大人の恋愛

避妊できるインプラントって何?メリットとデメリットを徹底解説

更新日:

最近では避妊を男性任せにしないで、女性から積極的にできる避妊方法が注目されています。その中でも、避妊できるインプラントが20108年から解禁されたとあって、どのようなものかと解説します。メリットとデメリットは何があるのか、疑問を徹底解説します。

避妊インプラントとは?

避妊用インプラントはスティック状になっている金属に、黄体ホルモンが入ったものです。子宮に入れるタイプの物かと思ってしまいますが、麻酔をかけて皮膚を麻痺させて、針のような道具であるトロカーを使って、肘上あたりに入れていきます。腕の内側の皮下にインプラントを入れるので、ちょっとスティック状の形が目立ってしまうこともあります。

チップ自体の大きさは2×2×0.7センチで小さいですが、身体に入れると意外と大きく感じたり見えるものです。

腕に入れたインプラントから、徐々に黄体ホルモンが体内に出されて血流に入ります。副作用はこのあと解説していきますが、最も多いのは、使いはじめて最初の1年間は生理が止まってしまったり、止まらなくても不規則になることがあります。インプラントを入れて1年以上経つと、生理はほぼ規則正しくなりますが、頭痛や体重増加が起こる人もいます。

いずれにしてもメリットとデメリットをしっかり理解しておくことが大切です。インプラントを入れると避妊できる便利なものですが、手軽に利用するには知識が必要ですよ。

避妊インプラントのメリット

避妊インプラントのメリットをまずは見ていきましょう。2018年に日本で扱いを開始したとはいっても、導入している産婦人科は一部にすぎません。いつ身近にインプラントが登場してもいいように、メリットを勉強していきましょう。

妊娠をコントロールすることができる

避妊インプラントを入れると、リモコンのようなもので外から妊娠を操作することができます。妊娠したくないときは、万が一精子が子宮内に入っても、妊娠しないようにしてくれますし、もし妊娠したいと思ったときには、妊娠できるようにコントロールすることができます。

望まない妊娠をしないメリットはもちろん大きいですが、ピルを常備薬として服用していると、飲む時間帯を気にしなくてはいけませんし、お金もかかります。避妊インプラントは3年間効力を発揮するので、ピルを飲んでいるよりも費用の負担が少ないとされています。

避妊インプラントは日本ではまだ値段設定が公表されていないので、病院に問い合わせる必要がありますが、ピルが1か月1万円ほどかかることを考えたら、1万円×12か月×3年で36万円なので、この値段のラインが判断基準になりそうです。

ピルのように毎日飲む必要がない

ピルのように毎日飲む必要がないので、時間を心配しなくていいメリットがあります。ピルを飲んでいると、

  • 飲み忘れ
  • 時間がずれて効果を発揮しない
  • 月々のお金がかかる

このように、ちょっと面倒なことがあります。ですが、日本ではピルも低用量であれば副作用も少なく効果が大きく出るので、避妊を積極的に行う場合はピルが推奨されてきました。ですが、避妊インプラントの登場で、選択肢が広がるのでどの避妊方法を使うのかを選べるメリットがあります。

避妊目的の場合はピルも保険適用外になるので、避妊インプラントと値段を比較する価値はありそうです。

インプラント使用中は生理がない

インプラント使用中は生理が止まります。つまり排卵を制限することによって妊娠をしないようにもしているのです。冒頭で「最初の1年間」と記載していますが、避妊インプラントが身体の中に入ると、身体の中では異物が入ってきたと認識して、特に影響の大きい子宮関係の動きが今までと変わってしまいます。

煩わしい生理がこないので、毎月快適に過ごすことができるのはメリットですが、生理が来ないことがデメリットになるケースもあります。それはこのあと解説していきますね。

避妊インプラントのデメリット

次に避妊インプラントのデメリットを確認していきましょう。避妊インプラントは便利なものですが、メリットだけではなくデメリットもしっかり確認しておく必要があります。どのようなデメリットがあるのかを確認してみましょう。

副作用が出ることもある

身体にインプラントを入れることは、身体にとっては異物を入れることになります。つまり、身体の中で異常を察知して、泡ゆる副作用が出る可能性があります。副作用については個人差がありますので、ある人は副作用がほとんど出なくても、ある人は副作用が出て最初はとても辛かったなんてこともあります。

副作用に関しては以下の内容が挙げられます。

  • 体重増加
  • 生理が止まる
  • イライラする
  • 気分の憂鬱感が抜けない

などなど、生理になる前の感覚になるような副作用もあります。もちろんずっと副作用が続くことはまれなので、避妊インプラントを入れて1年間の我慢だと思えば、なんともないという人もいますが、身体に無理がかかっている状態なので、副作用が出たらどうするのかをしっかり考えておくことも重要です。

完璧な効果ではないことも…

避妊インプラントを入れることで、完全に妊娠をコントロールすることができると思っていると、実はそこが落とし穴なのです。避妊インプラントは外部からリモコンのようなもので操作をするので、操作を間違えてしまったり、他の人から知らないうちに操作をされてしまったときは、完全な避妊を実現できない可能性があります。

あくまで避妊インプラントは身体の中に機械を入れるようなイメージですので、機械をしっかり扱っていないと、避妊の効果を発揮するどころか、妊娠してしまう状況にもなります。避妊インプラントを入れたときは、外部からコントロールされないように、自分でしっかりと管理しておくことが重要です。

腕から見えてしまう

避妊インプラントは二の腕あたりに入れるのですが、2センチは意外と大きいものです。そして、腕の皮膚は薄いので、避妊インプラントの形が外に見えてしまう状態にもなります。冬は長袖の洋服で隠すことができますが、問題は夏。周囲から「腕に何が入っているの?」と聞かれて、避妊インプラントであることに後ろめたさを感じてしまう可能性があります。

「私はそんなこと気にしないよ」と思うのであれば問題ありませんが、まだ日本ではメジャーになっている避妊方法ではありませんので、興味本位で聞いてくる人や、どうやって操作をするのかなど、聞かれたくないことを聞いてくる人もいることを頭に入れておく必要があります。

避妊インプラントで起こる副作用とは

避妊インプラントのメリットとデメリットが分かると、今度気になるのは副作用ではないでしょうか?避妊インプラントで起こる副作用とはどのようなものなのか、そして副作用が起きたときにはどう対処したらいいのかを含めて、しっかり解説していきますよ。

生理を無理矢理止めてしまう

メリットでもありますが、正常であれば月に1度くるはずの生理が止まってしまうと、子宮系の病気を見逃してしまったり、病気の発見が遅れるケースがあります。最初のうちは生理が来ないことで気分が楽になりますが、だんだんと生理が来ないことに対して不安に思ったり、避妊インプラントを取り除いたら生理が元に戻るのかな?と感じる人もいます。

通常でれば、避妊インプラントを入れていても、1年目から生理が止まらない人もいますし、2年目からは正常に生理がくるようになったということがほとんどですが、ずっと止まってしまって…となることも。その場合は、避妊インプラントを入れた産婦人科で診察をして、生理が来ない訳を突き止めることが必要です。

生理が止まってしまうのは、女性としてちょっと怖いですよね。避妊インプラントの副作用には、生理が止まることもあると覚えておきましょう。

腹部に違和感を感じる

避妊インプラント自体は腕のところに入れていますが、生理をつかさどっているのは脳です。つまり脳が妊娠しないようにと信号を出すと、子宮や卵巣が反応します。つまり、卵巣や子宮周辺に違和感を感じることもあります。

  • 腹部が張ってしまう
  • ピクピク動くような感じがする
  • チクチクした痛みがある
  • 腹部が重たい感じがする

このように、腹部の症状だけでもいろいろなケースが考えられます。ですので、避妊インプラントを入れて腹部に違和感が出たら、それは避妊インプラントの副作用ということになります。副作用は人によって起こる・起こらないがありますので、絶対に上記の副作用が起きるというわけではありませんが、避妊インプラントを入れると高確率で腹部に違和感が出てきます。

腹部の違和感に耐えられるのかをしっかり医者と話し合うことも、避妊インプラントを入れるときには大切です。

体重が増加することもある

体重が増加することも副作用の1つです。避妊インプラントを入れることで女性ホルモンが多くなるので、女性らしい丸みのある、ふわっとした身体を作るように、身体の中で抗体が作られます。これは、太らせるためではなく、いつ妊娠してもいいように身体が準備している状態です。

そうなると、いつもと同じ食事をしているのにも関わらず体重が増えてしまって、今まで着ていた服が着られない、むくみやすくなるなど、体重増加に伴って身体がだるくなったり、疲れが取れにくいなどといった症状も出てくることもあります。もし体重増加を心配するのであれば、体重増加をどこまで許せるのか、体重を増加させてまで避妊インプラントを入れるメリットがあるのかをしっかり確認してから、避妊インプラントを入れるようにしましょう。

避妊インプラントはまだまだ始まったばかり

避妊インプラントという存在をここで初めて知った方もいると思います。まだまだ分かっていないことや、日本で扱っている産婦人科が少ないこともあって、情報が少ない状態です。もし興味のある人は、産婦人科に問い合わせて、避妊インプラントを取り扱っているのかを確認してみましょう。

登録するだけで恋人が出来た!

【2018年版】おすすめの出会いアプリ・サイト【出会い系ランキング】

マッチングアプリ、出会いサイトって男女とも登録無料でお試し利用が出来るの知ってますか?

登録も超簡単!

アプリをダウンロードするだけですぐに使えます。

恋愛・婚活・遊びなど様々なアプリがあるので、自分に合ったアプリを探してみましょう!

-大人の恋愛

Copyright© 出会いの定石 , 2018 All Rights Reserved.