出会いアプリの評判口コミ

ゼクシィ縁結びのお見合いオファーを徹底調査!お見合いコンシェルジュ機能って実際どうなの?

更新日:

最近世の中にはたくさんのマッチングアプリが登場していますが、数あるマッチングアプリと比較してゼクシィ縁結びの特徴は、あの大手リクルートが運営いているだけあって真面目な婚活ができること、だと思います。そんなゼクシィ縁結びの中でも特筆すべきサービスは「お見合いコンシェルジュ」です。横文字でなんとなくかっこいい感じですが、一体どんなサービスなのか、まずはご紹介します。

 

ゼクシィ縁結びのお見合いコンシェルジュとは?

お見合いコンシェルジュのサービスは一言で言うと「デートの調整代行サービス」です。調整代行をしてもらうと何が嬉しいのでしょうか。メリットを簡単に言うと、

  • デートの調整が苦手な人でも失敗しない
  • 不要に相手に連絡先を教える必要がない

の2点です。

デートの調整が苦手な人でも失敗しない

Web上の出会いであるゼクシィ縁結びでは、実際にあったことのない相手とのデートの調整は思いのほか難しくなります。ただでさえ初回のデートの調整は相手に気を遣ったりと少し難しいのですが、Web上のデートの調整だと相手のことを直接知らないため、調整するときの距離感や相手の好みの確認の仕方等で悩んだり、ストレスになる方もいらっしゃる方もいるかと思います。

お見合いコンシェルジュサービスでは、「お見合いオファー」を送って返してくれた相手との連絡、日程や場所の調整をコンシェルジュが代行してやってくれるため、先ほどのような気苦労をする必要がなくなります。これはそういうのが苦手な方にはありがたい機能だと思います。

不要に相手に連絡先を教える必要がない

やはりこういったWeb上での出会いだとすると、相手がわからないだけあって怖いと感じる方もいらっしゃるかと思います。特に女性などはストーカー被害も懸念されるため、なかなか相手に連絡先を教えることに抵抗があるのではないでしょうか。

とはいえ、相手に連絡先を教えないと実際に会うとなったときの連絡で手間どったりするため、安全なら教えてしまいたいとも思う面もありますね。そんな都合のいいやり方はなかなかない、とお思いの方には、ゼクシィ縁結びのコンシェルジュサービスは実に朗報だと思います。

ゼクシィ縁結びのコンシェルジュサービスであれば、携帯番号でコンシェルジュとやり取りできるのですが、相手方には番号が漏れることはなく、「いいね!」のようにサービス上の「お見合いオファー」を送るだけですので安心です。実際に会うまでは連絡先を教えたくない、という方は是非この機能を活用してください。

 

実際にお見合いオファーを使ってみたときのメリット

これだけでも便利機能ではありますが、それ以外にもメリットがあります。

1つ目はドタキャンの防止

相手との間にコンシェルジュが入り、日程の調整をするわけですが、単なる調整だけでなく、日にちが近づいてきたときに当日の可否の確認連絡をしてくれたりします。また、単なる見ず知らずの相手との約束だと、相手が見えない分約束が軽くなる、まあいかなくてもいいか、面倒になったな、という思考に倒れてしまう方も少なからずいらっしゃるかと思います。

そういったいわゆる「ドタキャン」を回避するという意味でも間に運営側の第三者がはいることで「見られている」「約束は破れない」といった心理的なバイアスが働くメリットがありそうです。

2つ目はお店選び

また、デートの調整である意味もっとも気を遣うのは「お店選び」でしょう。特に男性は、相手が気に入ってくれただろうか、という気苦労が付きまとうものです。(笑)お見合いコンシェルジュサービスでは、お店選びもオススメのお店を選んでもらうことができますので、どんなお店がよいか、Webサイトを探しまくってお店に電話して予約して、場合によっては予約がとれず次のお店に電話して・・・といった労力が不要になります。これおかなり嬉しいサービスですね。

お店のチョイスを失敗すると女性の反応が悪くなったりして気まずい時間が過ぎていくという恐怖がありますが、お見合いコンシェルジュならある意味責任転嫁ができるので、気まずくなったりしませんよね。

変なお店をチョイスされることはないとは思いますが、万が一ちょっとイマイチなお店に当たってしまったとしても、それを逆に話題にしてしまえばよいのです!

「コンシェルジュに頼んだのにちょっとだねー、逆に今度は良いお店探してみますよ。どんなお店が好きですか?」等にして、ネタにしたり、次の約束に繋げるような前向きな対応をして、うまく利用しちゃいましょう。

 

お見合いオファーを送れば、お見合いコンシェルジュが助けてくれる【使い方】

そんな安心で便利なお見合いコンシェルジュですが、実際にどんな手順になるのでしょうか。

アプリ版は以下の手順になります。

  • 下のアイコンの「お見合い」をタップ
  • 「マッチングした相手を確認する」をタップ

もしくは

  • 下のアイコンの「やりとり」をタップ
  • マッチングした相手の一覧からお会いしたい相手の「お見合いオファーを送る」をタップ
  • (相手方は)「お見合いオファーを受け取る」をタップ

このようにお互い「お見合いオファー」を送り、「お見合いオファーを受け取る」で返してもらえれば、それ以降はお見合いコンシェルジュが仲介しデートのセッティングをしてくれます。コンシェルジュからデートの場所と時間の候補が送られてきますので、日程を確認し回答しましょう。ちなみにデートの場所等のある程度のお願いは反映してくれるようです。

初回のデートが終わったらお見合いコンシェルジュに連絡をします。もし相手がよい方で、また会いたいと思ったら、メッセージでその旨を伝え、連絡先を交換する等すればよいでしょう。それ以降はお二人で直接やりとりをすることになります。また、残念ながらお会いしたイメージが少し違っていて、今後続けるのが難しいなと思ったときにはお断りする必要があります。お相手に対してお断りするのは誰でも気が重いですよね。

ところが、お見合いコンシェルジュサービスでは、この気が重いお断りもコンシェルジュが代行してくれます。実際にはお見合いコンシェルジュに連絡してお断りの意思をお伝えすればOKです。

ちなみに本筋とは離れますが、初回のデートはあまり長くせず、1時間程度を目処にするくらいがちょうどいいでしょう。あまり長くするとダレてしまいますし、双方少し物足りないくらいが次に繋がるかと思います。

非常に便利なお見合いコンシェルジュ機能ですが、一つ注意点として、きっかけとなる「お見合いオファー」の送信時は、事前に先方に少しお伝えをしておきましょう。いくら仲良くなったとはいえ、突然「お見合いオファー」が飛んできたら相手もびっくりすると思います。そのため、事前に「お見合いオファー送りますね」とお伝えしていただいたほうが双方スムーズにことが進むかなと思います。

実際に使われた方の感想

ここで実際に使われた方の感想をご紹介します。

  • お見合いコンシェルジュを利用

調整時

お見合いオファーをして成立後、お見合いコンシェルジュの代行の調整によりお茶をしたが、コンシェルジュが間にいるため気を使わず調整できた

デート時

写真やメッセージの雰囲気どおり楽しく会話できた。

 

  • お見合いコンシェルジュを不使用

調整にあたり、まず通話すべくメッセンジャーアプリのIDを聞き通話。しかし、デートの日程を調整する中でうまく予定があわず結局調整できず、終了。

 

このように実際に使われた方のコメントとしては、良くも悪くもかもしれませんが、第三者が関与することである意味義務感というか緊張感が生じ、いい加減な対応をされづらいという意見もあったようです。

 

お見合いオファーまとめ

日本のマッチングアプリとしては一番、二番で開始された第三者の仲介婚活サービスのお見合いコンシェルジュ。Web上の婚活での問題点や心配店となりやすい、お相手との調整の気苦労や連絡先交換の安全性の面から非常に良いサービスと言えるでしょう。みなさんもゼクシィ縁結びに登録し、お見合いコンシェルジュサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

 

登録するだけで恋人が出来た!

【2018年版】おすすめの出会いアプリ・サイト【出会い系ランキング】

マッチングアプリ、出会いサイトって男女とも登録無料でお試し利用が出来るの知ってますか?

登録も超簡単!

アプリをダウンロードするだけですぐに使えます。

恋愛・婚活・遊びなど様々なアプリがあるので、自分に合ったアプリを探してみましょう!

-出会いアプリの評判口コミ

Copyright© 出会いの定石 , 2018 All Rights Reserved.