお話しさせていただきました。
少し前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。
「オナ禁をするとモテるようになる」は真実なのでしょうか?

「オナ禁をするとモテるようになる」は嘘か本当か?

 

今回のメインテーマでもある「オナ禁をするとモテるようになる」ですが、これは紛れもない真実です。
つまり本当なのです!

この項では、オナ禁とモテ度の関係を医学的根拠をまじえながら詳しくご紹介していきたいと思います!

オナ禁をすると女性にモテるようになる?医学的根拠はあるの?

オナ禁、というよりもオナニーを語る上で欠かせない存在、それが「テストステロン」です。
この名前は先ほどから何度も登場しているのですでに耳ダコという方も多いと思いますが、非常に大切な事なのでしっかりお話しさせていただきますね!

テストステロンは男性ホルモンの一種ですが、男性を支配しているとも言える重要な物質です。

テストステロンは、骨や筋肉の強化や維持を始め、血液生成、動脈硬化の予防、メタボの予防、さらには認知機能などに役立つことが近年の研究によって明らかになっています。

テストステロンの分泌量が最適だと、男性として、オスとしての魅力が最大限に発揮されます。
身体的な魅力があるという自信が、女性へのセックスアピールそのものになったり、積極的にアプローチするための後押しになることは間違いありません。

最適期間、つまり1週間のオナ禁によって、体内のテストステロン値が最適に保たれる事は、医学的に明らかになっていますね。
テストステロンが最適量に保たれる事で、男性としての魅力が高まるため、結果的に女性にモテやすくなる、というわけです。

オナ禁をするとモテるようになる、は決して都市伝説ではなく医学的根拠に裏付けされた「事実」なんですね!

意味ないオナ禁があるってホント?効果ないオナ禁とは?

オナ禁のメリットがこれだけあるとなると「自分もさっそくオナ禁!」と思われた方も多いと思います。
しかし、適正期間を守ってオナ禁する、これだけでは効果が出ない事もあるのです。
つまり意味のないオナ禁です。

これはどんなオナ禁かと言うと...「エロい妄想をしながらのオナ禁」です。
オナ禁=射精しない、ではないのです。
寸止めオナニーなどはもちろん例外ですが、実は男性というのはエロい妄想をしただけで「ジヒドロテストステロン」が分泌されるように出来ています。

テストステロンの分泌を抑制してしまう働きをするので、せっかくのオナ禁の努力が無駄になってしまうのです!
テストステロンが善ホルモンであるとすれば、ジヒドロテストステロンは悪ホルモン、と言っても過言ですらないでしょう。

また、過度のストレスを感じるオナ禁は、ストレスによって日常生活に影響を及ぼす事も。
イライラして仕事も勉強も手につかない、他人に対して寛容になれない、性格が荒ぽくなる、このような症状が見られたら、オナ禁はリセットするのが賢明です。
意味のないオナ禁ほどもったいないものはありません!

効果のないオナ禁は、痩せないダイエットと同じようなものです。

ですから、オナ禁中に、エロイ妄想が止まらない、ストレスがすごい!という方は、一度オナ禁を見直した方が良いという事ですね。

【雑学】オナ禁を実践していた著名人・有名人

 

オナ禁には女性にモテるようになるだけでなく様々なメリットがある事はすでにおわかりになっていただけたかと思います。
でも本当にオナ禁って効果あるの?

そんな懐疑的なあなたのために、ここではオナ禁を実践して偉業をなしえた歴史的人物をご紹介しておきたいと思います。

アメリカの初代大統領・ジョージ・ワシントン
作曲家・ベートーベン
ドイツの独裁者・ヒトラー

彼らの名前を知らない方はいないと思いますが、みなオナ禁実践者です。
オナ禁というのは、性欲に振り回されず、自我を上手にコントロールするという事です。
これができた彼らは、自分が取り組むべき事に、自分が持つエネルギーすべてを注ぐ事が出来た...という事なのかもしれませんね。

あなたも彼らにならってオナ禁をすれば、自分さえもしらなかった能力を発揮して偉人の仲間入りが出来る...可能性はゼロではありません!

どうしてもオナ禁出来ないあなたへ!正しい方法と成功させるコツを伝授!

さてここまでこの記事を読んでくださった方の中には、実はオナ禁にチャンレンジした事がある!という方もいらしゃるのではないでしょうか?
でもダメだった...どうしてもオナ禁出来ない、そんな方のために、この項ではオナ禁成功のコツを正しい方法と一緒にご紹介していきます。

  • 性欲刺激アイテムの排除
  • ストレス発散
  • 長期オナ禁には挑まない
  • 筋トレ
  • 亜鉛アプリ
  • 禁オナ日記

1.性欲を刺激するものを排除

オナ禁をするという事は、性欲を抑え込むという事です。
ですから、オナニーしたくなる環境を変える事が何より大切です。
自分の部屋にあるエロ雑誌やグラビア、AV、そしてスマホの中のエッチな動画など、性欲を刺激するものは一切排除するようにしましょう!

必ずセックスに持ち込める自信がないのであれば、オナ禁期間中の合コンへの参加も見合わせるのが賢明です。
先ほどもお話しましたが、オナ禁中のエロイ妄想はNGです。
妄想で済めばまだいいですが、オナニーしてしまう可能性もゼロではないので、女性との接触も考えもの...かもしれません。

2.ストレスを溜めない

オナ禁をするという事は、性欲を抑えるだけでなく、好きな事を我慢しているという一種のストレスです。
ストレス過多の状態になると、日常生活にも支障が出る事があります。
空気を入れすぎた風船はいつかパンクします。

そうならないように、ストレスをなるべく溜めないようにするのもオナ禁成功のポイントです。
身体を動かすと、性欲やエロイ妄想から解放されますし、適度な運動はストレス発散に最適です。

また、何かに集中するという行為もストレス発散に効果的なので、没頭できる趣味を見つけるとよいですね!

3.長期オナ禁には挑まない

「オナ禁は長期であればあるほど効果も大きい」
こんな説がありますが、これは間違いです。

オナ禁の適正期間が1週間である事は、体内のテストステロン量が裏付けしています。
よくオナ禁1か月目にリセット...なんて話を聞きますが、オナ禁は1週間出来れば大成功なのです!
長期オナ禁はデメリットがメリットを上回る可能性があるので、行う必要はありません。

これまで長期オナ禁に挑み失敗した(と思っていた)方は、実はオナ禁の勝者なのです。
1週間オナ禁で来たらご褒美にオナニー!と思っていて間違いないでしょう!

4.筋トレをする

オナ禁中に筋トレをするメリットは2つあります。

・適度に体を動かす事でストレス発散になる
・筋肉量がアップする事でテストステロン量がアップする

つまり筋トレには相乗効果があるのです。
逆に、筋トレを成功させるために、オナ禁を取り入れる人がいるくらいなんですよ。
1週間サイクルのオナ禁に週2~3回の筋トレを加えましょう。

筋トレといっても難しいことばありません。
お風呂あがりにスクワット、これも立派な筋トレです。
また、高タンパク質の食品を多く取り入れると、より筋トレの効果が大きくなります。

5.亜鉛サプリを摂取

 

最近はサプリメントがプチプラでコンビニやドラッグストアで簡単に買えますね。
毎日の食生活だけでは十分な量が摂取出来ない成分をピンポイントで摂れるという事で、愛用している方も多いのではないでしょうか?

オナ禁中の方には「亜鉛」サプリがオススメです。

亜鉛はテストステロンの分泌量を増やしてくれる働きがある他に、滋養強壮、スタミナアップ効果も期待できます。

精力剤と言われるものには、ほぼすべてに亜鉛が含まれています。
もちろん食品からの摂取も可能ですが、サプリの方が気軽にそして確実に摂取出来ます。
セックスパートナーがいる方の場合、彼女をより悦ばせるセックスが出来るようになる...という嬉しいオマケつきですよ!

6.オナ禁日記をつける

「レコーディングダイエット」というものをご存じですか?
それは、自分が食べたものを詳細を書きこむというダイエット方法です。
これによって、自分がどんな時に何を口にしたかがわかるだけでなく、モチベーションがアップするので成功率がアップすると言われているんです。
ダイエット日記に「チョコを食べた」なんて書きたくないですからね。
オナ禁も同じです。

オナ禁中にオナニーしてしまったらそれを書き込まなければいけません。

この行為を「自分に負けた」と捉え、次回オナ禁のモチベーションがアップするんです。
また、どんな状況で性欲に負けオナニーしてしまったかを把握するためにも非常に有効です。

これまで何度かオナ禁にトライしたけれど、どれも失敗に終わったという方。
これからオナ禁をする予定がだが自信がないという方はぜひこららのポイントに沿って実践してみてください。
かなり成功率がアップするはずですよ!

まとめ

いかがでしたか?
今回は「オナ禁をするとモテるようになるってほんと?完全版オナ禁ガイド」というテーマでお送りさせていただきました。

オナ禁するとモテるようになる、を都市伝説だと思っていた方、医学的根拠がある事に驚かれたのではないでしょうか?

実際にオナ禁をして、男性としての魅力がアップし、女性にモテるようになったという人は後を絶ちません。
今よりもっとモテたい方、自分を変えたいという方はだまされたと思ってオナ禁を試してみてください。

本文中でも書きましたが、いきなり大きい目標をかかげるのはNGです。
毎日オナニーしている人がいきなり1か月オナ禁というのは無謀ですから、まずは「今日一日オナニーしない」ここから始めましょう。

しかも、長期オナ禁はメリットよりデメリットが大きくリスキーな上に非効率的です。

オナ禁の理想期間は1週間。

1週間オナニーを我慢するだけで、8日目にはあなたは自分の変化に気がつくはずです!

ぜひあなたもオナ禁を実践して
モテまくりましょう。
そうすれば、セックスに忙しくオナニーをしたいとも思わなくなります。
というより、オナニーの存在なんて忘れてしまうかも!

オナ禁には、モテ度アップ以外にもたくさんメリットがありますので、自分を変えたい、今の自分から脱却してデキる男になりたい!そんな方は、さっそく明日、いえ、今日からでもオナ禁を始めましょう!

 

登録するだけで恋人が出来た!

【2018年版】おすすめの出会いアプリ・サイト【出会い系ランキング】

マッチングアプリ、出会いサイトって男女とも登録無料でお試し利用が出来るの知ってますか?

登録も超簡単!

アプリをダウンロードするだけですぐに使えます。

恋愛・婚活・遊びなど様々なアプリがあるので、自分に合ったアプリを探してみましょう!

-大人の恋愛

Copyright© 出会いの定石 , 2018 All Rights Reserved.