大人の恋愛

スローセックスって何?スローセックスのメリットや実践方法を徹底解説!

更新日:

「スローセックス」みなさんも一度は聞いた事があるのではないでしょうか?
そのネーミングから単に時間をかけて行うセックス、という風に思ってる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそれだけではないのです。
今回は「スローセックスって何?スローセックスのメリットや実践方法を徹底解説!」というテーマで、スローセックスの驚きの効果や具体的な方法をなどを詳しくお話ししていこうと思います。
もっとベッドタイムを楽しみたい!もっと気持ちいいセックスがしたい!そんな方は必見ですよ!

スローセックスとは?

さて今回のテーマでもある「スローセックス」ですが、みなさんはいったいどのようなものかご存じですか?
日本でもアダム徳永氏によってスローセックスが一時流行し、その名を一気に高めましたので、まだ覚えている方もいらっしゃるかもしれません。

そこでこの項ではまずはスローセックスについて簡単におさらいしていこうと思います!

スローセックスの生い立ち

スローセックスというのは、射精や絶頂を目的とした男性本位のセックスに対し、ゆっくり時間をかけ、男女が互いをいたわりながら肌を重ねる時間を楽しむ性行為である。

(引用:ウィキペディア)

と認識されています。

このスローセックスのスローですが「スローフード」なんかに使われるスローです。
このスローフードはイタリアで食物の同質化、画一化に対抗し、地域の伝統食や調理法を守り、食事を楽しもうというスローガンのもとで生まれた運動です。

このスローフードが、実はスローセックスの生みの親だと言われているんですよ!
射精やオーガズムを目的とするだけなら、別にマスターベーションでもよいわけですよね。

セックスというのは、本来「愛する人に触れたい、触れられたい、そして1つになりたい」という欲求が愛の営みに発展したものです。

さらに、スローセックスの軸となっているのはスローセックスは「ポリネシアンセックス」ではないかと言われています。
ポリネシアンセックスとは、5日間かけて行う究極のスローセックスのこと。

最初の4日間はひたすら抱きあい、お互いを愛撫しあって、ようやく5日目に挿入するんだとか。

その時に得られる快感は従来のセックスの常識をくつがえすレベル!と言われています。

つまりスローセックスは、実は人間の原始的な欲求に基づいたきわめてシンプルなものなんですね。

日本においてのスローセックス

そんなスローセックスですが、冒頭部分でお話した通りアダム徳永氏が「スローセックス実践入門」という本がベストーセラーになり、一気にその名を高めました。
そのため、スローセックスの愛好者の数は世界的に見ても少なくないといえるでしょう。

しかしスローセックスを行うにはいろんな意味において「余裕」が必要です。
時間の余裕、気持ちの余裕、相手を思いやる余裕...

特に日本は日々の生活を時間に追われて過ごしている人が非常に多いため、スローセックスを試してみたいと思っていても、なかなか実現に至っていない...という方が多いのが現状です。

喜ばしいことに近年においては、男性本位のセックスを疑問視する風潮はますます強くなり、女性のセックス観もオープンになり、女性も気持ちよくなれるセックスとは?という問題が語られる機会も増えてきました。

その影響で、日本でふたたびスローセックスが注目されているのです。

ちなみに性やセックスにリベラルなスウェーデン、情熱的で年間セックス回数が世界トップクラスのギリシアイタリアでも、スローセックスは話題になっており、スローセックス関連サイトにはかなりの人が訪れますし、関連書籍も多く販売されています。

スローセックスの定義

 

さてそんなスローセックスですが、具体的にどんなものなの?という方のために、ここでは

をご紹介していきたいと思います。

この定義は、日本でのスローセックスの伝道師とも言えるアダム徳永氏が定めたものですが、海外のスローセックスに関連するサイトを見てもほぼ同じように定義づけられているんですよ!
そのスローセックスの定義とは?

  • 1.セックスは神から贈れた最高のプレゼントの1つ。崇高で尊厳ある行為でありそれを実践するもの
  • 2.スローセックスとは愛と性エネルギーを交流させ、人生に喜びと幸福をもたらすもの
  • 3.セックスは男女の究極的な芸術表現であり、豊かな感性を育み感受性を育てるもの
  • 4.スローセックスとは最高のエクスタシーを体感し、最高の喜びを共有し合うもの
  • 5.前戯15分・交わり5分の欲望の処理を目的とし、自分の欲望を満たすセックスを「ジャンクセックス」もしくは「ファストセックス」と呼び、スローセックスはその対極をなすもの
  • 6.感じている演技や、オーガズムに達した「フリ」は不必要であり、ただ快感に酔いしれる行為
  • 7.オーガズムに達するのは結果でしかない。イクこと・イカせることを目的とせず、セックスという行為そのものを時間を忘れて満喫するもの
  • 8.スローセックスは正しい性知識を学び、そのテクニックをマスターして初めて実現が可能になる

 

スローセックスの定義を熟読すると、セックスがいかに愛に溢れた素晴らしい行為かがわかりますよね。
何かにつけて多忙な今日、セックスもさっさと済ませている...そんなカップルは少ないないのではないでしょうか。
そのようなジャンクセックス、ファストセックスはオーガズムに達したとしても心は満たされない事が多く、真の愛の営みではない、という意見も。

どんなセックスをするかはもちろんカップルの自由ではありますが、スローセックスは後に詳しくご紹介しますが、メリットが非常に多いセックスです。

次の項ではそんなスローセックスを行う時のポイントについてお話していこうと思います。

スローセックスを行う時の4つのポイント

スローセックスは愛に満ちた素晴らしい行為です。
この項ではそんなスローセックスを行う際の4つのポイントを具体的にお話しさせていただきます!

  • 時間をかける
  • 真の思いやり
  • 一切のルールを排除
  • 五感で楽しむ

1.とにかく時間をかける

男性の中には、セックスに時間をかけるというとつい「持久力」を問われている気になってしまう人がいます。
しかしスローセックスというのは、ゆっくり、たっぷり時間をかけてお互いを愛し合うのがポイントです。
挿入時間でも、ピストンの回数も問題ではありません。

オーガズムという目的地にたどり着くためにするのではなく、むしろオーガズムに至るまでの道のりを楽しむのがスローセックスです。
1つ1つのパーツを時間をかけながら愛撫する、時には動きを止めて見つめ合う、そんな風にとにかく時間をかけましょう。

スウェーデンのセックスセラピストが提唱するスローセックス法の中ではセックスの最中にティータイムを設ける、なんて事も書かれているんですよ!

2.パートナーへの思いやりの気持ち

セックスはどちらか一方が気持ちよくなればいい...というものではありません。
二人とも肉体的、精神的に満たされるのが愛のあるセックスです。
ですから、スローセックスにおいて大切になってくるのが思いやりです。
相手が嫌がる事はしない、無理強いはしないというのは当然ですが、スローセックスにおいては「演技をしない」というのも思いやりの1つです。

セックスの時に感じているふり、オーガズムに達したふりをする女性は珍しくありません。
それは、パートナーを傷つけないためと一見思いやりがある行動に見えますが、演技をするというのは相手を欺く行為、とも言えます。
これは男性にも言えることです。

彼女が一生懸命愛撫してくれているから、気持ちいいふり...このような事を続けていればいつまでたっても、本当に気持ちいいセックスは出来ませんし、気持ちも満たされません。
スローセックスはありのままの自分を見せる事が大きなポイントになります。

3.ルールを定めない

カップルによっては、クリニングスされた後はフェラチオでお返しをする...なんて言う風にルールを定めているという事もあると思います。
決して話し合って決めた事ではなく、流れ的にそうなっているのだとは思いますが、これはセックスのプレシャーになります。
スローセックスには一切の義務がありません。
ですから「○○しないと」という気持ちは必要ないのです。

男性の中には、セックスは体位を変えないと、とか、挿入までに一回はイカせないとと考える人も多いですが、これも自分で定めたルールです。

このようなルールを一切排除することで、無意識のプレシャーから解放されより大きなセックスの悦びを感じる事が出来るでしょう。

4.五感で楽しむ

「セックスは五感で楽しむもの」
こんな言葉を聞いたことはありませんか?
スローセックスのポイントの1つも五感をフルに使うことがあげれます。
セックスは目で見て、相手の吐息や声を耳で聞いて、相手の香りを十分に楽しみましょう。
それによってより興奮が高まり、より大きな快感を感じ、そして相手を愛おしいという気持ちもより大きくなります。

前の項でも触れましたが、スローセックスの対極にあるファストセックスやジャンクセックスはキスもそこそこに、時に服を脱がせる事もなくあわただしく挿入し、射精を行うセックスです。

限られた時間の中でセックスをするにはこれも1つの方法かもしれませんが、このようなセックスは五感をフルに使っているとは言えません。
動きやテクニック、体位にこだわるセックスより、五感で楽しむセックスは何倍も充足感を感じることができます。

スローセックスを行う際は、ぜひ上記の4つのポイントを心がけてくださいね!

スローセックスはやはりすごかった!スローセックスのメリットとは?

スローセックスが世界的にこれだけ注目されているにはやはり理由があります。
単に気持ちがいいというだけではないのです。
この項では、スローセックスがもたらず5つの効能を具体的にご紹介していきたいと思います!

  • パートナとの絆が深まる
  • 女性をキレイにする
  • これまとは違うオーガズムの体感
  • 高齢者でも楽しめる
  • 感じやすい体質になる
  • セックスレスの予防

 

1.パートナーとの絆が深まる

スローセックスとはこれまで何度もお話したように、自分の欲望を満たすだけではなくパートナーを慈しみ、一体感じるためのセックスです。
自分が気持ちよくなるより、相手を気持ちよくしたい!そんな気持ちでセックスをするので、身体だけでなく心も一体になります。
スローセックスにおいては前戯や挿入だけでなく「後戯」も大切であることは前項でもご紹介させていただきました。

男性の多くはオーガズムに達し射精するといわゆる「賢者タイム」に突入する人が多いですよね。
賢者タイムというのは、セックスの後寝落ちしてしまったり、急にパートナーにそっけなくなったりすることです。
男性は射精の瞬間がセックスにおいて興奮のマックスです。

これは射精時に分泌される男性ホルモンの影響ですから、ある意味自然現象と言えるでしょう。
後戯れとは、たんに肉体的に愛撫するだけではありません。
ただ抱き合ったり、ピロートークやセックスの余韻を楽しむ、これも立派な後戯です。
これがあるとないとでは、女性の満足度はまったく違います。

スローセックスは、女性が感じる充足感が通常のセックスよりはるかに大きいので、結果的にパートナー間での絆はより深まると言えるでしょう。

2.女性をキレイにする

好きな男性に触れられ、愛される事で女性の体内では女性ホルモンの分泌が活発になります。
女性ホルモンは肌の調子を整えたり、女性らしい美しい曲線のあるスタイルになったり、若返り効果があることなども明らかになります。

セックスに美容効果やアンテイエジング効果があると言われているのは、この女性ホルモンが理由なのです。
そして身体が満たされるだけでなく気持ちも満たされるとより多くの女性ホルモンが分泌されます。
普通のセックスに比べ、時間だけでなくパートナーの愛情を十分に感じる事ができるスローセックスは、それだけ美容効果というメリットも大きくなるのではないでしょうか。

3.これまで感じた事がないオーガズムを感じることができる

女性の多くがセックスの時に感じているオーガズムは「クリイキ」もしくは「外イキ」と呼ばれる、クリトリスへの刺激によってもたらされるものだと言われています。

しかもこのクリイキでさえ、セックスの時に得られる女性は全体の3割以下と言われているのをご存じですか?
自慰(オナニー)でクリイキを体感できる女性は9割以上と言われているのに...です。
これが中イキとなるとさらに割合は減り、なんと女性の1割程度と言われています。
と言うと、まるで男性のテクニック不足を責めているようですがそうではありません。

女性はセックスの時に「(相手のためにも)イカないと」というプレッシャーを無意識に感じているんです。
スローセックスの定義には「イクことにこだわらない」というものがあります。
あくまでオーガズムは結果に過ぎないからです。
スローセックスは、イクことへのプレシャーから自然に解放される行為です。
ですから、矛盾しているようですがスローセックスでは、かつて感じたことのないオーガズムを感じる事が出来るのです。

衝撃のような一瞬のオーガズムではなく、まるで永遠に続くかのような絶え間ないオーガズムを経験することができます。
また女性だけでなく、男性も射精に至った後でも、断続的に快感が続いたり方法によっては「ドライオーガズム」を経験することができます。
ドライオーガズムというのは、射精を伴わないオーガズムの事です。
射精をしないのにオーガズム?と思われた方も多いと思いますが、このドライオーガズムを数回迎えた後に射精をすると、通常の射精の何倍もの強い快感を感じる事ができます。

つまりスローセックスでは男女ともに、これまでとは違う快感を得る事が出来るのです。
しかしこれは目的ではなくあくまで結果であることをお忘れなく!

4.高齢者でも楽しむことができる

「セックスは生涯楽しむもの」
これは間違いありません。
しかし、残念ながら加齢とともに勃起力が低下したり、体力や精力が衰えるというのは誰にもおこり得ることです。
また加齢による問題は男性だけのものではありません。

セックスにおいて女性は肉体的には受け入れる側ですから、加齢の問題は一見なさそうですよね?
ところがそうではありません。

女性の身体は閉経を迎えたり更年期を迎えると女性ホルモンの分泌量が減少し、それに伴い性欲が激減する人が多いのです。
女性ホルモンの分泌量が少なかったり、性欲自体を感じなくなると、分泌される愛液の量も同時に減少し、男性器を受け入れるのが困難になります。

スローセックスは、挿入そして射精ががすべてではありません。
仮に十分に勃起せず挿入が出来なくても、手や唇、そして言葉、すべてを使ってパートナーを愛すればよいのです。
男性はつい持久力やテクニックを重視しがちですが、女性は好きな男性に触れられる事、そして「愛されている」と実感することで、気持ちだけでなく身体も満たされます。

加齢によって感じにくく、男性を受け入れにくくなった女性でも、このように時間をかけて愛されることで、セックスの悦びを再び感じることができます。
そう考えると、スローセックスは高齢者の方にこそメリットが大きい方法だと言うことが出来るのではないでしょうか?

5.感じやすい体質になる

スローセックスは性急に交わるのではなく、時間をかけて身体の隅々まで愛しあいます。
そのため、自分自身さえも知らなかった新たな「性感帯」の存在に気づく事が多々あります。

女性の中には「まるで身体全体が性感帯になったみたい」「何をされても感じる」という風にスローセックスを語る人も。
女性と男性では一般的には男性の性欲の方が強いと言われています。
そのため、「自分(男性)はセックスしたいのに彼女が応じてくれない」という不満を抱えている男性は珍しくありません。

しかし女性がスローセックスによって感じやすい体質になれば、彼女の方からセックスを求めてくる事も増えるはずです。
また、男性は先にもお話した通り「賢者タイム」というものがあります。程度こそ人によって違いますが、射精の後は、一気に素に戻ってしまうという男性が多いでしょう。

その点スローセックスは射精に至るまでに快感エネルギーを溜めこみ、身体も心も満たされた状態でオーガズムを迎えます。
スローセックスは女性も積極的にパートナーを愛撫していきます。
男性だけがイニシアティブを握るセックスではありません。

そのため、男性はリラックスした状態で受け身の快感も楽しむ事が出来き、新たな性感帯が開発され身体を重ねるごとに感じやすい体質になっていきます。

6.マンネリセックスやセックスレスを予防できる

日本は世界的に見るとセックスレス大国です。
3組に1組がセックスレスと言われているのです。

セックスレスの原因はさまざまですが、その1つとして「セックスのマンネリ化」があげられます。
どんな大好物でも、毎日食べ続ければいずれは飽きてしまいますよね?
「美味しいのはわかっているんだけど...」という状態になってしまいます。
セックスもそれと同じです。

同じようなセックスを毎回していると、セックスがマンネリ化してしまい刺激を感じなくなります。
しかしスローセックスで得られる快感と充足感は普通のセックスでは得難いものです。

しかも、時間をかけてお互いの身体を愛する事で、毎回違う「発見」があるのです。
つまり同じパートナーとのセックスでも飽きがこないのです。
それどころか回数を重ねるごとに快感もアップし、絆が深くなるので、またすぐに身体を合わせたくなる...という現象がおこります。

マンネリセックスを回避することができれば、セックスレスに陥る可能性はかなり低下します。
カップルにとってセックスがすべて、ではありません。
しかし愛し合う二人が身体を重ねるのはごく自然な行為ですから、これがあるとないとでは心の結びつきの強さも違ってくるのではないでしょうか?

このようにスローセックスはメリットが非常に多いセックスです。
試してみる価値、多いにあるのではないでしょうか?

スローセックスの実践方法!おすすめテクニックは?

さてここまでは、スローセックスを行う上でのポイントや、スローセックスのメリットをご紹介してきました。
「ぜひスローセックスに挑戦したみたい!」そんな風に思われた方も少なくないはず!
そこでこの項では、具体的なテクニックをご紹介していきたいと思います。

  • フェザータッチ
  • アダムスタッチ
  • パームタッチ
  • 守備の交代

フェザータッチ

フェザータッチというのは、相手の肌に触れるか触れないかくらいの微妙なタッチで全身を愛撫するテクニックです。
指先でトントンと軽く相手の身体をノックしたり、優しく触れた後、しばらく焦らしてまた優しく触れる、という事を繰り返します。
これによってまるで全身が性感帯になったかのように、どこを触られても気持ちいい!という状態になります。

焦らしというのはセックスにおいて強力なエッセンスになります。
セックスにアイテムを用いる事に抵抗がない方は、女性のメイクブラシを使ってみるとよいですよ。

アダムタッチ

アダムタッチというのは、スローセックスでお馴染みのアダム徳永氏が考案したテクニックです。
手の平をリラックスさせて相手の肌から2cmほど上空で待機させます。この距離を保ちながら触れるか触れないかのレベルで指を這わせて、円状に肌に指を滑らせながら全身をマッサージしていきましょう。
男性はつい力を込め過ぎてしまう事が多いので、アダムタッチを心がければほどよい強さの快感をパートナーに与える事ができます。

パームタッチ

このパームタッチもまだアダム徳永氏が考案した方法です。
手の平(パーム)全体を使い身体を愛撫していきます。
自分の手が吸盤になったというイメージを持って、常に手の平の一部分が身体にあたるように全身をタッチしていきます。
アダムタッチやフェザータッチと組み合わせる事で、予測不可能な快感をパートナーに与える事ができます。

守備の交代

「守備」なんていうとまるで野球か何かのプレイのようですが、セックスって攻めと守りが固定しがちです。
スローセックスにおいてルールは不要というのはスローセックスのポイントでご紹介しましたが、守備を決めるというのもまたルールを定めている事になります。

多くの場合、男性がイニシアティブを取り女性を攻めていく事が多いと思いますが、これを交代するだけでまるで別人としているかのような新たなセックスの快感を得る事が出来ます。

ぜひこれらのテクニックを使ってスローセックスをしてみてください。
これまでとは違う快感に誘われることでしょう!

まとめ

いかがでしたか?

今回は「スローセックスって何?スローセックスのメリットや実践方法を徹底解説!」というテーマでお送りさせていただきました。
現代人は本当に忙しいですよね。
毎日時計とにらめっこという方も多いのではないでしょうか?
そんな時代だからこそ、何に時間をかけるか?という事が大切になってきます。
どんなにあわただしいく忙しい毎日でも、時間をかけたいものの1つがセックスなのではないでしょうか?

毎回とはいきませんが、少しゆっくりできる週末や休日の朝、ぜひあなたもスローセックスを試してみてください。
きっとこれまでとは違う快感、そして充足感を味わう事が出来ますよ。
そしてパートナーとの間に生まれる一体感によって、より濃厚で親密な関係が築けるはず。

ぜひあなたもスローセックス、試してみてくださいね。

登録するだけで恋人が出来た!

マッチングアプリ、出会いサイトって男女とも登録無料でお試し利用が出来るの知ってますか?

登録も超簡単!

アプリをダウンロードするだけですぐに使えます。

恋愛・婚活・遊びなど様々なアプリがあるので、自分に合ったアプリを探してみましょう!

-大人の恋愛

Copyright© 出会いの定石 , 2018 All Rights Reserved.