彼氏・彼女の作り方

【勘違い女まとめ】いるいるこういう子。勘違い女にならないための勘違い診断!

更新日:

世の中、身の程をわきまえず勘違いをしている人はたくさんいます。なかでも自分はモテ系と勘違いしている残念な女子は見るに堪えません。「イタい子」と陰口をたたかれる自分に気付かずに生きているのも惨めだし、そういった女性にまんまと惹かれてしまった男性も残念なことになります。今回は男女双方の目線から見て世の中の勘違い女についてまとめます。残念な女性にならないために、男性の方もそんな女性と付き合い時間を無駄にしないためにそういった女性の特徴と好きにならないための対策を押さえておきましょう。

こんな勘違い女いるよね

まずは世の中の勘違い女をまとめます。女性の方はご自身もしていないか?!照らし合わせてみてください。男性の方はそばにこんな人がいないかチェックしてみてください。

選ばれし者発言

自分が特別な存在だと勘違いをしています。選ばれし者発言をする女性には3通りのタイプがあります。

  • 美人を笠に着る女
  • 高学歴だけれどなかみがない女
  • 何もないのに幻覚を見る女

美人を笠に着る女

生まれ持った美貌は宝物ですが、それをいいことに自分は選ばれた人間だと言い張る女性がいます。お顔が整っているだけでプラス、これまで様々な場面で得をしてきたので特別な努力もせずなかみは空っぽ、性格は幼稚です。もちろん狙った男性をゲットする確率も高いですが、なかみがないので長続きしません。

よくまとめ記事にも記載されていますが、美人だけれどコメントが残念な人や結婚したと思ったらすぐに離婚している芸能人を見ると「残念な人だなぁ」と思いますよね。

高学歴だけれどなかみがない女

ひと昔まえは高学歴だと就職や結婚に有利だと言われましたが、現代はそうとも限らない、その人の実力を見る時代になってきました。そのことに気付かず彼女たちは私のような女性や世の中の男性をまとめて凡人やパンピー(一般ピープル)といいますが、はっきり言って頭がいいだけ(知識はあるのになかみが充実していない)の女性との恋愛や仕事は面倒くさいですよね。

何もないのに幻覚を見る女

テレビの街頭インタビューなどでさほど美人でもない女性が恐ろしいコメントをするのを見かけませんか?!ナンパされたときの断り方や他人の容姿や欠点を馬鹿にする様子を見て「いやいや、あなたはどうですか?!」と言いたくなります。ドラマや漫画の見すぎで主人公になった気分のまま現実で生きている勘違い女性がいます。

嘘の自分に酔っている

スマートフォンで簡単に画像処理ができる時代、修正した自撮り写真をSNSにアップし盛りに盛った自分に酔っている人もいますよね。コンプレックスを解消し自信をつけるのはいいことですが、SNSのルックスと現実が違い過ぎると引かれます。

スタイルがいいと思っている

ハイヒールを履くと低身長や胴長が隠せるし少々のおデブさんは外国人風のエネルギッシュでセクシーなスタイルになれます。脚が長いとどんなファッションも似合うし、街を歩けば人々が振り向きとても気持ちがいいですよね。だから多くの女性がハイヒールを愛用していますが、これはコンプレックスを一時的に隠しているだけで何の解決にもなっていません。

本当はスタイルが良くないしパンピーとまとまられる側の存在、そんなことわかっているけれど自分を演出したい、だからハイヒールを履いた状態がベストな自分になるファッションをつい選んでしまいますよね。その結果起こることは「ハイヒールを脱ぐことができない」「脱いだらすそ部分が時代劇のお奉行様のよう」になってしまいます。多くの男性はこの様子を残念と思っていますよ。

実際、私もスタイルアップのためにハイヒールを愛用していたのですが、ある男性に「ヒールの高さはコンプレックスのあらわれ」「脱いだらチビ」と言われショックを受けた経験があります。ごもっともな意見に納得して以来、ヒールが高すぎる靴を履くのをやめました。

男を手玉に取っていると思っている

「自分は話し上手だから」「かけ引き上手だから」自分が男性の心をもてあそんでいると勘違いしている女性もいますね。実は逆で、男性にセフレの駒のひとつとしていいように扱われている場合があります。こういった女性に限って男性経験を自慢します。

流行を追いすぎる

ご紹介した項目と重なりますが、モデルさんなどと同じと考え自分が見えていない女性がいます。低身長なのにサロペット(まるで小学生)、ガリガリなのにデコルテ見せ(ガイコツのよう)、さらにぽっちゃりさんがボリューム袖(腕がさらにボリュームアップ)、ファッションショーで見たウエストポーチを即買い(オタクに見える)、流行しているからといって自分に似合うとは限りません。

メイクも同じ、つり目が流行したらアイラインをつり上げ、たれ目が流行したらたれ目メイクをしてパンダ状態、そのメイクが自分に似合うかどうかもわかっていない女性は多いです。

自分磨きを生きがいにしている

朝活といって早朝にジムへ行って汗を流してから職場へ直行したり流行のヨガに通ったりエステに通ったり、楽しいと思える自分磨きが見つかり没頭するのはいいことです。ただ、他人からするとそれはオナニーと同じ、酷い場合自分だけが良ければいいと思っている人もいますよね。例えば朝活を理由に仕事に身が入らなかったり「疲れた」と言って士気を下げたり、早く自分磨きに行きたいからと終業前に片付け始めたりするのは勘違いな行為ですよ。

男性は一流しか認めない

自分のことは棚に上げて、男性にはハイスペックを求める女性は多いです。例えば高学歴・高収入・名家など男性のルックスやなかみに関係なくこういったブランドを持っていたら目の色を変えて媚びへつらうのは恥ずかしいです。こういったタイプはハイスペック男子にいいように遊ばれていたり、なかには求める男性像が高すぎてアラサー目前でも処女だったりすることがあります。

理想の結婚観が寒い

他の項目と同じように自分のことは棚に上げて「結婚式は海外で、披露宴は都内の有名ホテルで」や「新居は高層マンションがいい」など婚活世代には手が届かないような結婚観を平気で語る寒い女性はいつまでたってもおひとり様です。

経験人数を誇る

交際男性の数やSEXした人数が多いことがモテる「いい女度数」をあらわすと勘違いしている女性もいますよね。

勘違いなリア充

男性をとっかえひっかえ遊びや食事に誘いSNSにアップ、リア充をアピールする勘違い女性がいますね。心から「いいね」を押しているのは何人いるでしょう?!みんな自分のSNSにも「いいね」が欲しいからお付き合いの「いいね」をしているだけですよ。

酒豪は偉いと思っている

そのお酒の価値・美味しさ・飲み方・空間などを楽しむのではなく、酒豪がいいと勘違いしている人がいますね。確かに合コンなどで飲み比べができる女性は目立ちますが、本命の彼女として必要な項目かというとそうではありません。多くの男性はそれよりもむしろ飲めない方が可愛いと思っているし本命の条件として清楚さなどを挙げるのではないでしょうか?!いい年してお酒を味わえない飲み方は恥ずかしいです。

勘違い女の共通点

いかがですか?!気づかないうちに自分もそうなっていたという方もおられるでしょうし、男性も「こんな勘違い女子いるいる」と頷かれたのではないでしょうか?!上記項目をふまえて勘違い女の共通点をまとめてみました。いくつも当てはまったら取り返しがつかなくなる前に改善するべきだし、男性もこういった女性にハマってババを引かないようにしなくてはなりません。

  • 根拠のない自信
  • 根拠のないポジティブさ
  • 男性の前でパフォーマンスが好き
  • 一流にめっぽう弱い

特別綺麗でなくてもバリバリ働いて稼いでいなくても何故か自信があってハイスペック男子と結婚できると勘違いしています。また根拠のない自信から男性を落とせると勘違いし何度も同じ人に猛アピール、フラれてもいいようにとらえて気にしません。さらに目立つようなこと、特に男性を前にしたら俄然やる気を出しパフォーマンスに精を出します。

そしてお財布事情はともかく(火の車であることが多い)一流ブランドを所有し、もちろん自分と付き合う男性は一流であるべきだと考えているのでアレコレ手を回し近づこうとします。

残念な勘違い女にならないためにするべきこと

「やっていて楽しい」「満たされている」そう思うのは自由ですが、周りから見ると勘違いであったり逆に可愛そうな子と思われていたりする場合もあるし、婚活女子ならするべきでない行為もたくさんあります。ここからは残念な勘違い女にならないためにするべきことについてまとめます。婚活男性のみなさんも参考にしてください。

  • 笑顔が素敵
  • 聞き上手
  • 清潔感がある
  • 流行をさりげなく取り入れている
  • 身の丈に合った生活ができる
  • 所作が美しい
  • 芯が強い

笑顔が素敵

確かに美人で凛として女性を連れて歩くのは気持ちがいいですが、本当は笑顔が素敵な女性に落ち着きを感じ癒されます。だから男性が結婚対象として最終的に選ぶのは美人ではなく笑顔が可愛い人ですよ。日頃から口角を上げて楽しそうに振舞いましょう。

聞き上手

話題が豊富な女性のほうがいいと思いがちですがこれは勘違い、男性は自分の話を聞いてくれる女性に癒しを感じます。男性8に対し女性2を目安に会話すると良いでしょう。ただ黙って聞くのではなく「うんうん、それで(もっと聞きたいよ)」「わかる(同調)」など合いの手を入れるのもポイントです。話すスピードも大切、相手の目を見てゆっくりと丁寧な口調で話しをしましょう。

流行を取り入れつつ清潔感がある

流行を少し取り入れつつ自分の体型を活かした清潔感あるファッションを心がける女性は素敵です。

所作が美しい

お育ちのいい男性の親は息子に女性を見る際に「箸の持ち方や物音のたて方を見よ」と言います。お箸の持ち方が綺麗、食べ方が綺麗、椅子を引くときに音がしないよう気遣う女性が育った家庭は所作に厳しいことを知っているからです。所作が美しいのはハイスペック男子を落とすためのほんの入り口ですが、これを知らないと出会えても結婚対象からすぐに外されます。

身の丈に合った生活ができる

結婚相手として経済観念がしっかりとした女性が求められます。収入と支出のバランスを考えていますか?!カードローンの返済に追われていませんか?!

芯が強い

さらに、いつもはニコニコしていますが、ここぞというときに仕事を素早く済ませたり意見を述べたりするしっかりさんのギャップは恋愛においてとても大切です。華やかな女性は恋愛をしていて楽しいし周りに自慢できるけれど、ルックスが華やかなだけで結婚につながるかと言うとそうではありませんよね。

欲しい物はたくさんあるし結婚相手への理想もありますが、自分はどうか?!どうしてパートナーができないのか?!お付き合いが長続きしない?!こんな現象が続いたら、地に足をつけた生活ができているのかなど自分を見つめ直してみてはいかがでしょうか。まとめ記事を自分に照らして読むのも良いと思います。

登録するだけで恋人が出来た!

【2018年版】おすすめの出会いアプリ・サイト【出会い系ランキング】

マッチングアプリ、出会いサイトって男女とも登録無料でお試し利用が出来るの知ってますか?

登録も超簡単!

アプリをダウンロードするだけですぐに使えます。

恋愛・婚活・遊びなど様々なアプリがあるので、自分に合ったアプリを探してみましょう!

-彼氏・彼女の作り方

Copyright© 出会いの定石 , 2018 All Rights Reserved.