大人の恋愛

「気持ちいい」にはいろいろあった!みんなの気持ちいい瞬間を大公開!

更新日:

いきなりですが、あなたが「気持ちいい」と感じるのってどんな瞬間ですか?
気持ちいいこと、なんていうとついセックスを連想してしまう方も多いと思いますが、世の中にはセックスと同じくらい、いえ、セックス以上に気持ちいいこともあるんです!

そこで今回は「気持ちいい」にはいろいろあった!みんなの気持ちいい瞬間を大公開!」というテーマでお送りしたいと思います。

気持ちいいことをしてストレスから身を守ろう!

普段の生活の中で、無性に「気持ちいいことがしたい!」って思う事はありませんか?
実はそれは、脳からのSOSなんです。
何に対するSOSかと言うと...ストレスです。
ストレスが体に及ぼす影響は甚大です。

ストレスを感じると、胃腸にきたり、頻繁に頭痛が起こったり、食欲不振に陥ったり逆に過食をしてしまったり。
さらには免疫自体の低下により風邪をひきやすくなったり、近年の研究では、癌の発症率を高めることも明らかになっています。
そう、ストレスは百害あって一利なし!なのです。

ですから、ストレスがたまると脳はそのストレスを発散させるために「気持ちいいこと」を求める、と言われています。

気持ちいいことをしたいというのは、人間の原始的な欲望であると同時に、ストレスから身を守るための自己防衛手段と言えるでしょう。

ということで、ぜひあなたも気持ちいいことをしてストレスから身を守りましょう!
次の項からは具体的に「気持ちいいこと」をご紹介していきたいと思います。

あなたが想像もしなかったものも含まれているかもしれませんよ!

1.セックス

冒頭部分で「セックス以外にも気持ちいいことはたくさんある」とお話したばかりでなにですが...

やはりセックスが気持ちいいというのは誰もが知っている事実ですよね。

セックスに限らず、ひとりエッチ、彼女に手や口でしてもらっている時...erc性的快感というのは、やはりもっとも気持ちいいことの1つと言えると思いますが、セックスというのは、身体も心も同時に満たされる行為なのでその気持ちよさは格別です。

愛のあるセックスはより気持ちいい

男性はオーガズム=射精ですから、セックスが気持ちいいのは当然のことです。
女性はセックスの時にオーガズムに達する確率は男性よりかなり低いですが、そのかわりオーガズムの強さは男性の数倍と言われています。

私たちの身体は、オーガズムに達すると扁桃体や視床下部など脳で最も深いエリアから、ドーパミンやオキシトシン、エンドルフィンなどの快感を引き起こす神経伝達物質が放出されます。
これが強烈な快感の正体です。

これだけではありません。

好きな彼女や彼とセックスしている時は「ハッピーホルモン」の異名をとるセロトニンと呼ばれる脳内物質が分泌されます。

の脳内物質には不安を押え、ストレスから解放し、多幸感といった効能があるんです。
セックスが気持ちいいですが、愛のあるセックスはより気持ちいい!と言えるでしょう。

セックスで得られるオーガズムにはストレス軽減効果が!

またセックスの時にオーガズムに達すると、さまざまな神経伝達物質によって呼吸や鼓動が速くなります。
この時、脳内ではストレスや不安に対応する意識部分の活動が抑えられるというのです。

冒頭部分で「気持ちいいことをしたいのは脳からのSOS」と書いたことを覚えていらしゃいますか?

疲れるとエッチしたくなる、忙しい時に限って性欲がたまるという方は多いと思いますが、これは脳がストレスから解放されたい!というSOS...なのかもしれませんね。

ちなみに、セックスに関しては、気持ちいいだけでなく様々な健康効果や美容効果が明らかになっていますのでパートナーがいる方はどんどんしちゃいましょう!

2.エッチな事全般

性的な刺激は、人間が感じる「気持ちいい」ことの中でも中毒性が高いと言われています。
例えば、サルにマスターベーション(オナニー)を教えると、1日中、性器が赤く傷ついてもひたすら続ける、と言われています。
射精の瞬間に得られるオーガズムは強烈な快感ですし、女性のオーガズムは男性のそれに比べ何倍も大きいと言われています。

  • 恋人にしてもらるエッチな事
  • マスターベーション

恋人にしてもらうエッチな事

セックスの前の前戯は非常に大切ですよね。
挿入のための準備であると同時に、彼や彼女の愛情の大きさを確認出来る行為ですよね。

全身をキスしたり、舐めたり、互いの性器を手や口で刺激したり...肉体的に気持ちいいのはもちろんの事「好きな人がこんな事までしてくれるなんて」という風に精神的に満たされるため、気持ちいいと感じるのです。

逆に恋人の前戯がおなざりだと「本当に愛されてるのか?」と不安になってしまう人が多いんですね。特に女性に多く見られる傾向です。

身体もココロも気持ちいい!それが恋人にしてもらうエッチなあんな事、こんな事...というわけです。

マスターベーション(オナニー・自慰・1人エッチ)

マスターベーションが気持ちいいのは猿だけではありません。
もちろん人間だってマスターベーションは気持ちいい事の1つです。
男性が定期的に射精をするのは身体の構造上ごく当たり前の事です。
ためておける精液には限界がありますもんね。

しかし、女性だってマスターベーションはします。
某アンケートによると、女性の8割はマスターベーションの経験があり定期的にしているそうです。
女性は男性に比べセックスでオーガズムに達するのは難しいので、恋人がいてもセックスでイケないと、家でマスターベーションをして身体の欲求を満たすのです。

一度オーガズムを覚えると、脳はその快感を再現したがるそうです。
性的な気持ち良さの中毒性が強いというのは、こういう事だったんですね。

ちなみにマスターベーションは気持ちいいだけでなく

・ストレス発散
・女性ホルモンの分泌量をアップさせる
・集中力を高める
・免疫アップ
・(女性は)セックスでイキやすくなる

といった嬉しい効果もありますので、男性だけでなく女性も積極的にすると良いですね!

3.キスやハグ

性的快感というのは、私たち人間が「気持ちいい」と感じること最たるものであると言えます。
しかしセックスだけでなく、キスやハグと言った触れあいだけでも気持ちいい!と感じる方は多いんです。

キスが気持ちいい理由

キスって誰としても気持ちいいというものではないですよね。
基本的にキスは特定の「好き」な相手としかしません。

唇を合わせることで好きな人の温もりを感じ、自分が受け入れられている、と感じる事ができるキスは間違いなく気持ちいいことの1つではないでしょうか。

キスが気持ちいいことには、医学的な裏付けがあるんです。
キスをすると、セックスする時同様オキシトシンという名の脳内物質が分泌されますが、これは別名「愛のホルモン」とも言われており、相手への親密さや絆を強く感じさせる効果があると言われています。

またキスの最中にはストレスホルモンとして有名な「コルチゾール」も分泌されますが、これには不安を減少させる働きがあるため、脳がリラックスして自然と気持ちいい状態に入っていくわけです。

また唇や舌、口内を刺激されることで性的な気持ちよさも得られます。

キスをセックスの前戯という意見もあるくらいですから、やはりキスって気持ちいいのです!

ハグで得られる気持ちよさ

好きな人とするハグもまた気持ちいい行為です。
ただ抱きしめ合うだけなのに、どうしてハグってこんなに気持ちいいのでしょうか?

ハグをされている時、彼の腕の中で、彼女の身体を抱きしめながら「幸せだな」って思いませんか?
その時脳内では「セロトニン」が分泌されています。
このセロトニンは前項でもご紹介させていただきましたがハッピーホルモンと呼ばれる、幸福感を感じることが出来る脳内物質です。

アメリカのカーネギーメロン大学の研究チームの研究によると、ハグにはストレスを軽減する効果があるそうです。
毎日「30秒間」ハグをすると、なんと1日に感じたストレスの3分の1を解消することが出来るのだとか!

またハグをされる事で、お互いの愛情を確認することが出来きます。
ハグが気持ちいいのにはこんな理由があったんですね!

このようにキスやハグが気持ちいいと感じるのにはどちらも医学的な裏付けもあるんです。

でも何と言っても、好きな人とキスしたりハグしたりする時間というのは間違いなく至福の時です。
幸せを感じる瞬間というのは、脳がストレスから一時的にせよ解放されているので必然的に「気持ちいい」と感じるんですね!

4.リラクゼーション

性的な事の次に気持ちいいことは?と質問されたら多くの方の頭の中にはマッサージやエステ、温泉などが浮かぶのではないでしょうか?
ここではこれらのことを「リラクゼーション」とまとめてお話しさせていただきます。

  • 温泉・お風呂
  • マッサージ
  • エステ

 

温泉・お風呂

現代人の生活は本当に多忙です。
なので浴槽に使ってゆっくりお風呂タイムを楽しむというのは贅沢カテゴリーに入ってきているのではないでしょうか?
普段はシャワーの生活を送っている方も多いと思います。
温泉やお風呂に入ると本当に気持ちがいいですよね。

これは、血行が促進されることで筋肉が緩みリラックスするからだと言われています。
また、温かいお湯につかると、ふっと気持ちがほぐれますよね。

そんな精神的な気持ちよさ、も温泉やお風呂で味あうことができます。

マッサージ

マッサージもまた気持ちいいことの代表とも言える存在ではないでしょうか?
マッサージも温泉やお風呂と同様、身体的気持ちよさ、と精神的な気持ちよさを同時に味わうことができると言えます。

マッサージは血行促進作用があります。
血行が良くなると、全身にたまった老廃物が体外に排出されやすくなります。
つまり「デトックス効果」があるんですね。
浮腫みが解消されたり、気分がスッキリしたりして身体が気持ちいい!と感じる状態になります。

そしてマッサージを受けている時間ってとっても贅沢な時間ですよね。
日常から切り離されて、他人の手に自分の体を委ねるということで得られる精神的な満足感があります。

エステ

女性の方にとってエステは気持ちいいことの上位にくるのではないでしょうか?
エステは身体的には必ずしも気持ちいい事だけではないのです。

例えば、痩身エステの揉みだしマッサージ、体験した事がある方もいらしゃると思いますが、痛いことすらあります。
脱毛もエステの一部かと思いますが、脱毛はどんな方法でもされて気持ちいいものではありませんよね。
それでもエステサロンを出た後は「気持ちよかった」と思うのです。

これはなぜかと言うと自分がキレイになった、より美しくなったと感じる事が出来るからです。
つまり精神的充足を得ているわけですね。

それにくわえ、エステサロンという非日常的空間に身をおく瞬間は日常生活の雑多から解放されるわけですから、それが気持ちいい!に繋がるのではないでしょうか。

このようにリラクゼーションというのは気持ちいいこと、です。
痛い!と感じるマッサージさえ、つい通ってしまうのはそれが気持ちいいからですよね。
肉体的な気持ち良さとだけでなく精神的な気持ち良さを感じる事が出来るリラクゼーション。

最近ご無沙汰という方は、ぜひ時間の都合をつけてリラクゼーションタイムを確保しましょう。
きっと気持ちいい!を実感できるはずですよ。

5.スポーツ

みなさんはスポーツはお好きですか?
実はスポーツも気持ちいいこと、の1つなのです。
自分が実際にスポーツするだけでなく、スポーツ観戦でも気持ちいいは味わえるんですよ。

  • ランナーズハイ
  • 得点の瞬間
  • スポーツ観戦
  • 適度な肉体的疲労

ランナーズハイ

スポーツでの気持ちいい事と言えばまず挙げる事が出来るのが「ランナーズハイ」です。
ランナーズハイというのは一体どんなものかと言うと...
マラソンやジョギングの最中は苦しくなりますよね?それを我慢し走り続けるとある時点から逆に快感・恍惚感を感じることがあるんです。

多くの検証実験から、この状態においては脳内にα波とモルヒネ同様の効果があるβ-エンドルフィンという快感ホルモンに満たされていることが判明した。この内、βエンドルフィンの増大が麻薬作用と同様の効果を人体にもたらすことで起こるとされる

(引用:ウィキペディア)

モルヒネと同様の効果というのはすごいですよね。
このランナーズハイと同じメカニズムで起こるものには「クライマーズハイ」「ワーキングハイ」があります。

苦しさを乗り越えた先の気持ちいい体験、かなり興味深いですよね。

得点の瞬間

得点数を競うスポーツの場合、得点の瞬間は間違いなく気持ちいいですよね。

これは実際にプレイして自分が得点した瞬間は言うまでもありませんが、チーム競技やペア競技などで、自分以外が得点しても起こり得る事ですし、自分が観客の場合であっても、ご贔屓の選手やチームが得点すると気持ちいい!と感じます。

それは得点した事による達成感、満足感が心地良いのと、もう一つ、脳内でアドレナリンが分泌されるため、その瞬間は脳がストレスから解放されるから、と言われているんです。

見ているだけでも気持ちよくなれるなんてすごいですよね。
ただ、同時に得点「された」瞬間は喪失感、虚無感、ストレスを感じてしまう事もありますので、この点は注意が必要です。

スポーツ観戦

スポーツ観戦をされた事がある方ならおわかりになるかと思いますが、応援している最中って夢中ですよね!
実際にナマで観戦する時は、メガホンを取って大声を出したり、飛んだり跳ねたりしませんか?
夢中になっている時って頭の中が空っぽになります。

それプラス大きな声を出したり、身体を動かす事でストレス発散が出来るので、スポーツ観戦は気持ちいい!のです。
また、同じ選手やチームを応援する事で得られる場の「一体感」というのも非常に心地良いものですね。

適度な肉体的疲労

運動した後ってもちろん疲れますが、運動量がちょうどだと「心地良い疲労感」を感じることができます。
特に日頃あまり身体を動かさない方に起こりやすい現象ではないでしょうか?

これは運動によって凝り固まっていた筋肉がほぐされるからです。
また運動=身体にいい事、という価値観が満たされて心理的にも気持ちいいと感じることも。

適度な運動の後、お風呂でリラックス、これは気持ちいい事の連続です。
疲れた身体を癒す事が出来き、気持ちいい思いも出来てまさに一石二鳥ではないでしょうか。

最近運動していないな、という方はストレッチやウォーキングなど軽い運動をされてみるといいかもしれませんね。

 

6.アルコール

気持ちいいと感じる事はたくさんありますが「アルコール」もまた気持ちいいことの1つです。
体質的にアルコールを受け付けない方は別ですが、そうでない限り適度のアルコールというのは、私たちを気持ちよくさせてくれる効果があります。

アルコールで気持ちよくなる理由

脳には「報酬系」と呼ばれる快感を感じる経路があります。
アルコールを摂取すると、この報酬系経路が活性化し「ドーパミン」と呼ばれる脳内物質が分泌されます。
ドーパミンにはストレスを軽減させ、多幸感を感じさせる効果がありますので、適度なアルコールを飲むと気持ちいいと感じるわけです。

また、大脳の外側にある「新皮質」と呼ばれる部分があります。
理性を抑える働きをしているのですが、アルコールを摂取するとこの新皮質の働きが抑制され、解放感を味わう事で気持ちよくなるのです。

適度なアルコールは気持ちの高まりを沈める

仕事でトラブルがあったり、友達や恋人と喧嘩になりムシャクシャした気分で帰宅、冷蔵庫を開けてビールを飲んだら少し気持ちが収まった...
こんな経験ありませんか?
少量のアルコールには尖った神経をなだめ、気持ちの高まりを鎮静化させてくれる働きがあります。

しかし、飲酒量が一定を超えると今度は逆に気分が高揚しすぎたりしてしまいます。
アルコールは脳内物質の分泌量に影響をもたらすものですし、過度なアルコールの摂取は、身体に負担をかけてしまう事もあります。

ヨーロッパでは「1日1杯のワインで医者知らず」と言う言葉があります。
これは決してお酒を飲むための口実ではありません。
アルコールには様々な健康効果がある事がわかっているのです。
覚えておきたいのは、これはあくまで「適量」を摂取した場合、です。
気持ちいいと感じる飲酒量にも適量がありますので、しっかり把握しておく事が必要ですね。

お酒を飲む時の雰囲気

お酒が好きな方の中には、お酒の味やアルコールによって得られる気持ち良さだけでなく「お酒を飲む時の雰囲気」が好きな方も多いですよね。
自宅で照明を落として1人静かに飲む、居酒屋で友人とワイワイ飲む、お洒落なバーの非日常的な雰囲気の中でお酒を飲む...etc
楽しみ方は様々ですが、いずれも脳はリラックス状態にあります。

好きな事をしている時はリラックスするのは当然ですが、アルコール自体にリラックス効果があるので、そのダブル作用で「気持ちいい」と感じるのです。
いくらお酒が好きでもワイワイガヤガヤが苦手な方が、無理やり飲み会に参加しても気持ち良さは味わえません。

アルコールで気持ちよくなりたい!という場合は「どんな風に飲むか」も非常に大切なポイントになるんですね。

そして繰り返しになりますが、過度のアルコール摂取、またはアルコールを受付けない体質の方が無理やりお酒を飲むと、気持ちいいどころか救急車のお世話になってしまうこともあるので、飲酒量には十分気をつけましょう!

7.五感や本能に直結するあんな事、こんな事

さて最後にご紹介する気持ちいい事、は五感や本能に直結することです。
これは理由なしに「気持ちいい!」と感じることです。

気持ちよくなるためにやると言うよりは、自然な欲求として日々の生活の中で行っている地味な気持ちいいこと、と言った位置づけかもしれませんが、気持ちいい事には変わりありません!

 

  • 二度寝
  • くしゃみが出る瞬間
  • 痒いところ掻く
  • 排泄

 

二度寝

二度寝は体質的に出来る人と出来ない人がいますが、出来る!という方の場合二度寝は間違いなく気持ちいいことではないでしょうか。
そもそも二度寝というのは時間的な制約があると難しいですよね。
休日の朝、目覚ましをかけずに寝て、一度起きた後に「ああ、今日はお休みだったんだ」と思った瞬間の幸せさは格別です。
その安堵感で再び睡魔が...その睡魔に身を任せウトウトするというのは気持ちいいこと以外の何物でもありません。

休日の二度寝が何よりの贅沢!という方も少なくないのではないでしょうか?

 

くしゃみが出る瞬間

くしゃみが出そうになっているのになかなか出ない...そんな時ってイライラしますよね。
そしてついにくしゃみが出た時...これは間違いなく気持ちいいことではないでしょうか。
そもそもくしゃみというのは、体内の異物を体外に排出するためのものです。
その目的を達成させるためにわずかの快感を得る、というのは「自然の摂理」だそうです。

痒いところを掻く

痒いところを掻くというのもまた文句なしに気持ちいい行為ですよね。
自分では手が届かない背中を掻くために「孫の手」は、私たちの「痒いところ掻きたい」という欲求の大きさを証明するもの、と言えるのではないでしょうか。

また、痒いからと言って掻き過ぎるのはいけない事です。
蚊に刺された跡などがよい例です。掻くと余計痒みが増したり、化膿したりする事はわかっています、でもどうしても欲望に負けて掻いてしまいますよね。
その瞬間は肉体的な気持ち良さとは別に、禁忌な事をしたという一種の背徳感も感じるため気持ちよさを感じるのです。
と、そこまで考えて痒いところを掻く方はいないとは思いますが...。

 

排泄

あまりキレイな話ではありませんが「排泄」の瞬間は気持ちいいですよね。
特にトイレに行きたかったのに行けず極限まで我慢したあと...この快感は別格と言えるのではないでしょうか?
これもまた身体にとって不要なものを排泄するという自然な欲求が満たされる事の報酬として脳が「快感」を感じているそうです。

これとは別に、SMプレイに「スカトロ」というものがあります。
グリセリン液などを腸内に注入して、便意が限界に達するのを待って排泄する...これもマニアの方にとっては気持ちいいことです。

これは、排泄による自然な快感にプラスして、恥ずかしいところを見られている事で、特殊な性癖が満たされるというわけです。
また排泄される時に便が腸壁やアナルを刺激する事で性的な快感も得られる、そうです。
興味がある方は試してみてもよいのではないでしょうか?

新たな快感の扉を開く事で、セックスライフが充実する...かも!

まとめ

いかがでしたか?
今回は「「気持ちいい」にはいろいろあった!みんなの気持ちいい瞬間を大公開!」というテーマでお送りさせていただきました。
あなたにとって意外な気持ちいい、もあったのではないでしょうか?

気持ちいいことをすることは、私たち人間の自然な欲求だったのですね。

しかし私たちが「気持ちいい」を求める背景には、 ストレスから解放されるという目的があったのです。

ストレスは百害あって一利なし!ストレスから解放される事で得られるメリットははかりしれません。

なんでもいいから気持ちいいことがしたい!そんな風に感じたら、もしかしたらあなたのストレスは限界に達しつつあるのかもしsmれません。

そんな時はぜひご紹介したことを試してみてくださいね。

とりあえずかたっぱしから試してみる事をオススメしてみてはいかがでしょうか?

何に気持ちいいと思うかは個人の性格、体質、性癖などで大きく変わってきます。

興味がある事はとりあえず試してみましょう。

「あなただけの気持ちいい」が見つかるかも?!

登録するだけで恋人が出来た!

【2018年版】おすすめの出会いアプリ・サイト【出会い系ランキング】

マッチングアプリ、出会いサイトって男女とも登録無料でお試し利用が出来るの知ってますか?

登録も超簡単!

アプリをダウンロードするだけですぐに使えます。

恋愛・婚活・遊びなど様々なアプリがあるので、自分に合ったアプリを探してみましょう!

-大人の恋愛

Copyright© 出会いの定石 , 2018 All Rights Reserved.