彼氏・彼女の作り方

倦怠期っていつからいつまで続くの?倦怠期の特徴と倦怠期を乗り越える3つの方法

更新日:

初めはお互いに大好きで付き合いだしたはずなのに、必ず訪れてしまう倦怠期。時間が経つにつれて、パートナーの存在が当たり前になり、慣れてしまうんですね。倦怠期は、ある程度の期間付き合っているカップルにはつきものです。そんな倦怠期は、いつ頃始まっていつまで続くのか。どんな状態が倦怠期なのか。倦怠期の特徴や時期についてまとめました。

倦怠期っていつ?

倦怠期とは

付き合い始めのドキドキがなくなり、気持ちが冷めたり、刺激がないと感じることを倦怠期といいます。カップルだけでなく、夫婦にも訪れる倦怠期。一緒にいてもつまらないと感じるようになると、些細なことで喧嘩になってしまい別れてしまう…なんてこともあります。

倦怠期の症状

  • パートナーに対するトキメキがなくなった
  • パートナーに対して何も思わない
  • 刺激がなく、新鮮味もなくなった
  • つまらなく感じることが多い
  • うっとうしく感じる
  • 付き合っている意味が分からない
  • 自由になりたい

このようなことを感じるようになったら、倦怠期の始まりです。倦怠期がくると、今まで嬉しかったことが嫌に感じたり、イライラしたりしてしまいます。

倦怠期はいつ訪れるのか

倦怠期はいつから? ①三か月

付き合い始めて三か月くらいで、最初の頃に"何か違う"と感じていたことが、不満に変わってきます。生まれた場所も育った環境も違うのですから、多少のズレは当然です。"何か違う"と感じたのなら、正直に思っていることを相手に伝えてみましょう。"何か違う"と感じながらも、何も言わずに我慢して付き合っていると、いつか不満が爆発してしまいます。

倦怠期はいつから? ②六か月

我慢強い人でも、六か月経つ頃には、溜まっていた不満が爆発しやすくなります。三か月の頃よりも、お互いをよく知っているため、些細なことで感情的になってしまいます。不満はそのままにせず、話し合ったり、お互いに歩み寄る姿勢が大切です。また、お互いに相手の悪いところばかり非難するのではなく、思いやりを持って接することが、付き合いを継続していくうえで最も重要です。

倦怠期はいつから? ③一年

付き合って一年も経つと、二人の関係も落ち着いてきます。ある程度お互いのことを理解し、喧嘩も少なくなってきた頃でしょう。この平穏な日々が、逆にマンネリ化を生みます。このマンネリを脱するためには、いつもと違うことをしたり、遠くに出かけてみるなど、定番のデートから少しずらしてみましょう

倦怠期はいつから? ④3,4年

ここまで付き合いが長くなると、パートナーがどんな人なのかもよくわかっているはずですし、お互い相手のことをよく理解しているはずなので、安心してしまう人も多いですが、そんな時こそ倦怠期はやってきます。付き合って三年も経つと、一緒にいることは当たり前。本当にパートナーを好きなのか?と考えるようになり、恋人というよりは、家族のようになってしまいます。パートナーへの気持ちがわからなくなってしまったときは、一度一人になってみてください。離れてみることで、パートナーの大切さに気付くこともあります。

倦怠期はいつまで続くのか

倦怠期がいつ終わるかはカップル次第

倦怠期がいつ終わるかは、カップルによって異なります。短い期間で終わる人もいれば、一年以上倦怠期が続くカップルもいるでしょう。倦怠期を早く終わらせるためには、まず自分自身が変わることです。パートナーを変えることは難しいですが、自分を変えることは、相手を変えることよりも簡単なはずです。

パートナーは自分の鏡

倦怠期の時は、倦怠期中のイライラや苦しさから、パートナーに責任を求めてしまいがちですが、客観的な視点からの自己反省を忘れてはいけません。慣れてくるとワガママを言ったり、自分勝手な言動をしたり、パートナーの悪いところばかりが目に付いてイライラしていませんか?あなただけでなく、パートナーも同じように感じています。パートナーに対して、「最近自分勝手だな」と感じたのなら、あなたはどうなのか考えてみてください。パートナーを非難するばかりでは倦怠期は長引いてしまいます。パートナーの気持ちを配慮したり、思いやりを持って接することが、倦怠期から早く抜け出すポイントです。

Sponsored Link

倦怠期の特徴

倦怠期の特徴 ①一緒にいることがめんどくさい

あなたは今パートナーといて、どんな気持ちですか?

一緒にいるのがめんどくさいと感じているのであれば、倦怠期かもしれません。パートナーのあなたに対する態度はいつもと同じなのに、特に体調が悪かったり忙しいわけでもないのに、めんどくさいと感じてしまう倦怠期。デートの約束をキャンセルしてしまったり、行きたくないと思ってしまうのは、一緒にいても楽しくないから、少しでも一緒にいる時間を減らそうとしているのです。倦怠期がくると、パートナーの悪いところばかりが目についてしまい、イライラしやすくなります。パートナーと一緒にいないときは、気持ちが安定しているのであれば、倦怠期を迎えている特徴の表れだといえるでしょう。

倦怠期の特徴 ②パートナーの情報を聞きたくない

付き合い始めの頃は、パートナーのことを知りたいという気持ちから、好きな食べ物や好きな場所、小さい頃の話など、どんなに小さなことでもパートナーの話をよく聞いていたはずです。しかし、倦怠期になると、パートナーに対する興味がなくなってしまうため、知りたいと思わなくなります。倦怠期がくると、パートナーが何をしているのか、どこにいるのか、ということにも興味がなくなってしまい、自分自身の情報についても伝えることがなくなってしまいます。付き合い始めの頃は小さなことでも報告していたのに、最近は聞かれても「別に。」と軽く流したりしていませんか?パートナーにしつこく聞かれると、束縛されているような気がして、ますますイライラしてしまいます。

倦怠期の特徴 ③パートナーとの未来が見えない

あなたはパートナーと将来どんな風になりたいですか?

あなたの未来にパートナーがいることを想像できますか?

倦怠期がくると、あなたの想像する未来にパートナーの姿はないでしょう。付き合い始めの頃のような幸せな未来を想像することはできなくなり、「苦労しそうだな」とかネガティブな未来しか想像できなかったり、全く想像できなかったりします。

これって倦怠期?【倦怠期チェックリスト】

  • LINEや電話の回数が減った
  • 二人で会っても会話が少ない
  • 外見を気にしなくなった
  • デートの回数が減る
  • 喧嘩が増えた
  • 細かいところが気になる
  • 他の人に興味がわく
  • セックスの回数が減った

倦怠期チェック ①LINEや電話の回数が減った

倦怠期に入ると、LINEの既読や着信の確認が遅くなったり、既読スルーなどでお互いの気持ちが冷めていることを自覚します。

倦怠期チェック ②二人で会っても会話が少ない

会話に新鮮さや驚きを感じることがなくなり、話す内容が冷めてきます。パートナーが話をしていても上の空だったり聞き流してしまうため、話を聞いていないことが相手にも伝わってしまい、パートナーの口数も少なくなっていきます。

倦怠期チェック ③外見を気にしなくなった

服装や身だしなみを気にしなくなったら倦怠期かもしれません。付き合い始めの頃は、可愛く見られたい、かっこよく見られたいと思うものですが、倦怠期に入ると自分を飾らなくなります。

倦怠期チェック ④デートの回数が減る

デートの回数が減ると倦怠期になっている可能性があります。最初の頃は、どこに行くか決めたり、お店を調べるだけでワクワクしていても、倦怠期に入るとデート自体が億劫になります。

倦怠期チェック ⑤喧嘩が増えた

倦怠期もピークになってくると、顔を合わせるだけで喧嘩をするようになります。喧嘩の原因がわかっていても、お互いに改善することもなく、冷めた関係になっていきます。喧嘩が増えてきたのなら、倦怠期を乗り越えるために努力する必要があります。

倦怠期チェック ⑥細かいところが気になる

倦怠期に入ると、ちょっとした仕草やご飯の食べ方など、今まで気にならなかったようなことでもイライラしてしまいます。そんな自分を客観的に見て、別れたいと思うかもしれません。

倦怠期チェック ⑦他の人に興味がわく

他の人に興味がわくようになったら、倦怠期も末期かもしれません。パートナーに求めるものを他の人に求めるということは、別れたい気持ちの表れです。

倦怠期チェック ⑧セックスの回数が減った

倦怠期に入るとセックスの回数は自然と減っていきます。なかには、体を求められるだけでイライラしてしまう人もいるかもしれません。

倦怠期を乗り越えるために

倦怠期を乗り越える方法 ①パートナーのいない生活をしてみる

連絡を控えたり、なるべく会わないようにすることで、自分の気持ちと向き合います。いつもそばにいると、パートナーの大事さになかなか気づけないものですが、離れることで、再度パートナーの良さを確認できたり、自分にとってどれくらい大切な人なのか感じることができるはずです。

倦怠期を乗り越える方法 ②一緒に新しいことを始めてみる

倦怠期の最大の原因は"慣れ"です。二人が行ったことのないところへ旅行に出かけてみたり、一緒に新しい趣味を始めてみたりすると、倦怠期を乗り越えられることもあります。

倦怠期を乗り越える方法 ③話し合う

お互いに倦怠期だと感じているのであれば、どうすればいいのか話し合ってみるのもいいでしょう。不安に思っていることや不満に感じていることなどを伝えて、一緒に解決策を考えていきます。また、不満に思っていることばかり伝えるのではなく、楽しかったことや、いいところなども織り交ぜて伝えることで、話し合いもスムーズに進みやすくなります。なんとなくそのままの空気で付き合い続けていると、後々取り返しのつかないことになってしまうこともあります。見て見ぬふりはせずに、しっかり向き合う機会を作ることで、より良い関係を築けるかもしれません。

Sponsored Link

まとめ

付き合いが長くなってくると、飽きや慣れからどうしても倦怠期になってしまいますが、倦怠期を乗り越えたカップルの多くが、その後幸せになれたと感じているそうです。倦怠期は、お付き合いを続けていくうえでの試練みたいなものです。ここを乗り越えることで、もっと信頼しあえるようになったり、お互いに成長することができます。倦怠期がきたときには、パートナーに対してイライラしたり、うっとうしく感じることも多いと思いますが、すぐに別れを考えるよりも、二人の関係を見つめ直す機会がきたんだと考えて、ひとまず距離を置いてみるなど、関係を回復するために工夫してみましょう。

登録するだけで恋人が出来た!

【2018年版】おすすめの出会いアプリ・サイト【出会い系ランキング】

マッチングアプリ、出会いサイトって男女とも登録無料でお試し利用が出来るの知ってますか?

登録も超簡単!

アプリをダウンロードするだけですぐに使えます。

恋愛・婚活・遊びなど様々なアプリがあるので、自分に合ったアプリを探してみましょう!

-彼氏・彼女の作り方

Copyright© 出会いの定石 , 2018 All Rights Reserved.