出会いアプリの評判口コミ

ペアーズのブロック機能!した時された時や非表示機能は?確認する方法

更新日:

Pairsにも、SNSのようにブロック機能があります。そのため「ちょっと嫌だな」と思ったらブロックできたり、逆に相手からブロックされることもあります。

今回は、Pairsのブロック機能について、ブロックの方法や、ブロックした時された時の表示、非表示機能との違いなどをご紹介します。

 

ペアーズのブロック機能

Pairsには、特定の相手とのやり取りを拒否する「ブロック」という機能があります。SNSなどを利用している人はご存知だとは思いますが、ブロックすることによって、自分から相手の状態が見えなくなり、相手からもこちらを見ることができなくなる機能です。

相手をブロックする

メッセージのやり取りをしていて嫌な気分になり、もう関わりたくないな、と感じたときには、ブロック機能を使いましょう。

ブロックすることによって、苦手な相手とのやり取りした履歴は全て削除され、プロフィールを見ることも、見られることもなくなります。

男女関係のトラブルはよくあることなので、我慢せずにブロック機能を使って、苦手な相手とのやり取りをストップしましょう。

相手からブロックされる

相手に事情があった場合、相手からブロックされる可能性があります。ブロックされたのかどうかを「された側」が知ることはできません。ただ、相手がブロックしたにせよ、退会してしまったにせよ、もうやり取りできないということなので潔く諦めましょう。

ペアーズのブロック機能の使い方

ペアーズでブロックしたい相手が現れた場合、我慢せずにブロック機能を使いましょう。ここでは、Pairsのブロック機能の使い方をご紹介します。

ブロック機能の使い方

ブロック機能の使い方は簡単です。スマホの場合は、相手のプロフィールを開き、右上のメニューから「非表示・ブロックの設定」をタップします。「自分とお相手の画面に、お互い表示されないようにしたい」を選択すれば完了です。

パソコンからアクセスした場合も、相手のプロフィール画面から「表示設定」を選択し、「ブロック」を選択すれば、ブロック完了です。

ブロック機能を使ったときの相手への表示

こちらから相手をブロックした場合、相手側にはどのように表示されるのでしょうか。主に以下のように表示されます。

  • 「退会済み」と表示される
  • プロフィールは表示されなくなる
  • 検索結果に表示されなくなる
  • 「いいね!」リストから消える
  • 今までの足あとが消える
  • 送信済みメッセージが消える

このように、相手側からは、まるで退会したかのような表示に見えます。実際、退会しても同じように表示されるため、相手は「退会したんだろうな」と感じるでしょう。

相手にバレる可能性は?

ブロックしていることが相手にバレる可能性はゼロではありません。たとえば、相手が複数のアカウントを所持していた場合、一方のアカウントをブロックしていても、もう一方のアカウントで検索してプロフィールが表示される可能性があります。

ただし、このように相手が複数のアカウントを所持している場合に限られるので、基本的にひとつのアカウントのみを使用している人にはバレることはありません。

もし、どうしても相手にバレたくない、という場合はペアーズにある「プライベートモード」という有料オプションを利用することによって、相手側が検索しても表示されない設定にすることができます。

プライベートモードをONにしておくことによって、不特定多数の異性からのプロフィールの閲覧ができなくなります。相手が別のアカウントを持っていて、ブロックがバレるかも、という不安がある場合に利用しましょう。

誰でもブロックできる?

ブロックできる対象者は、表示されるすべての人です。関わったことがない人でも、メッセージのやり取りをしている人でも、ブロックすることができます。

たとえば「検索していたら知り合いの男性を見つけてしまった!」なんて時は、気づかれる前にブロックしておくと安心です。

ブロックではなく違反報告する

また、相手から嫌がらせを受けた、卑猥なメッセージばかり送られてくる、などの迷惑行為があった場合は、ブロックする前に、ペアーズ運営側に違反報告をしましょう。ブロックしてしまうと、相手のプロフィールが見れなくなるため、違反報告ができなくなります。

ペアーズは、24時間365日監視体制で運営していますので、報告があるとすぐに調査します。内容に応じて運営側で対策するので、相手の挙動がおかしいと感じたら違反報告も検討しましょう。

ブロックする時の注意点

ブロック機能を使用する前に、注意しておかなければならない点がいくつかあります。ブロックしたいな、と思ってもしっかり考えてから実行しましょう。

ブロックは解除できない

一度ブロックしてしまうと、二度とブロックは解除できなくなりますSNSのように「今だけちょっとブロックしておいて、あとで解除しよう」ということはできません。そのため、ブロックを実行する際は、よく考えてから実行しましょう。

メッセージは全削除される

ブロックをしてしまうと、今までやり取りしたメッセージは全て削除されてしまいます。ブロックしてから「メッセージを見直してみよう」ということはできません。自分から送信したメッセージも、相手から送られてきたメッセージも見れなくなってしまうので注意しましょう。

お互いに全て見れなくなる

ブロックすると、お互いに全てが見れなくなってしまいます。相手側からは「退会済み」の表示になってしまいますし、こちらからもブロックした相手のプロフィールは表示されなくなってしまいます。「ブロックしておいて、こちらから相手をこっそり覗く」ということはできませんので注意しましょう。

非表示とブロックの違い

ペアーズには、ブロック以外に「非表示」という機能があります。非表示とは「自分から相手のプロフィールを見えない状態にする」機能です。相手からは今まで通り見える状態です。

自分の画面には表示されない

ブロックするほどではないけどあまり関わりたくない、という場合は、非表示という機能がおすすめです。非表示は、自分の画面に相手のプロフィールが表示されなくなる機能です。

そのため、相手からメッセージや「いいね!」が届くことはありますし、相手からプロフィールを見られることになります。相手から隠れるのではなく、自分に目隠しをするような機能です。

非表示はいつでも解除できる

非表示はブロックと違い、いつでも解除できます。メッセージや「いいね!」も消えることなく残っているので、またやり取りを再開する予定がある場合は、非表示を利用しましょう。

非表示はバレない

相手に「非表示にしている」ということはわかりません。相手には通常通り表示されています。ただし、メッセージへの返信がない、ということであれば「無視されているのでは?」と感じることがあるかもしれません。

退会とブロックの見分け方

ブロックすると、相手側には「退会済み」と表示されます。では、ブロックされた側から見て、相手が本当に退会したのか、それともブロックしたのかを見分ける方法はあるのでしょうか。

結論から言えば、見分けることはできません。現在は、ブロックした人も同様に「退会済み」として表示されるため、ブロックされた側から見ると、退会済みとしてしか表示されないからです。

ただし、先程もご紹介したように、ペアーズに別のアカウントを取得し、相手を検索する方法で確認することはできます。検索して相手のプロフィールが表示された場合は、退会ではなくブロックされた、ということになります。

ブロックや非表示にされない方法

ブロックや、非表示にされたくない、という場合、どのようにすればいいのでしょうか。ペアーズの機能としては、ブロックや非表示を回避する方法はありません。そのため「相手から嫌われないこと」が、唯一の対策です。

相手に嫌われないように振舞う

ペアーズでは、主にメッセージ交換をする、というやり取りをします。この時、相手に不快感を与えるメッセージを送る人は、ブロックや非表示の対象になりやすいです。

相手に不快感を与えないとは、自分よがりの言動を控えたり、相手への興味を示したり、相手の事情に配慮するということです。男性の場合、自慢話が多い人や、過去の女性関係について語る人は嫌われやすいです。女性の場合は、不幸話をすると嫌われます。

精一杯、不快感を与えないように接したつもりでも、相手の都合によってブロックや非表示にされてしまうパターンもあるので、誰かひとりにこだわらず、様々な人とメッセージ交換をしましょう。

ブロックされる主な理由

なぜブロック機能があるのか、と言えば、ブロックしなければいけない相手が現れる可能性があるからです。では、実際にブロックされる主な理由は、どんなものなのでしょうか。

アプローチがしつこい

男女問わず、気に入った相手に対して熱烈にアプローチすることがあります。しかし、お互いに温度差があり、アプローチに応えられない場合はブロックすることがあります。やんわり断っても気づいてもらえない場合や、トラブルになりそうな場合はブロックします。

嫌なメッセージが送られてくる

異性に対して冷たい態度の人や、差別的な扱いをする人がいます。直接的な中傷表現でなかったとしても、言葉によって傷つく人もいます。「この人のメッセージ、なんだか嫌だな」と感じたことがきっかけで、ブロックすることがあります。

知り合いを見つけた

検索をしていて、実際に知り合いを見つけてしまった場合、ブロックすることがあります。婚活していることを周囲の人に知られたくない、などの場合に使います。家族や友人知人、職場の関係者など、リアルの知り合いとの遭遇は避ける人が多いです。

以上が主にブロックの理由とされるものですが、それ以外にも「興味がないから」や「関わりたくないと思ったから」など、その人の主観でブロックする場合もあります。もしブロックされたとしても単純に「相性が悪かったんだ」と思って諦めた方がいいでしょう。

Pairs(ペアーズ)でブロックする際は慎重に

ペアーズのブロック機能はとても便利です。簡単に行えるので、難しい操作は必要ありません。しかし、一度ブロックしてしまうと解除できず、自分からも相手からも見えなくなってしまうため、ブロックするときは慎重に行ったほうがいいでしょう。

ただし、最近はシステムが変わり、相手には全て「退会済み」と表示されるようになったため、ブロックしていることがバレにくく、婚活、恋活がしやすくなりました。ペアーズで使用できる機能を使って、楽しくお相手探しをしましょう。

 

登録するだけで恋人が出来た!

【2018年版】おすすめの出会いアプリ・サイト【出会い系ランキング】

マッチングアプリ、出会いサイトって男女とも登録無料でお試し利用が出来るの知ってますか?

登録も超簡単!

アプリをダウンロードするだけですぐに使えます。

恋愛・婚活・遊びなど様々なアプリがあるので、自分に合ったアプリを探してみましょう!

-出会いアプリの評判口コミ

Copyright© 出会いの定石 , 2018 All Rights Reserved.