出会いアプリの評判口コミ

ペアーズ「つぶやき機能」使ってる?つぶやきでライバルに差をつける

投稿日:

Pairsを利用している人は、一度は「これはなんだ?」と気になったことがあるのではないでしょうか。もちろん、出会いの確率をアップさせるために、きちんと活用している人もいますよね。

今回は、Pairsの機能のひとつ「つぶやき機能」についてご紹介します。つぶやき機能とは、Pairsでプロフィールを設定するときに入力できる「フリーコメント欄」です。

自己紹介文とは別に表示され、詳しいプロフィールに入る前の段階で表示されるため、ライバルとの差別化をはかることができます。今回は、つぶやき機能の使い方、上手に活用する方法についてご紹介します。

つぶやき機能の使い方

まずは、つぶやき機能はどのように利用すればいいのかについて、解説します。つぶやきを編集するためには、自分のプロフィール編集ページに入る必要があります。プロフィール編集画面を開きましょう。

つぶやきを編集する

プロフィール編集画面の中に「つぶやき」のコーナーがあります。この「編集」を選択し、編集します。つぶやきは、必ずPairs運営側がチェックし、許可してから掲載されますので、書き込む内容は吟味しましょう。

つぶやける文字数は、全角4~24文字(小文字も使える)とかなり短いです。短い理由は、プロフィール検索の時、写真と一緒に一覧に表示されるからです。異性は、顔写真と短いつぶやきを見て選んでくれることになります。

つぶやきの注意事項

Pairsでは、つぶやきの内容を審査します。そのため、もし内容に不備があった場合は掲載を見送られてしまいます。以下のようなつぶやきは規約違反となるため、ご注意ください。

  • 第三者が特定が可能な居場所(今◯◯にいます)や勤務先(◯◯店)など
  • メールアドレス・電話番号、他にも本名(フルネーム)や住所、URLなど個人につながる連絡先
  • 猥褻な言葉、差別用語、薬物用語、不作法な言動言葉遣いなど(隠語も含む)
  • 商業的利用を目的とした広告、または政治的な広告、宗教的な勧誘など
  • 性行為、又は売春等への誘い
  • 複数のパートナー若しくは追加のパートナーを誘う行為
  • 18歳未満でのご利用と判断・推察される内容
  • 既婚者である方のご利用と判断・推察される内容
  • その他、Pairs(ペアーズ)の利用規約に違反する内容

頻繁に変更できる?

つぶやき、と聞いてSNSを思い浮かべる人もいると思います。確かに、つぶやきは、その日の気分などで変更することもできます。ただし、変更できるのは「1日3回まで」です。もちろん、変更するたびに、Pairs運営が審査します。

ただ、この機能を余すことなく利用したい人は、毎日3回変更してこまめに更新することで、積極的に婚活していることをアピールすることができます。

使用しなくてもいい?

つぶやき機能は強制ではありません。そのため、表示させないこともできます。しかし、たくさんあるプロフィールの中から選んでもらうときに、つぶやき機能が非表示だと目立たず、そのままスルーされてしまう可能性が高いです。

どうしても使用したくない、面倒だから非表示でいい、という場合は削除(または入力しない)してもいいですが、積極的に婚活恋活している人は、何か一言必ず表示させるようにしましょう。

つぶやき機能はどこに表示される?

つぶやき機能とは、異性から見たとき、どのように表示されているのでしょうか。相手はつぶやきを見ているのでしょうか。

つぶやきが表示される場所

つぶやきは、プロフィール検索をすると、写真の下に「ふきだし」で表示されます。ふきだしとは、マンガで言うセリフの部分です。そのため「写真の人がこんなことを言っているよ」という感じで表示されます。

たくさんプロフィールが表示される中、そのままスルーされてしまうことも多いですが、つぶやきでうまく目立つことができれば、プロフィール詳細まで読んでもらえる確率が高くなります。

異性はつぶやきを見ている?

たった24文字、ということであまり重視していない人が多いのですが、Pairsの調査によると、利用者の約7割が「つぶやきを見ている」と答えました。つまり、つぶやきで良い印象にしておくことで、プロフィール閲覧へのステップに繋がっている、ということです。

写真だけではインパクトがない、気さくな雰囲気を出したい、明るい印象にしたい、というときに、つぶやき機能を使うことで、異性にアピールする効果があります。

印象が良いつぶやき

では、相手に良い印象を与えるつぶやきとは、どんなつぶやきなのでしょうか。ここでは、自分のプロフィールに興味を持ってもらえるきっかけとなる「良いつぶやき」をご紹介します。

近況や心境をつぶやく

プロフィール一覧を見ていて多いのが、近況や心境に関するつぶやきです。たとえば「もうすぐ連休だ!楽しみ!」であるとか「最近忙しくて癒されたい」などのつぶやきを見かけます。

これらのつぶやきは「ライブ感」を醸し出す効果があります。つまり「今ログインしているから話しかけてね」であったり「現在、積極的に婚活恋活してます」というアピールです。これをきっかけに、メッセージ交換の話のネタにもなるので、こまめに近況報告のつぶやきを更新しましょう。

意気込みをつぶやく

写真の下に表示されるということで「真面目な出会いを探しています!」であったり「真剣なお付き合いがしたいです!」などの、婚活恋活に対しての意気込みをつぶやくと好感度が上がります。

やはり結婚を前提としたお付き合いを希望している人や、遊びではなく本気で恋愛したい人は、つぶやき機能を使って真面目であることをアピールしましょう。

目立つつぶやき

プロフィール一覧で、写真の下に表示されるということで、あえてメッセージ内容よりも、おもしろくて目立つものを入力する、という方法もあります。たとえば顔文字などを使えば、メッセージよりもインパクトが大きくなります。

ほかにも、ギャグやボケで笑いを誘ってみたり、最近の失敗談などを載せてみることでインパクトのあるつぶやきとなるでしょう。実際に掲載してみて、反応のあるなしでつぶやき内容を変更してみましょう。

恋人に求めること

実際に付き合ったら、彼氏や彼女にしてもらいたいこと、どんなお付き合いがしたいか、またどういう趣味を通じて知り合いたいか、という希望をつぶやく人も多いです。

これを見て「あ、じゃあ私はどうですか?」と手を挙げてくれる人もいるかもしれません。たとえば「料理上手な彼女がほしい」であれば、料理好きな女性がプロフィールを見てくれる可能性は高いです。

「一緒に野球観戦したい」であるとか「猫好きな人と仲良くなりたい」など、具体的な希望を書き込むことで、それに反応してくれる異性もいるでしょう。

印象が悪いつぶやき

逆に「つぶやきに書かないほうがいいこと」があります。つぶやいてしまったばかりに、プロフィールの印象が悪くなり、出会いに繋がらないつぶやきです。ここで紹介する「悪いつぶやき」は真似しないようにしましょう。

ネガティブなつぶやき

「自分なんて」「私でよければ」などというネガティブなつぶやきは、見ている人の気分が悪くなります。ネガティブな雰囲気を出していると、それだけで人は寄り付かなくなるからです。

むしろ、そんなネガティブな発言になるのであれば、嘘でもいいのでポジティブなつぶやきを掲載しておきましょう。また、ネガティブになりそうであれば「はじめまして」や「こんにちわ」「よろしくお願いします」などの挨拶でも構いません。

写真がいくら良い印象であっても、ネガティブ発言で台無しになってしまうケースはよくあるので、ネガティブな発言をするくらいなら発言しない、ということを徹底しましょう。

異性を意識しないつぶやき

つぶやきを見ている人は異性です。Pairsでは同性の友達を作ることはできません。そのため、つぶやきは異性を意識した内容にした方がいいでしょう。

女性であれば、男性のような言葉遣いはしない方がいいですし、男性も他の男性をマウンティングするような内容のつぶやきは掲載しないようにしましょう。

無意味なつぶやき

近況や心境をつぶやくのはいいのですが、相手にとってどうでもいい報告などを載せているとスルーされてしまいます。たとえば「昨日は10時に寝た」「さっき起きた」などのつぶやきでは、相手に何も伝わりません。プロフィールに興味を持ってもらえなくなります。

また、一番多いのが「よろしくお願いします」というつぶやきで、とくに自己アピールがないため、掲載している意味はありません。挨拶全般は無意味なつぶやきです

もちろん規約の範囲内で自由につぶやきを入力することはできますが、誰かが見ている可能性があるので、あまり無意味なつぶやきをして自分のプロフィールの価値を下げるのはやめましょう。

ライバルに差をつけるつぶやき

写真の下に表示されるつぶやきですが、どのようなつぶやきをすれば、たくさんあるプロフィールの中から「選んでもらえるプロフィール」にすることができるのでしょうか。

男性は「さわやかさ」

男性の場合、まるで風が吹き抜けるような爽やかなつぶやきがおすすめです。たとえば「休日はサッカーしてます!」などは、一言だけなのにすごく爽やかな印象です。

なぜかというと、女性に執着している様子が見えないからです。「彼女がいないと生きていけない、今すぐ彼女がほしい」という雰囲気だと粘着質でドロドロした雰囲気です。しかし、休日サッカーをしているということは、彼女がいなくても楽しく生活していることを表現しています。

このように「今すぐ彼女がほしいわけじゃないけど、いい人がいたらいいな。彼女がいなくても楽しく過ごしています(余裕がある)」という一言をつぶやくことによって、ライバルに差をつけることができるでしょう。

女性は愛嬌が大事

女性がつぶやき機能を使う際は、とにかく「愛嬌」を大事にしましょう。真面目な雰囲気もいいのですが、あまり真面目だと「結婚に焦っている」として伝わってしまうことがあります。

そのため、あまり「真剣、真面目、結婚前提」などの言葉は使わず、軽い印象のつぶやきと、可愛い記号を使って愛嬌を表現しましょう。「とりあえず付き合ってみる」というスタンスの方が、男性は声をかけてくれるからです。

また男性は返信をくれそうな人に向けて「いいね!」を送る傾向があります。「必ず返信します」などの一言を添えるだけで「いいね!」の数は増えるでしょう。ただし、真面目にすべての人に返信する必要はなく、気になる人にのみ返信しましょう。

つぶやき機能を利用するメリット

つぶやき機能を利用する場合と利用しない場合、どちらの方が有利なのでしょうか。ここでは、つぶやき機能を利用すると得られるメリットについてご紹介します。

プロフィール閲覧数が増える

つぶやき機能を使用しない場合、写真の下につぶやきが表示されません。すると「現在、積極的に活動していない」であるとか「話しかけられるのを待っている」という印象になります。もちろん目立たないのでほかのプロフィールに埋もれてしまいます。

一方で、良い印象のつぶやきをすることによって、写真との相乗効果で印象がアップし、プロフィールを閲覧してもらえる回数が増えます。出会いたい人は必ず一言、異性の目に止まるつぶやきを掲載しましょう。

24文字で印象がわかる

これは異性のプロフィールを検索している側の立場としてですが、正直、顔写真だけで相手を選ぶのは限界があります。とくに女性にとっては、男性の顔よりも雰囲気や性格が重要です。

つぶやき機能の24文字で、大体の相手の雰囲気がザックリ表現されます。もちろん、それがすべてというわけではありませんが、雰囲気は伝わります。たくさんの中から誰かを探すとき、貴重なポイントとなるので、印象重視の人にとっては欠かせない機能です。

短いけど使える機能!つぶやき機能を使いこなそう

自己紹介文1000字に比べて、つぶやき機能は24字と大変短いです。しかし、プロフィールはすべての人が読んでくれるわけではありませんが、つぶやきに関しては、多くの人の目に触れることとなります。

そもそもプロフィールの閲覧数が少ない、なかなか「いいね!」を送ってもマッチング成立しない、という人は、この「つぶやき機能」についても内容をしっかりチェックし、相手に良い印象を与える一言に変更しましょう。

登録するだけで恋人が出来た!

【2018年版】おすすめの出会いアプリ・サイト【出会い系ランキング】

マッチングアプリ、出会いサイトって男女とも登録無料でお試し利用が出来るの知ってますか?

登録も超簡単!

アプリをダウンロードするだけですぐに使えます。

恋愛・婚活・遊びなど様々なアプリがあるので、自分に合ったアプリを探してみましょう!

-出会いアプリの評判口コミ

Copyright© 出会いの定石 , 2018 All Rights Reserved.