彼氏・彼女の作り方

【30歳からの婚活】モテたいなら趣味を活かせ!

更新日:

若手社員のころは合コンに誘われることがあったけれど、30代に突入するとめっきりご無沙汰、職場と家の往復で張り合いがないと感じたことはありませんか?!またずっと続けている趣味はあってもマンネリだなぁと感じていませんか?!そろそろパートナーが欲しいなぁ、新たな出会いを求めるなら新しい趣味に挑戦してみましょう。今回のテーマは【30代からの出会い】趣味を活用して彼女を作りましょう。

いまどんな趣味をしている?!

あなたはどんな趣味を持っています(いました)か?!男性が趣味としてする一例を挙げます。

  • スポーツ系のサークル
  • ゴルフ
  • 釣り
  • 身体を鍛える
  • 映画鑑賞(自宅でのDVD鑑賞を含む)
  • 音楽
  • ゲーム
  • 読書(漫画を含む)
  • プラモデル制作

男性に多いのはスポーツ系、サッカーや草野球のサークルなどに所属している方がおられますね。また、仕事でのお付き合いで始めたゴルフが趣味になった方もおられるでしょう。インドア派では音楽やゲームやDVD(映画)鑑賞、プラモデル制作などが挙げられます。さらにはここ数年でスマートフォンで動画を観るのが趣味になった方もおられるでしょう。

共通して言えること

趣味は日々のストレスを忘れ好きなことに没頭できる大切な時間ですが、テーマを【恋愛】に置き換えたときその趣味が出会いにつながるかというと、そうではありません。男性がよくする趣味を見て音楽や映画鑑賞以外で共通して言えることは女性と付き合える確率が低いということです。一見スポーツ系は出会いがありそうに思えます。しかし、これが落とし穴、スポーツをしてこれまで恋愛に関する収穫がなかった男性は気付かなくてはなりません。確かにスポーツをする男性は魅力的なので出会いを求める女性が応援にいったりマネージャーをかって出たりすることはあります。しかし周りを見てください、同じ競技をするの、男ばかりでしょ?!応援にきてくれたりマネージャーをしてくれたりする女性は数人なのに、比率で考えると圧倒的に男性の方が多い、そうなるとルックスがよかったり大手企業に勤めていたりと条件のいい男性が必然的にお得ですよね。もちろん30代の自分より若い男性を選ぶはずです。

また、ジム通いをしている方も下心があってもそこでの目的は身体を鍛えること、トレーナーさんに【女性目的で来ている】ととられ本気で相手にされなくなるのは困ります。だから受付の女性が綺麗だったり隣でトレーニングをしている女性が気になったりしても、プライドがストッパーとなって声をかけられないのではないでしょうか?!勇気を出して声をかけて「何のために来てるの」と軽蔑されたら立ち直れません。実際、私や周りの友人もジムで声をかけられた経験がありますが「出会いを目的にジムにくる男は違うよ」と思っていました。ジムで締めた身体は別の場所で活かしましょう。つまり、男性率の高い趣味は出会いがあっても付き合える可能性が低いし、男のプライドを崩してしまうような場所では声をかけにくいのです。

 

30代から出会いを求めて新しく趣味を始めるなら・・・

30代からでもできる恋愛や出会いに大いに役立つ趣味をご提案します。

料理

女性を差し置いてうんちくを並べながら手料理を披露する男性は嫌われますが、さりげなく料理に詳しい男性や簡単なものであっても料理をする男性はモテます。会話の中で知識がチラリと見えたり美味しい食べ方を知っていたりする男性は魅力的ですよ。また、共働きの現代において料理ができる夫(候補)は重宝されます。私自身既婚者ですが、料理は女がするものとして育てられた夫はキッチンに立つことがありません。同じように働きフラフラになりながらキッチンで奮闘する自分、かたや「できない」を理由にリビングでくつろぐ夫、付き合っている間に料理ができるもしくは手伝う環境を作っておけばよかったと後悔しています。主婦仲間を見ても一緒にキッチンに立ってくれる旦那様がいる家庭は奥様が旦那様にゾッコン、料理ができる男性は長く愛されますよ!

現在、男性会員も増えてきていますがクッキングスクールでは圧倒的に女性が多いです。女性率の高い場において特別ルックスが良くなくても男性は目立つしモテる傾向にあります。

ボルダリング

オリンピック競技に決定したことでボルダリング選手をバラエティー番組などで見かけるようになりましたが、注目を集めて日が浅い競技なので初心者でも始めやすい趣味と言えます。ボルダリングジムは増えているし、お試し入会ができるジムもあります。ボルダリングは競技をしている人の動きを見ることや「ガンバ」と声を出し応援するのが当たり前なので、特別仲良くなくても応援したり話したりできます。初心者のうちは様子見に徹したほうが良いですが、慣れてくると空気を読んで積極的に応援できるようになります。決して楽なスポーツではないけれど、気持ちを分かち合える人には親近感が湧きますよね。初心者でなくなったら温かく見守り声かけをする、その繰り返しで周りの人だけでなく女性とも仲良くなることができます。年齢に関係なくできる競技なので、もしもボルダリングを通じて出会った女性と結婚したら休日は同じ趣味を楽しむことができます。

マラソン(ジョギング)

男女ともにマラソン(ジョギング)人口が増加傾向なのはご存知ですよね。走りやすい格好と運動靴があれば誰でもできる、しかもお金をかけず身体を締めることができる手段です。この機会にたるみがちな30代の身体を締めましょう。やみくもに走っているだけでは出会えませんが、同じ時刻に同じ目的を持った人に親近感を持つ不思議な気持ち、通勤などで感じたことがあるはずです。同じ時刻に毎日同じように走る異性を見ると共感できるものがあります。追い越す際やすれ違いざまに「おはようございます」「こんにちは」など声をかけ、ある程度顔見知りになっておきます。挨拶を返してくれるようになったら女性が休憩しているときに「今日はあたたかいですね」など少しずつ声をかけてみましょう。急に食事に誘うようなガツガツさを見せてはいけません、ポイントはある程度自分の身体を締めたうえでたわいもない会話を少しずつ交わしていくことです。

インターネットや自治体の広報誌を見るとたくさんのサークルがあり、チームで地域のマラソンなどに参加するのも楽しいですよ。サークル内におじさん・おばさんがいても残念に思わないでください。そういったチームに所属する先輩方の中には独身同士をくっつけたいお世話好きさんがおられるので、チーム内の女性と上手くいくよう仕向けてくれたり女性を紹介してくれたりします。しかも紹介する側にもプライドがあるのでお育ちの良い素敵な女性を紹介してくれます。ボルダリングと同様、長くできるスポーツなのでその女性と結婚したら共通の趣味として楽しむことができます。

カメラ

男性も多いですが、いま女性の間でカメラは大人気です。工業地帯の夜景や灯台を撮りに行くマニアックなサークルがあるほど、撮影した写真をSNSにアップするのはもちろん、写真素材サイトに投稿し収入を得る人もいます。ブログやサークル活動で知り合った女性と仲良くなったり仲間を紹介してもらったり、趣味が同じだとトントン拍子に物事が運びますよ。ここでの注意点は前の項目でもご説明しましたが女性率が高いところに所属することです。

英会話

多くの日本人は外国語にコンプレックスを感じていますよね。それを趣味にすることで自分のセールスポイントになります。ビジネスシーンで取引先の外国人と対等に話す同僚は格好が良く見えるし、プライベートでも臆することなく外国人観光客に道案内などをする友だちはイメージが変わります。いわゆるギャップ萌えを狙います。たとえスクール内で出会いがなくても周りの人をハッとさせる特技だし今後の人生に大いに活かせるスキルですよ。

【変わりネタ】社交ダンス

ヒップホップなどは男性も多くされていますが、社交ダンスやコンテンポラリーダンスは常に男性不足で需要が高いです。ダンスに関しては好みが大きく別れますが、もしも興味があるなら体験入会してみてもいいかもしれません。社交ダンスやコンテンポラリーダンスなどは経験年数よりも才能、表現力に長けた人に向いていると言われており、自分に合っているかどうかはやってみないとわかりません。意外と筋が良くていきなり出場したコンクールで入賞する可能性もあります。踊れる男性はモテますよ。

テッパンは映画鑑賞

男性の趣味で映画(DVD)鑑賞はよく挙げられますが、女性も趣味として挙げている方が多いです。気になる女性がいるなら話題の映画に誘ってみるとOKされるかもしれませんよ。映画の後にお茶をした際、その日観た映画や他の映画を話題にすると会話がはずむし、映画の番宣をネタに「次はこれ観に行かない?!」と誘うことができます。注意すべきは恋愛ものを誘わないこと、付き合ってもいない、しかもまだ恋愛対象でない男性に余計な期待をさせたくないし、キュンキュンする映画を観たいと思いません。恋愛映画に誘うタイミングは相手が好意を抱いていると確信したときです。

Sponsored Link

サークルなどでの立ち振る舞い

最後にサークルなどに所属したとき、一目置かれる立ち振る舞いについてご提案します。

  • 笑顔
  • 挨拶
  • 清潔感
  • ガツガツしない
  • こびない
  • 女性から声をかけてくるのを待つ

笑顔を心がけて気持ちのいい挨拶をする男性は好印象です。女性が多いお稽古やサークルではそのサークル内の男性を話題にします。下手にこびるとバカにされ恋愛対象とみなされません。また女性は周りの評価に流される傾向があるので、数人が「あの人キモイ」と言い出したら少しいいなと思っても恋愛対象から外してしまいます。さらに、積極的に声をかけると「チャラい男」になります。女性率が高い場においてはあえて声をかけずさっぱりとした男性というイメージを与えるべき、おのずと女性から声をかけてくれますよ。

同じ趣味は会話を生む

冷めきった夫婦に共通することはコミュニケーション能力に欠けること、一緒に住んでいるだけでも会話はなくなるのに、共通の趣味がないと事務的なこと以外話題がなくなります。

同じ趣味を持っていたら自然と趣味の話題になります。また休日は同じ趣味を楽しむのでおのずと会話を交わしています。結婚するならいつまでも仲良しでいられる女性がいいですよね。今回30代からでも始められるスポーツ系の趣味もご紹介しましたが、サークルに入って活動する時間がなかったり体力的に自信がないと感じたりしたら、テッパンとしてご紹介した映画鑑賞を極めてみてはいかがでしょう?!

登録するだけで恋人が出来た!

【2018年版】おすすめの出会いアプリ・サイト【出会い系ランキング】

マッチングアプリ、出会いサイトって男女とも登録無料でお試し利用が出来るの知ってますか?

登録も超簡単!

アプリをダウンロードするだけですぐに使えます。

恋愛・婚活・遊びなど様々なアプリがあるので、自分に合ったアプリを探してみましょう!

-彼氏・彼女の作り方

Copyright© 出会いの定石 , 2018 All Rights Reserved.