彼氏・彼女の作り方

付き合って半年!彼氏の気持ちがわからない...そんな悩めるあなたに!

更新日:

付き合って半年というのはカップルにとって1つの節目である、と言える時期です。
彼からの連絡が減ってきた、前ほどデートが盛り上がらない...そして彼氏の気持ちがわからない、女性がそんな風に感じ始める時期、それが付き合って半年ではないでしょうか?
そこで今回は悩める女子のために「付き合って半年!彼氏の気持ちがわからない...そんな悩めるあなたへ」というテーマでお送りしたいと思います。

付き合って半年はカップルの危機ってホント?

みなさんの中に、カップルは付き合って「3か月」「6か月」「1年」そして「3年」が1つの節目、破局を迎える事が多いという話を聞いた事がある方はいませんか?
しかしそれって本当なのでしょうか?

付き合って半年ってどんな時期?

そもそも付き合って半年というのはどんな時期なのでしょうか?

良くも悪くも慣れが出てくる

半年というのはお互いの性格や趣味嗜好などが一通りわかり良い意味でも悪い意味でも相手に慣れてくる時期です。
これをポジティブに捉えるか、ネガティブに捉えるかでこの時期の過ごし方に差が出てくると言えるでしょう。

相手の欠点が目につきやすい

付き合い始めの頃は、相手のすべてが輝いて見えますよね。
でも付き合って半年を過ぎると、どうしても相手の欠点にも目がいくようになります。
その欠点も相手の一部だと理解するにはまだ早いのが半年という時期なのかもしれません。

トキメキが減る

付き合い始めてすぐは相手の事を考えるだけでドキドキして、デート前夜などはなかなか寝付けなかった...そんな方も多いのではないでしょうか。
でもそのトキメキがずっと続くカップルは稀です。
特に会う頻度が多いカップルはどんどんトキメキが減りそれをヒシヒシと感じるのがちょうど付き合って半年くらいなのです。

連絡が減る(主に彼氏サイド)

よく「男は釣った魚には餌をやらない」なんて言いますが、これはあながちウソではありません。
男性の持つ雄の本能は「狩人」です。狙いを定めた雌を自分のものにするまでは必至ですが、手に入れると安心してしまう事が多いのです。
そのため連絡が減りがちになってしまうんですね。

このように付き合って半年というのは、メンタル面で大きな変化を迎える時期と言うこと出来るでしょう。
いわゆる「倦怠期」に突入する時期と言い換える事も出来ます。

「付き合って半年は倦怠期」には医学的根拠アリ?

付き合って半年というのがカップルにとって1つの節目であり、それは倦怠期への突入を意味するという事はわかっていただけたのではないかと思います。
実はこれには医学的根拠もあるのです!
恋をする時のトキメキやドキドキ、実はこれはあるホルモンが分泌される事で起こる症状という事をご存じですか?

そのホルモンは「PEAフェニルエチルアミン」と言い、恋愛ホルモンの異名を取る事でも知られています。
このホルモンなのですが、実は付き合っている限りずっと分泌され続けるというわけではないのです。
付き合い始めて6~9か月で徐々に分泌されなくなってしまうのです!
そうです、付き合って半年というのは、恋愛ホルモンの分泌量が減っていく時期なのです。

恋愛ホルモンはドラッグと同じ!

この恋愛ホルモンですが、分泌された時の状態を脳はしっかり覚えていると言われています。
ドラッグに中毒性がある事は誰もが知っている事実ですよね。
自分の意志でやめても、脳がドラッグの快感を覚えていてその快感を再現したい!と欲求するのです。

付き合って半年で倦怠感を迎えるカップルの中には、残念ながらそのまま破局を迎えるケースも多く見られます。
倦怠期を乗り越えられなかった...と言ってしまえばそれまでですが、脳が恋愛のドキドキ感を求めたため、その欲求を満たす事が出来ない相手とは終わりになった、と考えれば少し納得がいくのではないでしょうか?

このように付き合って半年というのは、カップルにとっては1つの節目であり非常にデリケートな時期なんですね。
女性の中には「彼の気持ちがわからない」と悩む方も多いのです。
次の項では、付き合って半年の彼氏の本音を探っていこうと思います!

付き合って半年、男性はどんな風に捉えている?

「付き合って半年はカップルの危機」というのは女性にとってはほぼ常識になっているのではないでしょうか?
しかし男性への浸透度は女性ほどではないという事をご存じですか?

男性にとって「付き合って半年」は重要ではない?!

一般的にジンクスや言い伝えというのは男性より女性の方が詳しいですよね。
恋愛においても様々なジンクスがありますが、男性のほとんどは無頓着です。
記念日や、ジンクス、言い伝え、これらを気にするのは女性なんですね。
気にするあまりそれに振り回され、付き合って半年というだけで、不安になってしまう女性までいるのです。

ここで興味深いアンケート結果をご紹介します。

「付き合って半年、恋人と祝いたい?」

というアンケートを男女100人を対象に行った結果、女性の半数が祝いたいと答えたのに対し、男性で祝いたいと答えたのは約4分の1、という結果が。
特に祝いたいと思わない男性の理由としては
「半年って中途半端」「1年でいいのでは?」というものが多かったのです。
つまり付き合って半年を意識する彼氏は少なく、気持ちがわからないと悩んでいる男性もかなり少ないのでは?と推測できます。

そこで次は、付き合って半年目の男性の本音を一緒に見ていきましょう!

付き合って半年目の男性の本音を集めてみた

女性は「付き合って半年」という節目をかなり意識します。
しかし男性は女性ほどではないんですね。
付き合って半年の男性の本音をリサーチしてみました。

  • やっと安心して付き合えるようになってきた
  • デートやセックスがマンネリ化してきた
  • 最初の頃のドキドキ感がなくなってきた
  • 相手のイヤなところにも目がつくようになってきた
  • 同棲を考え始めた

そろそろ親に紹介しようかと思っている

などです。ちょっとネガティブなものも多いですが、それは関係が安定してきた事によって生まれた心の余裕によるものでしょう。

また30代以上の結婚適齢期の男性になると、同棲や結婚を意識し始める人もチラホラ。
この時期、女性が「付き合っている彼の気持ちがわからない」というのは、関係が安定してきた事で、彼からの連絡回数が減ったり、愛情表現が減ったり、という事が多々あるからだと思います。
付き合い始めのラブラブがずっと続いて欲しいと望む女性にとっては、これは不安要素になるんでしょうね。そこでその不安を解消するためにも、ぜひ彼の気持ちを見極めましょう!

次の項で詳しくお話していきます。

付き合って半年、彼氏の気持ちを見極める3つのポイントとは?

前項では付き合って半年を男性はどんな風に捉えているのか、その本音に迫ってみました。
でも大切なのは一般論でもなく、他の男性の気持ちでもなく、あなたの彼氏の気持ちですよね。
ここでは、付き合って半年の彼氏の気持ちを見極める3つのポイントをご紹介していこうと思います!

彼氏の言葉ではなく態度を見る

恋する女性の多くは、彼氏の言葉に一喜一憂するものです。
確かにどんなに愛されていても、言葉にしてくれないと不安になる...という事はありますよね。
でも言葉では真の愛情や気持ちははかれません。
愛してる、大好きと言われても行動が伴っていなければ今度はその言葉の信ぴょう性が気になります。
しかし態度には彼氏の気持ちがそのまま表れます。
付き合い始めの頃のように彼氏の連絡がマメじゃなくなったとしても、一緒にいる時の態度に愛情を感じる事が出来れば問題ないでしょう。

単に関係が安定してきた事で安心して、連絡回数が減っているだけなのかもしれません。
逆に連絡はマメだけれど会っている時の態度に不満や不安を感じるようであればそれはちょっと問題です。

言葉というのはあくまでもコミュニケーションのためのツール、という風に理解して言葉ではなく彼の態度で自分への気持ちを見極めるようにしましょう。

話し合いの場を持つ

彼と自分の関係について話し合う...なんていうと「半年じゃまだ早くない?「なんだか重い女と思われそうで心配」
という声も聞こえてきそうです。

しかし、付き合って半年というのは決して短い期間ではありません。
付き合って半数程度のカップルが半年は破局すると言われているんですよ。
その中で、半年も続いたという事はすでに結婚の可能性の「芽」がある、と言えるのではないでしょうか?
結婚はさておき、もしあなたが、付き合って半年の彼の気持ちがわからない...と思ったら、ぜひそれを口にして彼の気持ちを聞いてみましょう。

日本は欧米人のように自分の気持ちを言葉やボディタッチで表すという習慣はまだまだ浸透していません。
例えば「セックス」の問題。日本では30代以上のカップルの実に3組に1組がセックスレスだと言われています。

しかし欧米ではレスのカップルはほとんどいません。
なぜならセックスの話題も含めカップルで話し合い解消していくからです。
彼に話してみれば何って事なかったのに1人で抱えていると、不安がどんどん膨らみ苦しくなってしまう...という事は多々あるので、ぜひ彼と話し合いの場を持つようにしましょう!

少し距離を置いてみる

付き合って半年の彼の気持ちがわからなくなったら...少し距離を置いてみるのもおすすめの方法です。
こんな不安な時に距離を置くなんて大丈夫?と不安になる方もいるでしょう。
でも彼と少し距離を置く事には大きなメリットが2つあります。

1.自分の気持ちを再確認出来る

彼と正面から向かい合って、彼の事で頭がいっぱいなうちは冷静な判断が出来ません。
本当に彼が好きなのか、ムキになって彼に執着しているのか、いろんな自分の気持ちと対峙する事ができます。
自分の気持ちがクリアになれば、彼とも新たな気持ちで向き合う事が出来るので、以前よりよい関係を築く事にもなりますよ。

2.彼の反応によって気持ちがわかる

少し距離を置くといっても、そのまま彼に伝えれば「別れ前提」であると誤って捉えられる事が。
ですから「来週から仕事がちょっと忙しくなく」「これからテスト期間だから、ちょっと会えなくなるかも」というように、彼を安心させた上で、会えない期間を設けてみるのです。
少し連絡がマメになったり、離れている分愛情表現をしてくれるようになったり、逆にまったく様子が変わらない...
このような反応からある程度彼の気持ちを計る事が出来ます。
少し勇気がいるかもしれませんが、ぜひ実践してみてくださいね!

半年ジンクスをくつがえせ!倦怠期を乗り切るための方法とは?

 

前項では、付き合って半年の彼氏の気持ちを見極める方法をご紹介させていただきました。
やっぱり彼が好き、これからも付き合っていきたい、でも倦怠期である事は間違いなさそう...そんな風に落ち込んでいる方、倦怠期は打開できます。
そもそも倦怠期は極々限られた期間です。
乗り越える方法はあるので、ぜひ試してみてください。

これから倦怠期を乗り切る4つの方法を具体的にご紹介していきます!

1.初デートの再現

付き合って半年、新鮮味がなくなり相手に慣れてくる頃ですよね。よく言えば安定してきたという事なのですが、ドキドキ感がなくてつまらない...と感じたらぜひ初デートの再現をしてみてください!
初めて行った場所、初めて一緒に食事をしたレストラン、そして初めてキスをした場所...
これらの「初めてスポット」を巡る事で、当初のフレッシュな気持ちがよみがえってきます。
これは離婚の危機を迎えた夫婦が、心理カウンセラーの指導によって関係再構築のために行うセラピーにも取り入れられているんですよ!

2.自分磨き

この半年、あなたは自分で変わったなと思いませんか?
メイクやファッション、彼への心使いなど、ちょっと手抜きになっていませんか?
関係が安定してくるとどうしても、心に余裕が出てしまい、その余裕は時に手抜きに繋がってしまうのです。
女性だけではなく男性にも言える事ですが、男性は自分の彼女がいつまでもキレイで可愛い事を願っています。
「お前の彼女綺麗だな」なんていうのは男性にとっては最高の褒め言葉。
彼の自慢の彼女であり続ける努力を続けましょう。
見た目だけの問題でなく、彼のために努力をするという姿は、彼にしっかり伝わります。
あなたの魅力を再アピールして、もう一度自分に恋させてみせる!
くらいの意気込みで取り組むとよいですよ!

3.彼と会わない時間を充実させる

付き合って半年、中にはそろそろ同棲したい、結婚も視野に入れたいという女性もいらしゃるのではないでしょうか?
彼も同じ気持ちなら良いのですが「温度差」があると、どうしても関係がギクシャクしてきます。
彼に対して重くなっていないかな?彼に依存していないかな?
そんな風に思ったら、彼と会わない時間も楽しめる自分を目指しましょう。

新たに趣味を見つけるのも良いですし、資格取得に向けて勉強するというのも良いですよね。
ちょっと疎遠になっていた女友達と出かける、といった程度でも大丈夫です。
男性は基本的に「精神的に自立している」女性でないとどんどん負担に感じます。
自分がいなくても毎日楽しめている、という事がわかればホッとすると同時に一抹の寂しさも感じ、逆に彼からのお誘いが増える...かも!

4.自分の気持ちをしっかり伝える

前の項でもご紹介しましたが、自分の気持ちを言葉にして彼に伝えましょう。
日本人は「察する文化」と言われています。
言わなくてもこれくらいわかるだろう...と自分の気持ちをあえて言葉にする事をしない傾向が強いんです。
しかし、言葉にしなければ伝わらない事だって沢山あります。

カップルと言えど、異なる人格を持つ他の人間なのですから....
自分の気持ちがわかってもらえない!と嘆く人のほとんどは、自分の気持ちを実は伝え切れていないのです。
男性は女性に比べて、ちょっと鈍感な部分もありますから、その意味も含めて、自分の気持ちをしっかり彼に伝えてみましょう。
そして同時に彼の気持ちも言葉にしてもらえましょう。
きっと今より言い関係になれるはずですよ!

付き合って半年、彼氏の気持ちがわらなくて不安、このままだとダメになってしまうのでは...そんな風に悩んでいる方は、ぜひご紹介した方法を実践してみてくださいね!
付き合って半年は、倦怠期、マンネリ期と言われますが、この時期をネガティブに捉えるのではなく、二人の関係を見直したり、お互いの欠点も受け入れたり、将来のビジョンについて語る事が出来る期間...という風に捉えて、彼との愛を深めていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は「付き合って半年!彼氏の気持ちがわからない...そんな悩めるあなたへ」というテーマでお送りさせていただきました。

付き合って半年は恋愛ホルモンの分泌量が落ちてくるので医学的にもまさに1つの節目と言えるでしょう。
そのため付き合って半年は倦怠期、マンネリ期などと言われるわけで、多くのカップルが最初の壁に突き当たります。

そんな時は、彼の本音を見極め、少し客観的な視点で彼氏との関係を見つめる事で不安な気持ちは解消されていき関係自体をリフレッシュさせましょう。

この時期を乗り切ることが出来れば、彼氏との絆はより強いものとなりきっとラブラブ度もアップするはずですよ!

登録するだけで恋人が出来た!

【2018年版】おすすめの出会いアプリ・サイト【出会い系ランキング】

マッチングアプリ、出会いサイトって男女とも登録無料でお試し利用が出来るの知ってますか?

登録も超簡単!

アプリをダウンロードするだけですぐに使えます。

恋愛・婚活・遊びなど様々なアプリがあるので、自分に合ったアプリを探してみましょう!

-彼氏・彼女の作り方

Copyright© 出会いの定石 , 2018 All Rights Reserved.